猫がくしゃみ鼻水を出す原因と対処法

猫も人と同じように、くしゃみや鼻水、目ヤニ、発熱などの症状がでますが、これは症状の度合いによって、病気であったりそうでなかったりします。すぐに治まればたいしたことはありませんが、何度も繰り返しくしゃみをするなどという場合は、病気の可能性があります。

猫はよくくしゃみをすると言いますが、花粉症でくしゃみをすることはないようです。猫風邪によるくしゃみや鼻水は、目や鼻などに入ったウイルスが関係しているようです。猫のくしゃみや鼻水の原因と対処法について詳しくご紹介しましょう。

猫がくしゃみや鼻水を出す理由

愛猫がくしゃみや鼻水を出していると病気なのかと思い心配になりますよね。くしゃみなどがすぐに治まれば、病気ということもなく大丈夫なのでしょう。

なぜ猫は、くしゃみや鼻水を出してしまうのでしょうか?その理由について詳しく見ていきましょう。

異物が入った/アレルギー症状(ホコリや花粉)/病気による症状

猫がくしゃみや鼻水を出すのは、鼻に何か異物が入ったときです。たいていの場合は、ゴミやホコリといった空気中の小さな浮遊物です。また、水を飲んだ時に、鼻に水が入ったときにもくしゃみをしてしまうことがあります。

猫も室内でまっているホコリやハウスダスト、花粉によるアレルギー症状で、くしゃみや鼻水を出すことがあります。猫のアレルギーも人間と同じように、気候や日によって症状が異なります。

猫もアレルギー検査はできますが、特定するのは難しいようです。まずは、かかりつけの獣医に相談しましょう。

また、猫がくしゃみや鼻水が病気による場合があります。症状はさまざまですが、黄色っぽい鼻水や目ヤニ、下痢などのときは気を付けてください。

大したことがないと思ってそのままにしておくと鼻血を出すこともあります。早目に動物病院を受診しましょう。

くしゃみだけの場合

猫も人と同じで、くしゃみをすることで鼻の中に入った異物を取り除こうとしているのです。くしゃみの回数が少なくすぐに治まり、いつも通り元気にしていれば特に問題はないでしょう。

生理現象/病気による症状

猫のくしゃみは、ちょっとのくしゃみなら生理現象ですが、何度も繰り返すくしゃみは猫風邪の可能性が高いです。また、くしゃみだけでなく鼻水など他の症状が出ているものは病気の可能性があるので、病院の診察を受けましょう。

病気のくしゃみを見分けるポイント

猫は、嗅覚が優れているので、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどはとても辛いです。これらの病気によって、食欲が低下することもあるので、注意してあげましょう。

猫の年齢と鼻水

猫の鼻水は、生理現象の範囲内で出ることはあります。猫は、ホコリや花粉、ハウスダストなどの異物によって、鼻の粘膜が刺激され鼻水が出ます。そのため、鼻水が長引いている場合や、鼻水の色がいつもと違う場合には、病気の可能性があると考えられます。

子猫の鼻水/成猫の鼻水/老猫の鼻水

猫の場合は、子猫が風邪などを引きやすいようです。子猫は、ワクチン接種が済んでいなかったり、免疫ができていなかったりする場合が多いです。そのため、体力がなく重篤化する恐れがありますので気を付けてあげましょう。

また、風邪などをひかないように気を付けてあげることが一番ですが、予防法としてワクチン接種がおすすめです。三種混合ワクチン以上を受けておけば、風邪をひく確率も下がるので安心です。

老猫で鼻水に血が混じっていたら、鼻の中に腫瘍ができている可能性も考えられますので、一度病院を受診することをおすすめします。

猫がくしゃみや鼻水を出す病気

猫がくしゃみや鼻水を出す場合は、猫風邪や猫のインフルエンザと呼ばれるウイルス感染症の可能性が高いです。このウイルスに感染すると、人間の風邪に似た症状が現れ、くしゃみ鼻水、咳、鼻水などで、ひどい場合は、肺炎や嘔吐、下痢などを併発することもあります。

