どうすればブリーダーになれる?必要な資格など徹底解説!

ペットを飼っている人ならば、可愛いペットと一日中ずっと一緒に過ごしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。それならば、動物に関わる仕事をすればいいのではないか?と思いつきますよね。

動物に関わる仕事は、動物園の飼育員になる、ペットショップで働くなど色々ありますが、自宅でできる仕事としてブリーダーがあります。ブリーダーになるには資格が必要なのか分からないことも多いと思います。

そこでブリーダーになるための資格や、独立開業するために必要なことなどを徹底解説したいと思います。ブリーダーになるイメージを膨らませてください。

ブリーダー資格とは?

ブリーダーになるには、どのような資格が必要なのでしょうか。

特別な資格は必要ない

意外に思われるかもしれませんが、ブリーダーになるためには特別な資格は必要ありません。ブリーダーは誰にでもなろうと思えばなれる仕事なのです。

ブリーダーの仕事は動物の交配や繁殖をして、新しい飼い主に届ける流通の仕事までを担います。必要な資格は無いとはいえ、動物についての幅広い知識や経験が必要であり、販路を開拓するマーケティングが必要なのは言うまでもありません。

ブリーダーに関する資格は民間の資格

ブリーダーになるために資格は必要ありませんが、動物についての必要な知識を身につけるにはどうしたらいいのでしょうか。

多くのブリーダーは、すでにブリーダーの経験がある人の元で修行をする、ブリーダー業を営んでいる会社に勤めていた経験をいかしていることが多いです。自分にその経験が無いからといって、嘆く必要はありません。

動物の知識を身につけるには、ブリーダーの養成学校に通う、通信講座で受講する方法もあるからです。そこで取得できる資格は民間資格にはなりますが、これからブリーダーの仕事をする上で、必要な知識を学ぶことができ、誇ることができる資格となるのです。

民間の資格とは?

ブリーダーに必要な知識をつけることができる民間の資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

ブリーダーに関する民間の資格

ブリーダーに関する民間資格を紹介いたします。民間資格になりますので、それぞれの団体によって資格認定基準や方法が異なるのでご注意ください。

ブリーディング技能師

ブリーディング技能師は、動物を交配や繁殖させるためのブリーダーにとって必要な知識や技術に関する資格です。

ブリーダーは、やみくもに動物を交配や繁殖させるわけではなく、血統や良い特質を持った動物を繁殖させていきます。動物看護学や動物飼育学などの専門的な知識が求められるのです。

ブリーディン技能師は、「ブリーディング技能師認定試験」という筆記試験に合格すると取得できます。

ペット繁殖インストラクター

ペット繁殖インストラクターは、動物の種類別の繁殖方法の知識に関する資格です。

ブリーダーは動物を繁殖させるわけですから、交配の方法や妊娠の周期、遺伝、動物の種類による繁殖の注意点、飼育方法などの知識を求められるのです。

ペット繁殖インストラクターは、インターネットで申し込みをして在宅で試験を受け、合格することで取得できる資格です。

愛犬飼育管理士

一般財団法人ジャパンケネルクラブが認定している資格です。環境省の「動物愛護及び管理に関する法律」の理念に基づき、独自にブリーダーの手続きにまつわる資格を設けています。

この資格は、テキストを使用した講習会を受講し、同じ日に行う筆記試験に合格することで取得できるのです。

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士は、公益社団法人日本愛玩動物協会が認定している資格です。環境省の「動物愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づいて、愛玩動物(ペット)の愛護や適正な飼養管理のための必要な知識や技能に関する資格です。

ブリーダーの中にも悪質なブリーダーは存在しています。不衛生な場所で動物を飼育することによる病気や公害などで近隣とトラブルになる、子どもを産めない年齢の動物を捨てるなどするブリーダーもいるのです。

