猫に与えるご飯の量について

ペットの猫にはいろいろな種類があるので、中には成猫になると大きく成長し体重が重いのも当たり前という猫もいるでしょう。愛猫が肥満なのかそうでもないのかがわかりにくいですよね。

また、飼い主が与える餌の量によって、痩せている猫からぽっちゃりの肥満体型の猫までいるでしょう。

痩せすぎや太りすぎは、人間と同じで猫にとってもいいことはありません。ケガや病気などを引き起こしてしまわないように、飼い主である私たちが注意してあげなければいけないのです。

ここでは、猫に与えるご飯の量について詳しく見ていきましょう。

猫のご飯を適量与えるべき理由

飼い主さんの中には、猫に与える餌の量は特に決めていないという人もいるかもしれません。

猫は小食なので、1度に多くの量を食べずに1日に何度も食べる習性があります。そのため、決まった量をあげるのが難しいという場合もあるでしょう。

健康維持のため

猫の餌を適量にすることで、猫は理想的な体重を維持することができます。そうすることで、猫は健康的な身体になり、病気などにかかりにくくすることができます。

肥満防止のため

猫の餌を適量にした方がいいのは、食べすぎによる肥満にも関係してきます。人間と同じように猫も肥満になるとケガや病気の心配が出てきます。大切な愛猫の肥満防止に気を付けてあげましょう。

肥満はさまざまな病気のリスクも

猫が肥満になると病気のリスクが高まります。肥満になれば、関節への負担が増え心臓にも悪影響が及ぼされることが確認されています。

肥満により関節や筋肉への負担が増えると、捻挫、椎間板ヘルニア、関節炎などの事故や病気の可能性が高まります。

また他には、呼吸器不全や糖尿病、麻酔が効きにくくなることもあるので緊急の手術に影響を及ぼします。

猫に与えるご飯の量ってどうやって決める?

愛猫がかわいいからと言って、ついつい餌やおやつを多く与えてしまうと言う飼い主さんも多いのではないでしょうか。ちょっと丸いけどそこがかわいいと思っているのなら、それは肥満という場合もあります。

まずは猫の理想体重を知ろう

おおよその猫の平均体重は、生後0週目で100g前後、生後1週目で約150~200g、生後1ヶ月で約400~500g、生後3ヶ月で約1~1.5㎏、生後12ヶ月で約3~5㎏になります。もちろん猫の品種や個体差はありますが参考にしてみましょう。

理想体重の算出方法

標準的な猫の体重は、約3~5㎏とされています。その猫の体格からの標準体重より15~20%以上多い場合を肥満とみなしています。単純計算によると、3㎏の場合は、約3.5~3.6㎏以上、5㎏の場合は、約5.8~6㎏以上が肥満ということになります。

一般的なご飯の量の算出方法

(1)安静時に必要としているエネルギー量を算出

成猫の場合は、30×(猫の体重(㎏))+70が1日に必要な安静時のエネルギーです。

例えば、猫の体重が3kgなら、30×3㎏+70=160kcalとなります。

(2)(1)+決められた数値を掛ける

(1)は、安静時の必要エネルギーなので、これに年齢や健康状態などを考慮した数値を掛けていきます。その数値は次のようになります。

1歳未満の成長期の仔猫・・・・・・・・・2.5

1歳以上の避妊や去勢をしていない猫・・・1.4

1歳以上で避妊や去勢をした猫・・・・・・1.2

妊娠中・・・・・・1.6~2.0

母乳がでる猫・・・2~6

活発な猫・・・・・1.6

肥満の猫・・・・・1.0

ダイエット中・・・0.8

増量中・・・・・・1.2~1.4

老猫・・・・・・・1.1~1.6

集中治療中・・・・1.0

(3)猫のご飯の量を計算する

例えば、3㎏の成猫で活発な猫なら、(1)で計算した160kcalに1.6を掛けた256kcalが、1日に必要なエネルギー量ということになります。

猫のご飯を適量与える方法

では、適量のご飯の与え方についてご紹介していきます。

ご飯の回数

ご飯の回数の目安は次の通りです。

・成猫は1日2回を目安に

・生後3ヶ月までは1日5~6回程度に分ける

・生後3ヶ月以上の子猫は1日2〜3回程度でOK

・ただし、猫は少量ずつ食べる動物なので可能なら5~6回に分ける

また、餌の量が分かっても、毎回測ってあげるのは大変なので猫の食事専用の計量カップなどを使うといいでしょう。猫は1日に何回か分けてあげなければいけませんので、目安となる量がすぐにわかる方がいいでしょう。

