猫が茶色いものを吐いた時の原因や対処法

猫は日頃から毛づくろいをしますが、それによる毛玉の吐き出しも多くみられます。猫は動物の中でも吐くことが多いと言われていますが、猫の吐いたものが何なのかによっては注意が必要です。症状によっては、病気の可能性も否定できません。

もし、愛猫が茶色いものを吐いて、それが餌でなければ病気なのかもしれません。

猫が嘔吐で病院を受診するのは、膀胱炎の次に多いとされています。それだけ猫は吐くことが多いので、どんな状態のときに注意した方がいいのかを知っておかなければいけないでしょう。

今回は、猫が茶色いものを吐いた時の原因や対処法について詳しくご紹介しましょう。

猫が吐く原因

猫はグルーミングをしてよく毛玉を吐きますが、吐いたものが茶色い液体なら注意が必要です。茶色いものを吐いたときの原因には、大きく分けて2つ考えられます。

その原因は、「食べ物」や「病気」などです。猫が吐いたときの症状などを注意深く観察し、病院の受診が必要なのかを判断しましょう。

猫は健康でも吐きやすいので体調に変化がなければ問題ないことが多い

猫は吐きやすい動物で、健康な状態でも吐いてしまうことがあります。猫が吐いたからと言って病気かどうかの判断は難しいかもしれませんが、体調に変化がなければ問題はないと考えていいでしょう。

主な原因は食べ物、毛玉、病気、ストレスなど

猫はきれい好きなので、よく自分で身体をなめるグルーミングをします。猫はよくグルーミングのときに一緒に飲み込んだ自分の毛を吐いたりします。

しかし、ときには大量の毛が腸などに詰まってしまうこともあるようです。そういうことが起こらないように、日々のブラッシングが大切になってきます。毛玉の排出がスムーズになるように、餌やサプリメントで調節する方法もあります。

猫の中には、ストレスで過剰に毛づくろいをする子もいるようです。猫のストレスがどこからきているのか考えて、できることなら取り除いてあげましょう。

いつもと違う吐き方は、病気の可能性があるので注意

猫はとても我慢強い動物なので、飼い主が気付いたときには病気が進行していることもあります。危険な嘔吐とはどういうものなのかを知っておいてください。

猫が、いつもと異なる吐き方をしたときは、病気の可能性もあるので、すぐに動物病院を受診しましょう。

病気が原因で茶色いものを吐いている時

猫が、餌以外で茶色いものを吐いている時には、病気の可能性があるかもしれません。どんな症状のときに急を要するのかを、飼い主は知っておいた方がいいでしょう。

胃腸の病気の可能性

猫が吐くだけでなく下痢の症状もあるのなら、急性胃腸炎などの可能性があると考えられます。

また、胃炎がひどい場合には何度も吐いたり、食欲が低下したり、水を飲んだだけでも吐いてしまったりすることがあります。

胃腸や消化管からの出血(血液は酸化すると茶色~黒っぽくなる)

出血と言えば、赤色の血をイメージしますが、胃腸や消化管からの出血の場合は、酸化により茶色や黒色に近い色になります。その場合、吐いたものが血の臭いや鉄の錆びたような臭いがすることがあります。

また、内臓からの出血だと貧血になってしまうことがあり、寝ていることが多くぐったりとしてしまいます。よく茶色いものを吐いたり、水を吐いたりするときも注意が必要です。

胃腸以外の病気の可能性もある

猫が餌を吐いたり、胃液や胆液を吐いたりする場合は、内臓の病気の可能性があります。猫が元気や食欲もなく、体重が減少したり、吐く回数が増えたりなどするときは、すぐに動物病院を受診しましょう。

嘔吐以外にも症状がある場合は危険

猫が嘔吐だけでなく他に症状がある場合は注意が必要です。すぐに動物病院を受診し、詳しい症状を獣医に伝えましょう。

・回数が多い、何日か続いている

・食欲が無い、元気がない、ぐったりしている

・嘔吐と一緒に下痢も起こしている

異物誤飲による嘔吐

元気にしているのに、何度もフードや水を吐いてしまう場合は、誤飲や誤食の可能性があります。猫のおもちゃや小さな紐など、餌でないものを飲み込んでしまうことがあります。

