猫の爪を切る方法と頻度について

猫に限らず、動物の爪切りはちょっとハードルが高いと思っている人は多いのではないでしょうか。爪という繊細な部分、もし切り過ぎてしまったら・・・と恐がっていませんか。そんな不安な感情は、猫にも伝わってしまっています。

猫の伸びた爪は、ケガや病気にもかかわるので切らないわけにはいかないのです。

では、どうやったら猫が爪を上手く切らしてくれるのか、また、どのくらいの頻度で切ればいいのかなどについて詳しくご紹介していきましょう。

猫の爪切りの必要性

外で生活している猫は、爪がないと木に登ったり狩りをしたりという猫にとっての必要な行動ができなくなってしまいます。

しかし、室内で飼われている猫は、その必要がありません。

猫の爪が伸びていると、カーテンなどの繊維に引っかけて折ってしまったり、家族が引っかかれてケガをしたりする可能性が出てきます。

爪切りと爪とぎとの違い

猫の爪切りと爪とぎは、似ているようですが違いがあります。爪切りは、先端の鋭くとがった部分を少し切るだけになります。それにより室内での生活がしやすくなり、危険が回避できます。

猫の爪とぎは、何層かに分かれている爪の古い層を剥がして、新しく先端が尖った爪にしています。また、爪をとぐことで自分の縄張りを示す役割も果たしています。

爪を切らないとどうなる?

猫の爪を切らないと主に次のようなことが心配されます。

・巻爪になり肉球に食い込む(ひどいと出血)

・カーテンなどに引っ掛けて怪我をしやすい

・飼い主が怪我や細菌感染などの病気になりやすい

・家具が傷つく

猫だけでなく家族や室内の物にまで被害が及ぶ可能性があります。

また、老猫になると爪とぎをあまりしなくなり爪が弧を描くように伸びてしまい肉球まで突き刺さってしまうことがあります。

猫の爪切りのやり方

猫の爪を上手に切る方法について解説していきましょう。

足先を触られるのに慣れさせる

飼い主が猫の爪を切ろうと身構えてしまうと、猫はその気持ちを敏感に感じ取り、爪切りが怖いものだと思ってしまいます。できるだけ普段から、手足に触って慣れさせておくのが爪切りのためにも効果的です。

爪を切るタイミングは、猫が寝ている間がおすすめです。猫がリラックスしてくつろいでいるときに、そっと爪切りをするのがいいでしょう。

爪の構造と切る場所

猫の爪を切るときに、しっかり理解しておいてほしいポイントがあります。

・肉球を押すと爪が出る(通常、爪は隠れている)

・血管と神経が通っている

・先だけ切る

猫の前足を手に取り、肉球を指で押すと隠れていた爪がしっかりと見えるでしょう。猫の爪には血管が通っていて、猫の指に近いうっすらと赤く見えるところがそれに当たります。その血管の場所から2㎜以上離れたところを切りましょう。

慣れないうちは、無理をして際を切らないで、先の方をちょっとだけ切るだけでもいいでしょう。猫にケガをさせないように注意を払ってあげることが大切です。

爪を切る順序

猫の爪を切る順番は、比較的猫が嫌がらない後ろ足から切り始めましょう。その後、前足を切ります。できれば、爪の外側から順番に内側に向かって切っていきましょう。

猫の爪を切る頻度

猫の爪切りになれてないうちは、無理に一度で切ろうとは思はないで、何度かに分けて切れば飼い主の負担も少なくて済むでしょう。1ヶ月に1度切ってあげれば十分でしょう。

爪を切るときの猫の抑え方

前足、後ろ足の抑え方、横に倒す方法 など

猫の爪切りのときに家族に補助をしてもらうと安心して爪を切ることができます。猫を真ん中に置き、向かい側から、前足を右手、後ろ足を左手で持ってもらい、両方とも人差し指を間に入れると扱いやすいでしょう。

暴れてしまうときは猫用の保定袋、タオル、猫マスク などを使う

猫が爪切りで暴れてしまうときは、猫用の保定袋やタオル、猫マスクなどを試してみましょう。

しかし、どの場合でも嫌がるのに無理やり行うのは逆効果です。そうならないように気を付けてあげましょう。

猫の爪を切るときの注意点

・血管や神経を切らないようにする(出血し痛みを感じる)

