寝る位置からわかる猫の気持ち

猫と一緒に眠るのは、とても癒される至福のひとときです。そんな猫の寝る位置で飼い猫の気持ちがわかるって知っていましたか?

うちの猫は一緒に寝てくれない!そんな猫がいても大丈夫、安心してください。一緒に寝ていなくても、猫に嫌われているわけではありません。

飼い主と一緒に寝る猫と寝ない猫は、何が違うのでしょうか?そんな猫の不思議について知りたいですよね?また、猫の寝る位置から猫の気持ちも知ることができます。では、それについて詳しくご紹介しましょう。

布団に入ってくる理由

猫は、基本的に寒がりなので、冬になると飼い主の布団に入ってくるということは多いですよね。でも、猫の中には暑がりの子もいます。そういった暑がりの猫は、布団には入りたがらない傾向にあります。

また、多頭飼いの場合は、猫同士がくっついて寝ていることが多いです。お互いにくっついて寝ることで安心できるのです。

寒い時(暑がりの猫は床が好き)

寒い冬の日になると猫が布団で眠ると言うこともよくあるでしょう。このように、単純に寒いと感じることから

甘えたい時(子猫の気持ち)

猫の個体差にもよりますが、猫はかなりの甘えん坊で人に良くなつきます。猫にとって飼い主は、食事やブラッシングなどをしてくれるまさに母猫のような存在なのです。母猫に寄り添うときのように、寝るときも一緒にいて甘えたいと思うのでしょう。

寝ているときに、布団や飼い主の体をふみふみと足で押さえるような動作をするときがあります。これは、子猫が母猫のお乳を出しやすくする行動で、母猫に甘えたいときに取る動作だとされています。子猫の頃の名残で安心しているんですね。

やわらかくて寝心地が良い

人が寝るときに使っている布団などは、猫にとってもやわらかくて寝心地がいいものです。それを知った猫は、単純に気持ち良く眠れる場所として布団の中を寝床としているのかもしれません。

飼い主を信頼していて安心できる

動物にとって眠っている間というものは、外敵から狙われるかもしれないとても危険な状態です。この眠ると言う無防備な姿を飼い主のすぐそばで見せると言うのは、とても信頼し安心しているということなのです。

寝る位置でわかる猫の気持ち

猫によっては、布団の中の寝る場所がどこでも同じという訳ではないのです。寝る場所によって、実は猫の気持ちがわかるのです。

また、猫がおしりを向けて寝ているというのは、嫌われているように思いがちですが、逆に飼い主を信頼しているという証なのです。

基本的に、動物の後ろ側というのは危険を察知しにくい場所なので、信頼できる相手にしか 見せない姿と言えるでしょう。

また、猫も安心して眠りたいので、一緒に寝る人を選んでいるようです。

顔の近く

飼い主の顔の近くは、いつでも飼い主の顔が見られる場所です。この場所で眠る猫は、子猫気分を最も多く残しているとても甘えん坊の猫と言えるでしょう。

また、猫は、よく鼻や頭をくっつけてきます。いわゆる「鼻チュウ」や「ごっつんこ」と言われるものです。母猫は仔猫をいつもなめてあげます。これは、猫にとっての愛情表現の一種です。そのため子猫や甘えたがりの猫は、顔の周辺で寝たがることが多いようです。

布団の中

飼い主の顔の近くにいたがるほど子供っぽくはありませんが、警戒心の少ないおおらかな猫で、未知の場所である布団の中に入ることもためらいません。

そして、寒がりで甘えん坊の猫と言えるでしょう。

布団の上(股の間)

飼い主に密着していて暖を取りたい猫と言えますが、手は出されたくないというタイプでしょう。

囲われた場所が好きな猫とも言えます。

布団の上(足元)

