猫にとってケージが必要な理由と正しい使い方

猫を飼う人の中には、猫を自由に家の中を行き来させてあげることが、猫にとっての幸せだと考えているかもしれません。猫をケージに入れると、なんだか閉じ込めているみたいで可哀そうと思うかもしれませんね。

しかし、猫をケージに入れるのには大きなメリットがあるのです。ケージに入れることで猫を危険から守ることができます。それに猫がケージを過ごしやすいスペースだと感じてくれれば、閉じ込めているという言葉は当てはまらないのです。

今回は、猫にとってなぜケージが必要なのか?その理由と正しい使い方についてご紹介しましょう。

ケージを使うメリット

ケージは、猫が安心して過ごす場所、安全に過ごす場所として必要。猫にとってケージは意外と大切なものなのです。

ケージを縄張りと認識すれば、安心できる場所に。

猫は、縄張りを持ち警戒心の強い動物です。家の中に、くつろいだり寝たりする落ち着ける場所が必要です。自分の縄張りがケージ内になれば、猫にとって安心して過ごす場所になるでしょう。

猫の安全確保、事故防止

飼い主が外出時に、猫だけでお留守番をさせると人の目が行き届きません。猫の安全や事故の防止ということを考えるとケージがあれば安心です。外出時には何が起こるかわかりません。

うっかりテーブルに置いていた、人間の食べ物や薬などを猫が口にしてしまうかもしれません。

猫が当たって、物が倒れたりこぼすなどしたりしてケガなどに繋がることも考えられます。いたずら防止にも役立ちますよね。

ケージトレーニング(ケージが必要な時にストレスなく対応できるようにしておく)

飼い主の外出時や猫が病気のときなどのように、ケージに入ってほしいときにすぐに入ってくれるようにトレーニングしておく方がいいでしょう。

外出時間が決まっているのに、猫がなかなかケージに入ってくれなかったらストレスになりますよね。

ケージが必要な具体的なケース

飼い主さんの中には、猫にケージは必要ないのでは?と考えている人もいるようです。

しかし、ケージがあった方が猫にとって快適に安全に過ごせるということがあります。

例えば、子猫や新しい猫が初めて家に来たときから、ケージの中にトイレやベッドを置いて猫のハウスにしてあげるといいでしょう。

家に来たときから慣らすことで、ケージが安全な場所だと認識しやすいでしょう。留守番などのときにスムーズに使えていいでしょう。

また、外出から帰って来たら、机の上の物が床に落ちていたという経験はありませんか。

もしも、それがガラスや花瓶だったなら、当然猫がケガをしてしまう危険性が考えられます。猫の安全を考えたら、ケージに入れてあげるのも大切なことだと思いませんか。

そして、猫をケージで慣らしておくと、災害時などのいざというときに猫の安全を確保することができます。災害にもよりますが、移住先が確保できるまでは、動物の保護センターに預かってもらわないといけない場合もあります。

ケージに慣れておく方がいい具体例をいくつかご紹介しましょう。

・子猫を迎え入れる時

・子猫に限らず、猫が新しい家に慣れるまで

・留守番時の思わぬ事故を防ぎたい時

・来客などで猫が落ち着かない時

・先住猫と新参猫の対面時

・ケガ・体調不良・術後などで安静が必要な時

・災害時

ケージを使う注意点

ケージは猫の安全を守るなどのメリットがありますが、使い方によっては猫にストレスを与えてしまうこともあります。

長時間の使用は避ける

飼い主の外出時は、ケージ内を衛生的に保つことは難しいです。きれい好きの猫にとって汚れた空間はストレスに繋がるでしょう。

また、家の中全体を縄張りとしている猫が、家の中をパトロールできないのもストレスと感じます。ストレスが原因で病気になる猫もいますので長時間のケージの使用は避けた方が無難でしょう。

閉じ込められていると認識するとストレス

猫がいたずらしたときに頻繁に閉じ込めるのにケージを使うと、猫はケージを嫌な場所だと認識してしまいます。それにより、ケージに入れると鳴き続けたり、暴れたりするなど、猫のストレスを増やしてしまうかもしれません。

