ブリーダーになるにはどうしたらいいの?ブリーダーになるための3つの秘訣

動物が好きな人がやりたいと思う仕事の中に、ブリーダーがあります。ブリーダーというと犬や猫が有名ですが、最近では昆虫や爬虫類、両生類のブリーダーも増加しています。

ブリーダーになるにはどんな条件や資格が必要で、どんなポイントがあるのでしょうか。動物が好きというのもブリーダーになるには大切な資質ですが、それ以外にはどんな人が向いているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ブリーダーになるための基本知識

ブリーダーになるための基本知識を紹介いたします。

必須資格はない

ブリーダーになるために必要な資格というものはありません。学歴や年齢、性別なども問われないので、誰にでもブリーダーになるチャンスはあります。

特別な資格は要らないといっても、動物に関する豊富な知識や経験は必要になります。そのため、ブリーダーを養成する専門学校で学ぶ、自宅で通信教育で学ぶ、ブリーダーの元で修行するなどして経験を積んでからブリーダーになる人が多いです。

ブリーダーは動物を繁殖させて、飼い主やペットショップに販売する仕事です。動物の知識の他にも、販売ルートや流通ルートも確保しなければならないため、豊富な人脈も必要になってきます。

趣味の延長線で始める人、学校に通う人、アシスタントなどルートはさまざま

ブリーダーになるルートも様々あります。

趣味の延長線で始める人

自宅でペットを飼っていて、繁殖に立ち会い、可愛さにハマってしまってブリーダーになる人も多いです。個人のブリーダーでも、インターネットを活用して直接仔犬の販売ができるようになっているので、ビジネスチャンスはあるといえます。

インターネットの口コミなどの評価が良ければ、多くの収入を得ることができます。自宅でできる仕事ですので、家事の合間や副業や兼業という働き方も可能になり、第二の収入の柱を作る事も可能です。

学校に通う人

ブリーダーを養成する専門学校に通ってから、ブリーダーになる人もいます。ブリーダーの仕事は動物の交配や出産に立ち会い、生まれた赤ちゃんの世話や健康管理も必要です。仔犬を流通させるルートも作っていかなければならないのです。

これらの仕事をスムーズに行い運営していくためには、相当の知識や経験が必要といえるのです。トップブリーダーの元で修行するなどして学ぶことが多いのですが、現場に沿った知識や技術をマスターできることが、専門学校ならではの魅力です。

アシスタント

ブリーダーになりたいのならば、現在活躍しているブリーダーの元で学ぶ人も多いです。実際に動物に触れることで、動物の知識や経験を積むことができるからです。ブリーダーの需要は高まっているので、未経験でもアルバイトやパートとして働くことは可能です。

最初は動物の餌やりや散歩、掃除などの動物の世話をすることから始まり、徐々に様々な業務を任せられるようになります。ブリーダーの仕事を学ぶことができ、収入も得ることができるのがメリットといえるのです。

企業に務める場合は、高卒以上の場合が多い

ブリーダー業を専門にしている企業に勤めてブリーダーになる方法があります。ブリーダーは学歴や年齢を問わない仕事ではありますが、企業に勤める場合は、高卒以上の学歴が問われることが多いです。

ブリーダー業を専門にしている会社は、ほとんどが中小企業になりますが、寮や社会保障が完備されているところもあります。企業でしっかりと知識や経験を積むことで、将来独立して開業することも夢ではないでしょう。

ブリーダーに向いている人

ブリーダーに向いている人とは、どのような人なのでしょうか。

動物に対する愛情と責任感がある人

ペットは人間に可愛がられるように改良された動物ですので、野生の動物とは異なります。そのため、ペットは人間がいないと自然では生きていけないようになった動物だと言えるのです。そのため、ブリーダーになるためには、動物に対する愛情と責任感がある人でなくてはならないのです。

ペットは良い人間育てられ、良い飼い主に飼われたのならば、その生涯を幸せに暮らすことができます。ブリーダーは良いペットを繁殖して、良い飼い主に届けるという責任感を持って取り組むべき仕事なのです。

ペットは接する人間が愛情を持っているのか、そうでないのか見分ける能力を持っています。ペットに愛情を注がないために、飼い主に歯向かうようになり、飼いきれないので捨てるなんてことは避けなければなりません。