例えば、猫クラミジア感染症の場合は、クラミジアという病原体による感染で、くしゃみや鼻水以外にも目ヤニがたくさん出ます。呼吸器系の炎症や結膜炎になることもあります。稀に、人にも感染します。

特に、子猫が掛かりやすい病気を次にご紹介します。

猫風邪 or 猫インフルエンザ

主な原因はウイルス感染によるものが多くみられます。

主な病名

猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、マイコプラズマなどがあります。

アレルギー性鼻炎

主な原因は、ウイルス感染をはじめ、そのほかにもハウスダスト、花粉など多岐にわたります。

副鼻腔炎

主な原因は、鼻炎が進行して副鼻腔に細菌が繁殖すると起こります。

クリプトコッカス症

主な原因は、カビを鼻などから吸い込むことで感染します。人獣共通感染症でもあります。

猫エイズウイルス感染

主な原因は、猫エイズにかかっている猫から血液などの体液を介して感染します。

肺炎

主な原因は、ウイルス性や細菌感染のほかアレルギーがあげられます。

たま、誤嚥なども原因になることがあり、多岐にわたります。

鼻腔内腫瘍

主な例

鼻腔内腫瘍の一例として挙げられるのが、鼻腔内にできるリンパ腫などがあります。

くしゃみが出たときの対処法

猫も人と同じようにくしゃみをします。これは、特に珍しいことではありません。鼻の中に異物が入ったことでくしゃみが起こる場合と猫風邪などが原因だと考えられます。

しかし、毎日のようにくしゃみが出たり、同時に違う症状が表れたりすると病気の可能性もあります。よく観察するなどの注意が必要でしょう。

・鼻水の色を確認(透明/黄色~緑色/ピンクや赤)

・いつ、どういったときに症状が出始めたか確認

・くしゃみ鼻水以外の症状について確認

・鼻水や鼻血が出ていたら、すぐに病院に行く

・多頭飼いしている場合は、隔離する

猫のくしゃみの予防法

猫のくしゃみを予防するには、いくつかの方法があります。その方法は、部屋をきれいにして、ホコリなどのハウスダストを減らす。ブラッシングをしてダニなどを減らす。定期的な健康診断を受け病気に気を付ける。室内飼いにして病気の感染を予防するなどです。

部屋の掃除/ブラッシング/ワクチン接種/健康診断を受ける/室内飼い

猫のくしゃみを予防するには、部屋のホコリなどをできるだけなくすように部屋のそうじが欠かせません。また、季節の変わり目で衣替えや大掃除などで、部屋の中が埃っぽくなっていないか気を付けましょう。

猫は自分で身体をなめてきれいにしますが、毛にホコリやダニが付いているとそれらも一緒に体内に入ってしまいます。ブラッシングをすることでこれらをある程度取り除くことができます。

また、子猫のうちから、予防接種や定期的な健康診断を受けておきましょう。そうすることにより何かあれば、愛猫の異変にも気付きやすいでしょう。

外で他の猫と接する機会がなければ、感染することもないでしょう。完全な室内飼いは、余計な病気のリスクを減らしてくれます。

猫がくしゃみや鼻水を出すと病気なのか?その原因と対処法についてのまとめ

猫は人と同じようにくしゃみや鼻水を出すことがあります。どちらもすぐに治まれば心配いりません。しかし、何度も続けてくしゃみをしたり、鼻水が頻繁に出たりする、などというときは病気の可能性がありあります。

また、くしゃみや鼻水が止まらなかったり、目ヤニや食欲が低下したりするなどしたら病気の可能性があるので早目に動物病院を受診しましょう。

そして、病気の予防には、部屋を清潔に保ち、ブラッシングを定期的にし、健康管理に努めることが大切です。猫を室内のみで飼うのも感染の予防になり効果的でしょう。