猫のトイレの置き場所について

家族の一員として猫を迎え入れるとき、最初にしておかなければいけないのがトイレの場所を覚えてもらうことでしょう。猫がちゃんとトイレの場所を覚えてくれるかどうかが、飼い主さんにとって心配のひとつではないでしょうか。

今回は、猫のトイレの置き場所について詳しくご紹介しましょう。

猫に適したトイレの置き場所の条件とは

まず、ペットとして猫を迎え入れたら、トイレや餌の場所を決めてあげなければいけません。トイレの場所は、猫が気持ちよく排泄を行えるよう、適した場所を選んであげましょう。

静かで落ち着ける場所

洗濯機や食洗器など大きな音や振動がする場所は、あまりおすすめできません。猫が音などに驚いて、トイレをすることを怖がってしまうと大変です。静かで落ち着ける場所をトイレに選んであげましょう。

人目につかない場所

玄関先や人通りの多い場所は猫にとっては落ち着ける場所ではありません。人目につかない落ち着ける場所にトイレを置くようにしましょう。

風通しの良い場所

猫の排泄で臭いがこもらないような風通しの良い場所に設置しましょう。餌場とは離れている方がいいでしょう。

食事をする場所から離れた場所

トイレの場所は、食事や寝る場所からは離れている方がいいでしょう。猫は臭いには敏感なので、食事とトイレは距離を取りたいところですよね。

飼い主の目が届く場所

全く人目につかない場所も避けた方がいいでしょう。排出の状態をチェックすることで猫の健康状態を知ることができます。はじめのうちは、できるだけ飼い主の目の届く範囲にトイレを置くようにしましょう。

おすすめの猫のトイレの置き場所は

猫のトイレをどこに置くべきか悩む方も多いかと思いますが、ここではおすすめの置き場所をおすすめします。

洗面所

洗面所は、人通りも少なく猫にとって落ち着ける場所の1つでしょう。洗面所には換気扇もあるので、トイレの臭いもこもりにくいです。

また、床面の素材も水や汚れに強いものを使用しているはずなので、もしものときでも大丈夫といえます。

トイレ

人間のトイレスペースは、静かで落ち着け換気もできるので、人間と同様に猫にとっても最適の場所だと言えます。最近では、トイレの空きスペースにおける三角タイプの物が販売されています。

この三角コーナーにぴったりとはまるトイレなら、お互いにトイレを共有できておすすめです。猫のうんちなどの処理はしやすくなりますが、いつもトイレのドアを少し開けておかなければいけないという点をクリアしなければいけないでしょう。

リビングの窓際

リビングの場合は、飼い主の目も届きやすく猫の健康管理という点ではおすすめといえます。リビングの窓際や端の方に置くことで気にならないでしょう。

廊下の隅

ある程度の広さがある家なら廊下にトイレを置けば、生活導線の邪魔にもならずおすすめの場所です。床ならお掃除もしやすいでしょう。

おすすめしない猫のトイレの置き場所は

猫のトイレの置き場所としては適さない場所もあります。

玄関

玄関は、人通りの多い場所になるので猫のトイレの場所におすすめできません。トイレで排泄をしようとしたときに人が通ったりすると気になってしにくいはずです。また、玄関だと脱走の危険もあるでしょう。

キッチン

キッチンは、料理を作る場所なので猫のトイレ臭がするのはどうかと思います。キッチンはおすすめできない場所ですね。

クローゼット

クローゼットの中だと風通しが良くないので臭いがこもりやすくなります。トイレの場所には適していないと言えるでしょう。

猫のトイレにまつわる疑問

一戸建てなどで階が分かれている場合は、トイレはいくつ必要なのでしょうか。

また、猫はトイレをすぐに覚えるといいますが、失敗しないとは言い切れませんよね。ここでは気になる疑問を解決していきたいと思います。

猫のトイレの数はいくつが良い?

一戸建てなどで階が分かれていて、猫が移動できるようにしてあるなら、各階にトイレを置いてあげましょう。

多頭飼いの場合は、猫の数にもう1つ予備のトイレがあると安心できます。自分と違う猫の臭いが付いたトイレでは嫌がる猫もいるので、仕方なく部屋の中でトイレをしてしまうということになってしまいます。

猫のトイレのタイプは何が良い?