ペットが赤ちゃんの時に初めて出会うブリーダーには、愛情がとても大切だといえるのです。

忍耐力・体力があり世話好きの人

ブリーダーの仕事は忍耐力と体力のいる仕事です。ペットは生き物ですから、動物の世話は年中無休になってきます。

ペットの餌やり、散歩、健康チェック、清掃、トリミングなどたくさんの仕事をこなさなければなりません。仔犬が生まれたら生活が一変するくらい忙しくなります。

そのため、ブリーダーには忍耐力と体力が必要になってくるのです。

可愛がるだけでなく排泄物などの処理もきちんと出来る人

ブリーダーは動物に愛情を持って接することが必要ですが、単に可愛いがるだけではありません。動物の子どもは病気にかかりやすいので、常に健康に気を配り、排泄物などから健康チェックすることも大切です。

また、社会的に適応できるように、しつけをすることも大切になってきます。動物の赤ちゃんは可愛いですが、時には心を鬼にしてしっかりとしつけをすることが大切です。飼い主が飼いやすい動物にしておく必要があるのです。

抑えたいポイント

ブリーダーになるために抑えておくポイントは、どのようなことでしょうか。

自治体への届け出

ブリーダーが個人で開業する場合には、開業する地域の自治体に「動物取扱業」の届け出を提出し、許可を得る必要があります。

「動物取扱業」の届け出を出すためには、「動物取扱責任者」に選任される必要があるのです。「動物取扱責任者」に選任されるためには、以下の3つの条件が必要になってきます。

・第一種動物取扱業の登録を受けた事業所で、6か月以上の実務が必要

・知識や技術を学ぶため1年以上教育する学校を卒業していること

・知識や技術についての資格試験に合格していること

売買ルートを確保

ブリーダーのスキルには、売買ルートの確保も重要になってきます。動物を繁殖させても買い手がなければビジネスとして成り立たないからです。

日頃から人脈を作って、情報収集は欠かさないようにしましょう。情報の入手先が分からない場合は、「ブリーダー」や「犬種クラブ」などでインターネット検索をしてみる、動物専門雑誌を読む、「コンテスト」や「ショー」に足繁く通ってみましょう。

お抱えの動物病院があること

ブリーダーをするのならば、お抱えの動物病院を必ず作っておきましょう。自分の動物が

交配可能なのか、犬ならば短頭種といって頭が大きく顔が短い犬や、小型犬は難産になることが多いです。そのため、帝王切開が必要になることもあります。獣医師に、出産時のリスクやアドバイスをもらうことができるからです。

それに、動物の陣痛や出産はいつ起こるかわかりません。もし深夜に起こっても、対応してくれる獣医師を探しておかなければならないのです。最悪の場合、仔犬や母犬の命までが失われることも考えられるからです。

将来を見据えて資格等を取ること

ブリーダーになるために資格は必要ありませんが、ブリーダー業務をしていくうえで役立つ資格はあります。資格を取得するために知識や技術を学ぶことができるからです。ブリーダーに役立つ主な資格を挙げておきます。

・愛犬飼育管理士

・動物看護師

・ペット繁殖指導員

・愛玩動物飼養管理士

・トリマー

・ドッグ・セラピスト

・家庭動物販売士

・コンパニオン・ドッグ・トレーナー

・ペットロスカウンセラー

ブリーダーになるにはどうしたらいいの?ブリーダーになるための3つの秘訣のまとめ

ブリーダーになるために必要な資格はなく、ブリーダーになるルートも様々あるので、ブリーダーになる可能性は広がっています。ブリーダー業を専門にしている企業に勤める場合は、高卒以上の学歴が必要になってきます。

ブリーダーになるには、ペットに対して愛情と責任をもって接することができる人、忍耐力や体力がある人、病気の小さな兆候や変化を見逃さない人でなくてはなりません。

ブリーダーを個人で開業するのならば、自治体への届け出が必要です。お抱えの動物病院を持ち、繁殖させる前に販売ルートもしっかりと確保しておきましょう。ブリーダーに関連する資格を取ることで、知識や技術を身に着けることができます。