・押さえつけない

猫の爪を切るときの注意点は、うっすら見えている血管や神経の部分を切らないように注意してください。また、必要以上に押し付けることはせずに、切るとき以外は爪に触れないことも大切なポイントと言えるでしょう。

猫の爪切りに適した道具と使い方

猫の爪切りの道具は、いくつかありますが安全で使いやすいものを用意します。それぞれのメリットやデメリットを知った上で猫に合ったものを使いましょう。

ギロチンタイプ、はさみタイプ、電動やすりタイプ、ピコックタイプ、ニッパータイプ

ギロチンタイプは、切るときに爪に痛みはありませんが、力が加わるので切ったときの振動を嫌がる猫もいます。切れ味のいいものをおすすめします。

また、爪が伸びすぎて肉球に達している場合は、ハサミタイプでないと切れないことがあります。比較的使いやすいタイプと言えますが、切り方によっては爪が割れてしまうこともあります。

爪切りの後に先端を滑らかにする電動やすりタイプがあります。これは、電動ということなので音がします。恐がる猫もいるので様子を見てあげましょう。

人間用の爪切りは猫の爪の形と異なるため猫には向かない

私たちが普段使用している人間用の爪切りは、猫の爪の形と異なるため猫の爪には不向きです。使えないことはありませんが、爪が割れたり、爪切りの刃が痛んでしまったりすることもあります。

猫が爪切りを嫌がる理由と対処法

猫が爪切りを嫌がるのには、本能的、触られたくない、トラウマなどの理由があります。上手く切るためにはどうしたらいいのでしょうか。

猫の爪切りには、いくつかのコツがいるのでポイントを押さえておきましょう。

爪切りを嫌がる理由

本能/手足を触られたくない/トラウマ

猫の爪は、外敵から身を守る大切な武器なので、それを切られるのは本能的に嫌だと思うのも当然でしょう。

また、普段から手足を触るなどのスキンシップが十分でないと、手足を触られるこのが、嫌な爪切りをされるという行為に結びついてしまうのでしょう。

そして、一度でも爪切りに失敗していたい思いをした猫は、それをトラウマと感じそれ以降爪切りをすることを嫌がるようになってしまいます。

猫が嫌がらない爪切りのコツ

・すばやくやる

・嫌がったら止める(一度に全部の爪を切ろうとしない)

・猫がリラックスしているときにやる

猫の爪切りのコツは、スピードです。いつまでも足を握ったままもたもたとしているとだんだん機嫌が悪くなってきます。無理に爪を切ろうとせず、猫が嫌がったら止めましょう。

また、リラックスしているときに切るのもおすすめです。

嫌がるときの対処法

おもちゃ、おやつ を使う

猫が爪切りを嫌がる場合は、大好きなおもちゃやおやつで気を引いてみましょう。はじめのうちは、少ない本数から始め徐々に慣らしていくのがいいでしょう。

動物病院やトリミングサロンで爪を切ってもらう

猫によっては、抱っこしようとすると嫌がり爪切りが全くできない猫もいるでしょう。その場合は、お互いに無理をせず、専門の動物病院やトリミングサロンで爪を切ってもらうのがいいでしょう。

愛猫は爪を切らせてくれますか?猫の爪を切る方法と頻度についてのまとめ

猫の爪切りは、室内で生活する猫にとっては必要なものです。爪を切らないと猫が病気や危険にさらされ、家族もケガをしてしまう恐れもあります。お互いが心地よく生活できるように、爪切りをさせてもらえるように猫によっては工夫をする必要もあります。

猫の爪切りには、いくつかのコツがあるので試してみましょう。爪の切りすぎがないように注意して、素早く済ませるのもコツです。

もしも、猫が嫌がって爪切りをさせてもらえないようなら、無理をしないで動物病院などの専門家に任せるという選択肢も必要です。お互いにストレスを感じることなくいい関係を続けていけるよう無理のない爪切りをおこなってきましょう。