猫のトイレ本体のタイプはいろいろあるので悩むところです。屋根や囲いのあるタイプだと砂が散乱しにくいのでおすすめです。使うのは猫なので、好みの物を使ってもらうことを意識して選ぶことを忘れないようにすることが大切です。

猫のトイレが失敗してしまった原因は?

猫のトイレを失敗してしまったのには原因があるはずです。原因はいくつか考えられますが、猫の健康面や発情で問題がなければ、飼い主に思い当るところがあると考えてみましょう。

病気の可能性

猫の泌尿器系のトラブルが原因の場合があります。膀胱炎などで排泄が上手くコントロールできない可能性も考えられます。

成猫の排泄回数の平均は、うんちで1日1~2回、おしっこで1日2~4回です。トイレの回数が多かったり、排泄後も落ち着かなったり、排泄物の色や量、状態に異常があれば動物病院で診察を受けましょう。

また、オス猫の場合は、特に膀胱炎にかかりやすいです。1日おしっこをしない場合は、病院を受診しましょう。

トイレの砂

猫がトイレの砂を気に入らなくなったということも考えられます。トイレの砂の種類を変えたり、砂を変えなくても気に入らなくなったりすることがあります。トイレの砂を変えるときは、古い砂を多少混ぜて徐々に切り替えるのがいいでしょう。

トイレの汚れ

猫は、とてもきれい好きな動物です。自分の排泄物でもトイレに残っていると使わなくなる場合があります。できるだけこまめに取り除いてあげる方がいいでしょう。少なくとも1日1回は掃除をしてあげてください。

また、トイレ本体は、月に1度丸洗いし砂も入れ替えてあげましょう。外出などでトイレ掃除ができないときは、複数のトイレを用意してあげると安心でしょう。

トイレのサイズ

トイレのサイズがあっていない場合も原因として考えられます。仔猫のときに小さいサイズを使っていたなら、大きめに変えてあげましょう。理想のトイレのサイズは、猫の全長の1.5倍以上とされています。

トイレとして認識していない

トイレと違う場所で粗相をしてしまい、そこに臭いが残っていると、その間違った場所をトイレだと認識していることがあります。違う場所でしてしまった場合は、臭いが残らないようにしっかりと掃除をして置きましょう。

猫が発情中

オス猫は、発情すると尾を上に持ち上げて広い範囲に尿を吹き付けることがあります。この行動は、スプレー行動と呼ばれていますが、去勢をして発情中のオス猫を近づけないことで抑えることができます。

トイレの場所として適していない

トイレに適した場所は、洗面所、トイレ、リビングの窓際、廊下の隅などとご紹介しました。

しかし、その場所が、猫にとって落ち着ける場所でない場合は、トイレに適した場所ではありません。

例えば、洗面所に洗濯機がありその音がうるさい、リビングの窓際でも外の車や子供のはしゃぎ声が良く聞こえるなどの場合は落ち着いてトイレをする場所には向かないと言えるでしょう。

猫のトイレを移動させるには

猫のトイレをいつも置いていた場所から移動させる必要があるという場合もあります。

元の場所+新たに追加する方法

猫の数が増えるとトイレの増設も必要になります。猫のトイレを増やそうと思ったときには、もとのトイレの砂を少量混ぜて新しいトイレの砂に入れればいいでしょう。

別の場所に移動させる方法

猫のトイレを別の場所に移したいということがあるかもしれません。そういうときは、急に新しい場所に移してしまうと猫も戸惑うことでしょう。

その場合は、段階を経て徐々(一定の場所に2~3日)に移したい場所に移動させていくようにしてあげます。

間違った場所に置いていませんか?猫のトイレの置き場所についてのまとめ

猫のトイレの場所は、静かで落ち着けるところで、臭いがこもらない風通しのいい場所が適しています。人通りの多い場所では、猫も落ち着いて排泄できませんよね。そういった面では、猫も人間もあまり大きな違いはないのでしょう。

また、猫がトイレと違う場所で用をたしても声を荒げて叱ってはいけません。叱ることは改善にはつながりません。なぜそうなったのか原因を考えてトイレトレーニングをおこなうことが大切になります。

お互いが快適に暮らせるように、やさしい心で接しましょう。