受講者はブリーダーやペットショップの店員、動物病院勤務、主婦、OL、サラリーマンなど幅広いです。試験に合格すると認定して登録されます。愛玩動物飼養管理士は、動物取扱責任者の資格要件のひとつとして国や自治体からも認められている資格になっています。

通学や通信で受講できる

ブリーダーに関する民間資格は、専門学校に通って授業を受講して資格取得を目指すものや、在宅で通信講座を利用して学ぶことができるものがあります。

専門学校に通うと、講師の授業を生で受講でき、質問をすることができ、同じ志を持った仲間と資格取得を目指すことができるのです。

社会人で会社に通いながら専門学校に通うとなると、時間的に難しいこともあります。費用も莫大にかかります。動物関係の専門学校は、1年間に100万円位の費用がかかるといわれているからです。

通信講座で学ぶと、学ぶ場所は問わず、自分の好きな時間に勉強することができます。試験も在宅でできるので、手軽といえるのです。通信講座は、だいたい10万位の費用がかかります。

開業には免許が必要

ブリーダーとして個人で開業するためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。

自ら動物の販売を行う場合は届け出が必要

ブリーダーは、自分が交配や繁殖させた動物を売買します。動物を売買するためには、開業する地域の自治体に「動物取扱業」の届け出を提出し、許可を得る必要があるのです。

自治体に「動物取扱業」の届け出を出すと、動物の繁殖についての専門的な知識を持っていることを証明する、動物の飼育環境がしっかりと整っているのかを確認するために、立ち入り調査を受けることになります。

動物の飼育環境には厳密な規定があり、違反をするとブリーダーとしての業務が停止になることもあるので、しっかりと守るようにしましょう。これらをクリアして初めて、開業許可がでるのです。

ですので、開業許可が出てから動物の購入を行うようにしましょう。開業許可が出るまえに動物を購入する、設備投資をしてしまうと大変なことになるからです。

届出を出す為には「動物取扱責任者」の資格が必要

「動物取扱業」の届け出を出すためには、「動物取扱責任者」に選任される必要があります。動物取扱責任者は、動物を扱ううえで、行政と事業所の窓口の役割をすることになります。

個人で開業すれば、もちろん本人がその役割を担います。将来的に人を雇うことがあれば、従業員には動物取扱責任者研修で得た知識や技術に関する指導を行わなければなりません。

動物取扱責任者は、自分たちが管理している動物の健康や安全を保ち、適正な取り扱いをして、適正な運営ができるように常に監督しなければならないのです。

「動物取扱責任者」の資格に必要な要件

動物取扱責任者になるには、3つの要件が必要です。

動物取扱業の種別ごとに、6か月以上の実務が必要

動物の愛護及び管理に関する法律に基づく第一種動物取扱業の登録を受けた事業所で、動物の販売や管理、訓練などで6カ月以上勤務して動物を取り扱った経験がなくてはなりません。

知識や技術を学ぶため1年以上教育する学校を卒業していること

営もうとする動物取扱業の種別に関わる知識や技術について、1年間以上教育する教育機関を卒業していることが必要です。

知識や技術についての資格試験に合格していること

ここでいう資格試験は、愛犬飼育管理士や愛玩動物飼養管理士などの資格試験に合格していることです。どのような資格が該当するかは、地域にある動物愛護管理センターで確認することができます。

各都道府県によって要件には違いがあるので、詳細は保健所などで確認するようにしましょう。

どうすればブリーダーになれる?必要な資格など徹底解説!のまとめ

ブリーダーになるには特別な資格は必要ありませんが、必要な知識を身に着けるために勉強をして、民間の資格を取得する人もたくさんいます。

ブリーダーの知識は、動物の出産、母体や赤ちゃんの健康管理、よりよい交配の相手の選択など幅広く必要です。ブリーダーは動物を扱うプロでなくてはならないのです。

民間の資格は専門学校に通学するか通信講座で勉強することもできます。個人で開業するためには、動物取扱責任者の取得が必要で、地域の自治体に動物取扱業の届け出を出す必要があります。