必見!正しく知っておきたい水耕栽培の植え替えについて

水耕栽培の中でも、水耕栽培と土耕栽培の半水耕栽培があります。

種まきは土の方が良い、という野菜もあります。

しかし、途中から水耕栽培に植え替えるのは、どうやったらいいでしょうか。いつ植え替えをすればいいのでしょうか。

土耕栽培から水耕栽培への植え替えの時期と、植え替え方法、そして注意点について、ご紹介しましょう。

水耕栽培の植え替えとは?

土耕栽培で種から発芽し間引きをした苗は、より広い場所に移す必要があります。

しかし、マンションやアパートでは充分なスペースがなく、より広いプランターなどに移すことができません。

また、土耕栽培よりも水耕栽培の方が、害虫がつきにくいため途中から植え替えをする方が良いこともあります。

土耕栽培では老廃物は土中の微生物が分解

土耕栽培では、

「庭がある家の場合は、設備投資にお金が掛からない」

「生産物の味がより濃厚」

「老廃物は土中の微生物が分解する」

というメリットがあります。

しかし、

「虫がつきやすく、害虫駆除が大変」

「ベランダでも風雨・台風など、天候による影響がある」

「除草、土作りなどが必要」

「水やりなど、毎日の管理が大変」

といったデメリットがあります。

特に、ベランダで栽培を行う場合は、さらに土づくりのための設備投資も必要です。

そこで、種から芽が出て苗になるまではプランターで土耕栽培を、途中から水耕栽培に植え替えることをすすめている野菜もあります。

水耕栽培では老廃物が蓄積される

水耕栽培のメリットは、

「室内など小さなスペースで栽培できる」

「健康な野菜や果物を育てやすい」

「天候に左右されない」

「土耕栽培より成長が1.5倍ほど速い」

「殺虫剤などを使わないため安全」

「収穫量が多く、植物・野菜の質が安定」

「園芸初心者でも簡単に栽培できる」

などがあります。

しかし、水耕栽培でも難しい点があり、

「培養液、容器、栽培キットの購入が必要」

「電気を使う」

「培養液を取り替えないと老廃物が蓄積される」

といったデメリットがあります。

そのため、ある程度芽がでた苗を水耕栽培で行うと良い、という野菜などもあります。

大きく成長、長く栽培するために植え替えが必要になる場合がある

それぞれの良さを活かして、大きく成長し長く栽培するためにも、植え替えという作業が必要になることがあります。

根よりも大きな容器に移し替え

植物が育つと、当然根、株も育ちます。初めは少し大きいかな、と思っていた容器も狭くなり、成長の妨げになることがあります。こういった時は、移し替えのタイミングです。

根よりも大きな容器に移し替えて、植物が伸び伸びと育つようにしてあげましょう。

水耕栽培から土耕栽培 など

土耕栽培から水耕栽培に移し替えすることがありますが、逆に水耕栽培から土耕栽培へと移し替えることもあります。

野菜やフルーツ、ハーブによっては、はじめは水耕栽培で、ある程度大きくなったら土耕栽培で成長させるものもあります。土耕栽培の方が土からの栄養も吸収できるうえに、水耕栽培以上に根が伸びることができます。

根が育つ植物は、土耕栽培に植え替えることもあります。

根腐れしやすい植物は定期的に植え替える

水耕栽培の野菜やフルーツ、ハーブは、培養液を利用して栄養を摂り、その中に排泄しています。胎児の羊水のようですね。

しかし、培養液は他と循環することはありませんので、時々濃度が濃くなってしまったり菌が発生してしまうこともあります。すると、植物は根腐れという状態を起こし、成長できなくなります。