ご飯の内容

ご飯の内容や量は、猫の年齢や肥満度によって変えてあげなければいけません。特にごはんの内容は、好みの物を選んであげることが大切になります。

キャットフードを選ぶときは、総合栄養食を選びましょう。一般食やおやつだけでは必要な栄養を補えません。

また、療法食は、特定の病気の治療や予防以外では食べさせないようにしましょう。

仔猫の場合には、急速な成長に必要なたんぱく質、脂肪、ミネラルなど、しっかりとした栄養を取らなければいけません。

老猫になって固いものが食べられなくなってきたら、噛みやすいものをあげなければいけません。シニアフードは、消化が良く加齢に適した栄養素を多く含んでいます。

猫の年齢に応じたものを

仔猫は、まだ身体がしっかりと成長していないので、発育に十分な栄養価の高い食事を与えましょう。成猫には、健康維持を考えたバランスのいい食事を与えましょう。高齢の猫には、食べやすい食事を与え、健康維持にも考慮しなければいけません。

また、妊娠期には、母体の維持と胎児の成長のためにいつもの食事より栄養価の高いものを与えましょう。授乳期は、授乳する仔猫のために、母猫は通常の2~4倍のエネルギーを必要とします。

猫にあげてはいけないもの

人間にとっておいしい食べ物でも猫にとっては、食べてしまうと健康によくないものがあります。

かわいいからと言ってあげないように注意しましょう。

塩分の多いもの、ネギ類、鶏の骨、ホウレンソウ、アボカド、チョコレート、ココア、イカやタコなどの魚介類、カニやエビなどの甲殻類、貝類、生の豆やナッツ類、生卵、ご飯、レバー、砂糖、煮干し、海苔などは、猫には良くないので与えないようにしましょう。

猫にご飯を与える時の注意点

ここで、猫にご飯を与えるときの注意点についておさえておきましょう。

ご飯を変える場合は徐々に慣らしていく

猫の健康管理や好みにおいて、猫の餌を新しいものに変えようと思うこともあるでしょう。その場合は、少しずつ新しい餌の割合を増やしていき、最終的に全て新しい餌にするというやり方がおすすめです。

また、肥満だからと言って過度のダイエットは猫でもよくありません。動物病院に相談して摂取カロリーを決めてダイエットするのが理想ですが、一般的には今の必要エネルギーの70%程度が理想的な減量とされています。

ボディコンディションスコアを参考に回数や量の調整を

猫の肥満を体重だけで決めるのは難しいですが、猫や犬の体型が適正かどうかを知るのに「ボディコンディションスコア(BCS)」というものがあります。BCSは、身体の肋骨、腰や腹部分の状態を基に視感と触感で5段階に分けて判断します。

また、ベストな体型はBCS3で、肋骨を触った時に骨が感じられるくらいがいいとされています。見た目で肋骨が分かると痩せすぎとされBCS1~2、反対に肋骨が触りにくい、触れないなど場合はBCS4~5で表され、太り気味や太りすぎということになります。

ぽっちゃりはかわいいけど肥満?!猫に与えるご飯の量についてのまとめ

愛猫は、かわいいからと言ってついつい餌をあげすぎてしまいがちです。

しかし、それを習慣にしてしまうと肥満になってしまうので猫の健康によくありません。場合によっては、病気になってしまうこともあります。

猫の餌の適量が分かりにくいのが原因の1つともいえますが、適量を知ることで餌のあげすぎや少なすぎを防止できます。

また、猫の肋骨を触ることでBCSのいくつにあたるのかも想像が付くので、健康管理がしやすくなります。飼い主が猫の餌と健康管理をしてあげることで、猫が元気で快適に暮らせるようになることでしょう。