異物誤飲でフードを吐いている(フードは茶色が多い)

猫がおもちゃなどで遊んだ後には、何かおもちゃの一部が欠けていしていないかなど、日頃からのチェックが必要です。猫が吐いてしまったときは、異物誤飲でフードを吐いていることも考えられます。

胃腸のどこかで異物が詰まっている場合危険なので病院受診が必要

猫が嘔吐した場合は、胃腸のどこかで異物が詰まっている場合も考えられます。その場合は、危険なので、すぐに動物病院の受診が必要になります。

病気以外で、茶色いものを嘔吐するケース

猫が、病気以外で茶色いものを吐いている場合は猫のフードという可能性があります。フードの場合は、食べるスピードに問題があったり、フードが愛猫にあっていなかったりなどの理由が考えられます。

フードを吐いている(フードは茶色が多い)

猫の吐いたものが、液体ではなく個体の場合は猫のフードを吐いた可能性があります。ドロドロのペースト状で茶色の物は消化されたフードと考えていいでしょう。

普段と異なる、食べ慣れていないフードを食べ、消化不良で茶色のフードと一緒に吐くこともあります。

また、早く食べたり、アレルギーやストレスなどのために吐いてしまったりすることもあります。

猫の体質にあったフードをあげていないと、身体が受け付けてくれない場合もあります。

フードを吐くことが続くようなら、どの餌にした方がいいのかを獣医さんに相談してみることも1つの解決策の選択肢に入れておくと良いですね。

・早食い、一気食い

・食べ慣れないフード、体質に合わないフード、アレルギー

・ストレス

空腹で吐いてしまった胆汁や胃液が茶色っぽく見えることも

猫は、空腹時に空腹吐きをしてしまうことがあります。この場合は、黄色の液体や白っぽい泡のような液体が出てきます。ときには、その液体が茶色っぽく見えることもあります。

食事と食事の間、食前で吐いてしまい、猫が元気で食欲もあるのなら、空腹吐きの可能性が高いです。

しかし、そのような状態が何度も続くようであれば、一度動物病院で診察を受けた方がいいでしょう。

対処方法

対処法についてご紹介してきます。

茶色いものを吐いた時は早めに病院を受診する

猫が、茶色いものを吐いた時は早めに病院を受診するのが一番です。猫は小さな生き物なので、場合によっては、時間差が命取りになることがあるかもしれません。飼い主の迅速で落ち着いた行動が必要でしょう。

病院受診時の注意点

猫が茶色いものを吐いたときは、すぐに病院を受診した方がいいでしょう。病院で猫の状態を説明するときには、言葉では伝わりにくい場合があります。

猫の吐いた物を持参し、可能であれば吐いているときの動画も撮影しておきましょう。獣医により正確に猫の状態を伝えることができます。

また、猫の吐いた回数や吐いた物の匂い、タイミングなどを細かく手帳などに記録して獣医に見せるといいでしょう。

・吐しゃ物を持参するか、撮影しておく

・吐いた回数、匂い、タイミングを記録しておく

どんな症状だと注意が必要か?猫が茶色いものを吐いた時の原因や対処法のまとめ

猫は、他の動物に比べてよく吐いてしまう傾向にあります。よく知られているのが、毛づくろいをして自分の毛玉を吐いてしまうことです。猫は吐くことが多いですが、それが茶色いものを吐いている時には注意が必要かもしれません。

また、それ以外にも体調を崩すなどの状態があるのなら、動物病院を受診しましょう。急を要する場合もありますので、日頃から愛猫の様子を注意深く見守ってあげましょう。

特に猫の場合は、具合が悪いことを隠して気付くのが遅れてしまうことがあります。小さな動物なので、過保護すぎるぐらいがちょうどいいのかもしれませんね。