日本生活環境支援協会Menu

収納上手になるためのたった3つのコツ

収納
みなさん、家や職場が散らかっているとき、「なんとかしたい!片付けたい!」という衝動に駆られたことはありませんか?
そんなとき、例えば自分の部屋であれば好きなように場所を変えたり、片付けついでに模様替えしたりすることができますが、家の中で家族が共用で使う場所で共用で使うものであったり、自宅ではなく職場などの場所であっては、あまり勝手にものを動かしすぎたり、動かしたものの場所が自分しかわからないようなことになっては困りますよね。
そこで今回ご紹介したいのは、大きく移動したり、大掛かりな片付けではないのに、画期的に整理整頓できる「収納上手になるためのコツ」です!

1.死角にあるものを全て見えるようにする!

まずは、片付いていない状態というのは「何がどこにあるのかわからない」状態であることが多いですようね。

それをどう改善するのかは「何がどこにあるのかわかる」状態を作れば良いだけなのです!
当たり前じゃん・・・と思うかもしれませんが、これこそがまず収納上手になるためのファーストステップです!
例えば、家の中で床に平たく積み重ねた本を上手に収納したいのであれば、本棚に収納するように「立ててすべての題名が見えるように置く」だけです。
また、タンスの中の服を上手に収納したいのであれば、服を平積みするのではなく「タンスの深さと同じくらいになるように小さめに畳んで立てて収納する(平積みを倒したような状態を作る)」のです。
冷蔵庫の中を上手に収納するためには、奥の方になって見えない物をなくし、「基本的に立てられ物は立てて収納し、奥の方にあるものも取り出しやすいようにプラスチックの籠に立てて収納」し、取り出せばすぐに何がどこにあるのかわかるようにする工夫をします。
引き出しにある細かい文房具を上手に収納したいのであれば、「ジャンルごとに(ペンならペン、ノリならノリ、ホチキスならホチキスをまとめて)トレイに入れて引き出しにしまう」ということになります。

それらをするだけでも、「何がどこにあるのかわかる」状態になります。

また、どうしても見えないところになってしまうものがあるとすれば、引き出しに何が入っているのかラベルを貼るなど、「代わりに目に見える状態」を作ればOKです!

死角をなくすことができれば、「誰がどう見ても整理整頓された状態」となり、収納上手になります。

2.必要以上の物を置かないようにする

「死角をなくす」ことができれば、全てが目に入ります。必要以上にストックしてしまっているものや、使い終わったものなども良くわかります。そこからさらに「必要以上の物を置かない」というステップに進めば、必要以上の収納スペースを使わず、収納上手にまた一歩近づくことができます。

使い終わったものや、必要でない物は置いていても収納場所を占領するだけですから、処分しましょう。

今の時点でストックしすぎているものは捨てろとは言いませんが、次にスーパーに行って安かったとしても「今はストックが〇個あるから、今買う必要はないな」と判断し、安いからと言って毎回ストックの数等を考えずに買ってしまうから置き場所に困るのです。

家の中のストック用品の収納のワンポイントとしては、使っているものとストックを別々の場所に保管するのではなく、なるべく同じ場所で使っている最中に同時にストックがどのくらいあるのか見えるように収納することができれば、在庫数を確認しながら使えるのでオススメです。

職場での小物などの収納も同じで、例えば、ホチキスとホチキスの芯を同じトレイに入れておき、手前にホチキス、次に開封しているホチキスの芯、その次に未開封のホチキスの芯というように手前から立てて収納すれば、使用しながら在庫数を確認することができ、必要な時に「芯がない!」となって忙しい人が慌てて補充するのではなく、ストックが減っていき、まだ入るスペースができているなと気付いた時間のある人が補充できるというわけです。

3.動線を考えた位置づけをする

最後に、その収納方法で片付けることができるのであれば、ついでに収納場所を見直しましょう。

家の中では「生活動線」というものがあります。人間はほとんどパターン化した行動を取っています。人によって癖やこだわりもあります。その人が動く動線に合わせて、使う場所に使う物を収納しましょう。

例えば「お風呂」・「洗面所」と単独での使い方や動線ではなく、「帰宅⇒手洗い・うがい⇒着替え⇒ごはん⇒お風呂⇒テレビ⇒読書⇒就寝」というように、おおまかな流れを見るのです。

そこで、着替えをリビングのタンスに置くべきか、部屋のクローゼットに置くべきか、またはパジャマと仕事着で分けて収納するべきか、などを考え、「生活動線」に沿った収納場所を考えることができたら、自分のいるところにいるものがあるのですから、「とりあえずあっちに置きに行くのが面倒だからここに置いておこう」というような「とりあえず置き」がなくなり、きちんと所定の位置に置くことができるというわけです!

職場でも仕事の流れを配慮した書類の位置や、その物を使うときをシミュレーションしたときに、必要なものを使う場所の近くに置くようにすれば、仕事もはかどるというものです。

いかがでしたか?整理整頓するというのは決して大掛かりなことではありません。

収納上手になるポイントを押さえれば、今すぐにでもできることなのです。

「収納」は、単独で存在するのではなく、生活と結びついているということを忘れず、物だけでなく生活にも「死角」をなくし、スッキリとした生活を送りましょう。

TOPへ

Copyright © Japan Living Environment Support Association All rights reserved. ※当サイトはリンクフリーです※