ケージの種類と選び方

ケージを選ぶときは、部屋のスペースと機能性やコスト面を考えて購入しましょう。猫のケージの場合、大体1~3段で種類もさまざまなので好みの物を選びましょう。

2段、3段など高さのあるもの

トイレや水皿が起きやすく機能的(猫はトイレの場所とエサ、水、寝床が近いことを嫌う)

ケージの段数は、できれば2段以上の物をおすすめします。

快適な一例は、1段目がトイレ、2段目が水や餌、3段目が寝る場所などになります。

また、多頭飼いの場合にも、高さがある方が場所を取らず、快適な飼育環境を整えることができるでしょう。

上下運動ができる

猫には、上下運動が必要なので、段差のあるケージはストレスが軽減されて、猫にとっていい環境と言えるでしょう。

子猫の場合は大きすぎないものを

子猫の場合は、ケージが大きすぎないものを選びましょう。子猫の成長は、日々めまぐるしいものがあります。

しかし、狭い隙間から脱走をしようとしたり、危険なこともわからず好奇心旺盛だったりします。

1段のもの

・ケガや体調不良時に安静にする時に向いている

・子猫の時だけ使用するときもコンパクトでいい

健康なときには、何段かの高さがあった方がいいのですが、子猫や具合の悪い猫の場合は、1段くらいのケージにしておいた方がいいでしょう。

素材

スチール製が多いが、軽くて女性でも扱いやすいプラスチック製、インテリアになじむ木製などもある

ケージの素材はさまざまですが、使い勝手や部屋とのバランスなども考慮に入れて好みの物を選びましょう。

ケージ内のレイアウト

猫は、家の中でもお気に入りの場所があります。好奇心の強い猫にとって、新しいものには興味がわきます。それを利用しない手はないでしょう。

ケージを購入したら、猫の好きそうなクッションなどを置き快適な寝場所を整えてあげましょう。猫にとってケージ内が、安心して落ち着ける場所だと認識すれば、居心地のいい場所となるでしょう。

ポイント

トイレと水・餌を離す

猫は、臭覚に優れていてきれい好きなので、トイレと餌場などはできるだけ離す方がいいでしょう。

トイレは一番下(猫砂の撒き散らし対策)

また、トイレに入れておく猫砂は、撒き散らされる可能性があるので、一番下の位置の方がいいでしょう。

3段ゲージのレイアウト例

・トイレは一番下

・水・食事はトイレから離れた場所で、一番下か、下から二番目の段

・爪とぎは一番下

・おもちゃは一番上の段

・寝床は一番上の段

ケージの置き場所

ケージの置き場をどこにしたらいいかは、猫目線から考えて落ち着けて静かな場所がいいでしょう。ケージは、高さやスペースを取りますので、生活の妨げにならない場所にしなければいけません。

壁際や部屋のコーナーなど落ち着ける場所が好ましい

ケージの置き場所は、猫にとってゆっくりと落ち着ける場所が好ましいです。猫は本能的に身を隠せる場所があると安心します。

人の出入りで落ち着かない場所は避ける

玄関やリビングなど比較的人通りの多い場所は避けた方がいいでしょう。人の出入りが激しいと猫が落ち着くことができません。

夏場は熱中症、冬は寒さ対策を

猫の適温を考えて、夏の熱中症や冬の寒さ対策を工夫して、健康に気を付けてあげましょう。気温差のあまり激しくない場所にケージを置くようにしましょう。

猫もケージが好きになる!猫にとってケージが必要な理由と正しい使い方のまとめ

猫にとって、ケージとは身の安全を守るためにあった方がいいものです。なるべく早い時期からならしてあげることで、留守番や災害などのときに安心できるでしょう。

上手くケージを慣らしてあげることで、猫にとっての快適な暮らしがはじまります。猫と人との共存にケージは、あった方がいいグッズのひとつと言えるでしょう。