飼い主のそばにいて暖をとりたい。でも、手は出されたくないという猫です。

何かあればすぐに逃げられる場所を選んでいるので、やや警戒心が強いタイプとも言えます。保護猫などのように、人間の愛情が不足している猫にも見られます。

布団から離れた場所

全く飼い主からが離れているので、寝る時は1人がいいタイプです。警戒心が強く、よく見かける大人なタイプの猫なのでしょう。布団から離れているので、単に暑がりの猫という場合もありますね。

また、猫がどんなに寒がりで甘えん坊でも、飼い主の寝相が悪すぎるという場合はなかなか落ち着いてそばで寝ることもできないでしょう。人間の場合でも同じですよね。

猫と一緒に寝るときの注意点

猫と一緒に寝るのは、飼い主にとっても嬉しいことですが、場合によってはケガや病気のリスクも伴うということを知っておきましょう。また、猫が一緒に寝ていておしっこをしてしまうことがあります。そんなときはどうしたらいいのか。

そして、猫と一緒に寝るときは、どんなことに注意したらいいのかをご紹介しましょう。

ケガや病気

ノミやダニなど

飼い猫にノミやダニが寄生していると、猫が布団で寝ることでその布団に住みつくことがあります。そうすると、アレルギーや感染を引き起こす可能性が出てきます。猫を飼うときは、室内飼いや外飼いに関係なく、ノミやダニの予防接種を定期的に行いましょう。

人獣共通感染症(ズーノーシス)

布団についた猫の体液を誤って吸い込んだり、寝ている間に猫に口や鼻をなめられたりして、人獣共通感染症(ズーノーシス)に感染することがあります。体力のあまりない幼児や老人などの場合は、重症化しやすいので注意が必要です。

お互いにケガをさせる可能性

猫と一緒に寝ていると、飼い主が寝返りを打った時に猫が思わず引っ掻いてしまうことあるかもしれません。軽い擦り傷だけならいいのですが、傷の程度によっては病気に感染してしまうこともあります。普段からのこまめな爪切りが大切でしょう。

また、かわいい猫と一緒に寝たいという気持ちがあっても、特に子猫の場合は注意が必要です。いくら飼い主が気を付けていても熟睡した大きな人間の下敷きになってしまったら、子猫の場合は圧死の可能性が高まります。

どうしても一緒に寝たいのなら、飼い主が熟睡する可能性の低い20分くらいの昼寝のときにしましょう。夜に寝るのは危険なので、生後約4~5ヶ月以上になってからにした方がいいでしょう。

布団でのおしっこ

猫と一緒に寝ていたら、布団におしっこをされてしまったと言う経験はありませんか?猫が布団でおしっこをしてしまうのには、いくつかの原因があります。

布団でしてしまう原因は、今のトイレの場所や砂などが気に入らない。布団をトイレの場所として気に入ってしまった。また、ケガや膀胱炎などの病気ということも考えられます。

他には、ストレスや去勢手術をしていない猫のスプレー行為ということも考えられます。

羽毛布団を使用している人は注意が必要です。羽毛布団のカサカサとした音が、猫砂をかいた音によく似ているのでおしっこをしたくなるようです。あるいは、羽毛の匂いが原因かもしれません。猫と寝るときには、羽毛布団を控えた方がいいでしょう。

猫と寝るのは至福のひととき!寝る位置からわかる猫の気持ちのまとめ

猫を飼ったら、かわいい寝顔を見ながら猫と一緒に寝たいと思っている人も多いことでしょう。

猫が寝る場所が、飼い主の顔の近くや足元など、布団のどの位置に寝ているかで、その子の気持ちがわかります。どこに寝ていてもかわいい猫だと言うことに変わりはありません。

しかし、猫と一緒に寝るときは、人間との違いを認識して、お互いのケガや病気に気を付けなければいけません。また、猫の毛の抜けやすい時期は、念入りにブラッシングをして、爪を切るなどのケアも忘れないであげてください。

猫の習性と気持ちをより理解して、猫との快適生活を大いに楽しみましょう。