デリケートな植物で根腐れしやすいものは定期的に植え替えをして、新鮮な環境に移してあげるのも大切です。

水耕栽培の植え替えタイミング

いくら根腐れしやすいからといって、毎日植え替えをするのはもったいないですし、逆に環境を変え過ぎて植物は育たないことがあります。

そこで、植え替えのタイミングというのが大切になります。それでは、どんな時に野菜やフルーツ、ハーブの苗を植え替えすればよいのでしょうか。

容器に対して株が大きく成長し過ぎている

まず、容器に対して根や株が大きく成長し、狭くなったら植え替えをしましょう。そこに、所狭しと根や株が目いっぱい張っていては成長することができません。

いつでも根や株が余裕をもっている状態に保つことが大切です。

適切なタイミングで植え替えを行うことは、野菜やフルーツ、ハーブ栽培の失敗を防ぐ大切なポイントになります。

植物の元気がなくなってきたとき

水耕栽培の植え替えのタイミングは、植物の元気がなくなったときです。

元気がなくなる理由としては、生育環境が適していないことがあげられます。

例えば、容器が小さすぎて株が成長しない、培養液があっていない、培養液に菌が発生してしまっているといったことが考えられます。

容器に菌やカビが付着しても危険ですね。植物が枯れたり元気がなくなってしまいます。

そんな時は、水耕栽培の植え替えをおすすめします。

葉が黄色くなっている

水耕栽培の野菜やフルーツ、ハーブの葉が黄色くなっているのは、病気のサインです。

秋や冬などの寒い時期は、葉が黄色に変色する植物もあります。

しかし、成長期に葉が変色してくる、元気がない、茶色くなっているのは病気のサインです。根腐れが原因かもしれませんので、根の様子を見てみましょう。

根が黒ずんでいると根腐れを起こしています。まずは、根の先を落とし、きれいにして植え替えをしましょう。

植え替えに適した時期:5月中旬から9月中旬頃(暖かい時期)

植物の植え替えに適した時期は、5月中旬から9月中旬の暖かい時期になります。寒い季節は水や土の温度が低いため、新しい環境は元のところよりもさらに寒くなってしまいます。

根が冬を越すことに耐えることができず、そのまま成長できずに終わってしまう可能性があります。

植え替え時の注意点

それでは、植え替え時の注意点についての説明です。

根を傷つけないように

まずは、根を傷つけないように、そっとポットやプランターなどから外します。

植え替えの時には、必ず根切りを行いましょう。理由は、容器の中で根が伸びるスペースを確保することと、根に刺激を与えて成長を促すことです。

このとき、根が乾燥しないように水につけながら、素早く行いましょう。

水耕栽培から土耕栽培に植え替える時は、必ず新しい土を使います。逆の時も、必ず新しい培養液を作って入れてあげましょう。

植え替え後は弱っている

植え替えた直後は、新しい環境で根も弱ってしばらくは機能を果たさない状態になっています。

水耕栽培に植え替えても、すぐに水を充分に吸い上げることもできません。

回復まで日光を避ける

植え替えの後、新しい水耕栽培や土耕栽培の環境に根が適応するまでの数日は、日除けをしたり直射日光が当たらない場所においてあげましょう。

水耕栽培の時は、新しい根が出て来るようになったら、日除けを取り除き、光をたくさん当てて生育させます。土耕栽培の時は、葉がしおれることがなくなれば根も育ち始めています。

2週間程度は追肥しない

植え替えの後、新しい水耕栽培や土耕栽培の環境に適応するまでの根は弱っていますので、当然肥料を吸収する力も弱くなっています。植え替え後は2週間ほどは、追肥せずに様子をみましょう。

温かい時期に行う

植物の栄養を吸収するのは、根です。植え替えの時は弱っていますが、寒い時期に植え替えをすると、根が寒さに耐えられないことがあります。

寒い時期に植え替えをすると、そのまま成長できずに終わってしまう可能性があります。そのため、植物の植え替えは必ず、5月から9月の暖かい時期に行いましょう。

また、人工培土を利用する時は、カビが生えないように注意しましょう。

必見!正しく知っておきたい水耕栽培の植え替えについてのまとめ

私たちが成長で衣服を変えるように、植物も成長に合わせて、発育環境を変える必要があります。

正しい植え替えで、新しい大きく綺麗な場所で、植物を伸び伸びと育ててあげましょう。

野菜やハーブ・フルーツ作りにも、良い環境作りが大切です。