猫の留守番

愛猫がかわいいからと言っていつも一緒に居られるわけではありません。ときには家を空けて外出するときもあるでしょう。そんなとき、愛猫がちゃんと留守番をしてくれるのか?飼い主はとても心配になるでしょう。

昔から単独行動をしていた猫にとって、留守番をすることは得意な方だと言えるでしょう。猫に留守番をさせるときには、猫が安全に生活できる環境を整えてから出かけなければいけません。

短時間であれば問題ないことでも、旅行などで家を空けるときは十分な注意が必要です。猫に留守番をさせるときに準備しておきたいことを詳しくご紹介しましょう。

猫は留守番ができるのか

まずは、猫は留守番ができるのかについてみていきましょう。

性格にもよるが健康な成猫なら問題ない

猫が留守番をできる動物なのか飼い主は不安に思いますが、成猫であれば問題なく留守番ができるでしょう。飼い主が外で仕事をしていると、その時間は猫の留守番の時間ということになります。

猫は、人との暮らしに慣れてくると生活サイクルを合わせてくれるようになります。飼い主は、猫が不安がらないか?いたずらをするのではないかなどいろいろと心配になるでしょう。

しかし、飼い主が外出中のときは、基本的に猫の睡眠時間ということになるので、留守番をさせても問題ないでしょう。

猫は何日まで留守番ができる?

猫は縄張りである家から出ることを嫌うので、誰か知人に預けたりペットホテルなどに預けたりするよりは、家で留守番をさせる方がいいでしょう。しかし、留守番が長期間に及ぶ場合は、猫だけの留守番ということも難しいでしょう。

また、個体差があるので、お留守番が苦手な猫もいるでしょう。特に、飼い主に甘やかされるなどして、飼い主にベッタリな猫には不向きと言えるでしょう。

一般的には、一泊まで

成猫になれば留守番は可能ですが、一般的には1泊までと言われています。しかし、子猫や老猫、病気の猫などのような場合は、留守番をさせない方がいいでしょう。たとえ1泊であっても留守番をさせるなら健康な猫という条件は外せないでしょう。

慣れてくれば、2泊3日ほど留守番できることも

猫の留守番は、一般的には1泊ですが、留守番に慣れた猫なら2泊3日ほどでも大丈夫な場合があります。

これ以上長い場合は、ペットホテル・ペットシッターの検討を

長期の外出や旅行の場合は、ペットホテル・ペットシッターなど安心して猫を見てもらえるところを考えましょう。

留守番をさせる時の準備・注意点

猫に留守番をさせるときは、それなりの準備が必要です。いつもの状態で、そのまま留守番という訳にはいきません。また、予測される危険が起こらないように、気を付けてあげる点がいくつかあります。

部屋の室温

熱中症・脱水が怖い夏は特に注意し、エアコンを使う

留守番の猫にとって部屋の温度は重要です。特に夏の時期は熱中症や脱水症状などに注意が必要です。快適な温度にエアコンをセットして、リモコンのボタンを猫が触れないところに置いておきましょう。

室温は26~28℃くらいにし、凍らせたペットボトルや遮光カーテンなどを併用するなど工夫をしてみましょう。

冬はエアコンや、毛布やベッドなど

冬の寒さも注意が必要で、エアコンに気を付けるのと、暖を取れる毛布やベッドなどを用意しておきましょう。また、コードがある電気器具などは、いたずらで噛んだり、低温やけどの可能性があったりするので、危険の可能性のあるものは使用しない方がいいでしょう。

餌の用意

餌はいつも使っている容器に十分に入れておきましょう。餌の種類は、ドライフードが適しています。半生や水分量の多いものは、腐ったり変色してしまったりする恐れがあります。

また、普段の餌がドライフードでない場合は、早目に慣らしてドライフードに切り替えておく方がいいでしょう。

餌の食べ過ぎが心配の場合は、自動給餌器(オートフィーダー)を使うといいでしょう。時間や量をセットしておけるので、普段の生活で忙しいときも使えるでしょう。電池式の物が多いので、留守の前には必ず確認しておきましょう。

トイレは複数用意する

猫はきれい好きなので、基本的に掃除をこまめに行う方がいいでしょう。しかし、猫に留守番をさせるとなるとそうはいきません。掃除ができない分、汚れの少ないトイレで排出できるように、トイレの数を複数置いてあげましょう。

留守をするときには、いつものトイレに加えてさらに2個程用意してあげると安心でしょう。

水は必ず給水器で

猫に留守番をさせるときは、餌と同様に水の用意も欠かせません。お皿に水を入れて複数用意すると言う方法もありますが、おすすめはできません。万が一、留守中に猫が全てのお皿を倒してしまったら、飲み水がなくなり脱水症状を起こしてしまう可能性があります。

そんなことにならないように、餌と同じように自動で給水できる機械を設置してあげましょう。自動給水器は、ペットショップやホームセンターなどで購入することができます。早目に設置して、準備しておくと猫も慣れるのでいいでしょう。

危険なものは手の届かない位置へ

留守の間は、猫が触ったり落としたりするような危険な物は出していかないようにしましょう。

例えば、文房具やキッチン用品などの先端の尖ったもの、高いところにおいてある重たいものや割れやすいもの、誤飲の可能性のある小さなもの、紐やビニール袋などのまとわりつきそうな物は、注意が必要です。

猫の目に留まらないように、しまって出かけるようにしてください。留守の間は、危険が起きてもだれも助けることはできません。室内環境を十分に整えて、安全を確認してから出かけましょう。

戸締まり

留守番をさせるときは、窓やドアなどの戸締りをしっかりしておきましょう。出かけている間に猫が脱走していたら大変です。出かける直前には、念入りのチェックが必要です。

また、火の元の確認も十分に気を付けましょう。もし、火事にでもなったら猫は逃げ場をなくしてしまいます。家事を未然に防ぐために、必要最低限のコンセント以外は抜いておいた方がいいでしょう。

分離不安がある猫には少しずつ慣れさせる

「分離不安」とは、愛着のある人や場所などから離れるときに感じる不安のことを言います。人の場合は幼児期によく起こりますが、以前は犬に対してこのことが使うことが多かったです。

犬は、リーダーに従って集団生活を行う動物で、リーダーと思う飼い主と離れることでストレスを感じ、吠えたり物を壊したりすることがあります。それがエスカレートすると、体調不良や自傷行為といった「分離不安障害」に繋がることもあります。

単独行動をとる猫に関しては、分離不安は関係ないとされてきましたが、完全室内飼いが増え飼い主以外と接する機会が少なり、子猫の頃から構われ過ぎたため、猫でも分離不安が増えています。

分離不安の予防や改善には、猫を構い過ぎない、短時間の留守番をさせ慣らす、出かける前後に猫に声をかけないなどがいいとされています。また、猫の多頭飼いも効果があるようです。

留守番後の観察

日常的な短時間の留守番であれば問題ないでしょうが、1泊以上の留守番の場合は気を付けてあげましょう。慣れない環境での留守番は、猫にとってストレスになっている可能性もあります。

猫がストレスを抱えてしまうと体調を崩すことも考えられます。帰宅後には、猫の体調や様子に変化がないか観察しておきましょう。また、具合が悪いようなら動物病院で診察してもらいましょう。

飼い主がいなくても猫は留守番ができるのか?猫の留守番についてのまとめ

猫は留守番が得意だと言われていますが、何日も家を空けていいという訳ではありません。留守番をさせるときには、万全の準備をしてしっかり確認してから出かけるようにしましょう。

また、どんなにしっかり準備をしても完全だと言うことはありません。帰宅はできるだけ早く帰ってあげ、体調などに変化がないかを観察してあげましょう。