猫の育て方について

ペットショップに出かけるとかわいい仕草の仔猫に魅了されますが、ペットとして家族の一員になるのなら猫について詳しく知っておいた方がいいでしょう。

猫の寿命は15~20年くらいなので、その間ずっと一緒に暮らすことになります。猫に癒されて楽しいことも多いでしょうが、慣れるまではしつけなどが必要でお互いがストレスなく暮らせるようにしなければいけません。

今回は、猫を飼いたいと思った時の育て方について詳しくご紹介しましょう。

猫を迎える前に考えておくべきこと

猫のかわいい仕草を見ているだけでなんだか心が癒されていきますが、ペットとしてずっとお世話をしていくとなると、最後まで責任を持って飼わなければいけないということを考えなければいけません。

これから先猫のお世話をずっとできるか

猫に限らずペットを飼うということは、いいことばかりではありません。食事やトイレの世話はもちろん、避妊や去勢、病気の予防など全てにおいて飼い主の責任となります。

猫との暮らしはとても素晴らしいものですが、かわいいからと安易な気持ちで飼うのはよくありません。飼う前には猫についての知識を深め、ちゃんとお世話ができるかを家族と相談する方がいいでしょう。

猫が飼えなくなるケース

猫が飼えなくなるケースはいくつかありますが、それに当てはまらないかを確認しましょう。

例えば、転勤になり引っ越し先がペット禁止、家族に猫アレルギーが出た、近所から苦情がきて解決策が見つからないなどさまざまです。

室内で飼える環境が整っているか

猫の放し飼いは、交通事故や伝染病、中毒などの危険と隣り合わせです。性格や品種により運動量は異なりますが、室内である程度の運動をさせてあげることができるのかも考えてみましょう。

猫をどこから迎えるか

猫の入手先

猫の入手先はいくつかありますが、きちんと動物の健康管理に配慮したところを選ぶ方がいいでしょう。純血種の猫なら、ペットショップやブリーダーがいいでしょう。

民間の動物愛護団体や動物保護施設などからも入手は可能ですが、この場合いくつかの条件をクリアしないといけないこともあります。

また、知人や地域の広報誌などで里親を募集している場合もあります。

猫を迎える準備をしよう

猫が快適に暮らせるように、室内環境を整えてあげましょう。

また、餌やトイレなど初日から必ず必要になるものは、そろえておく必要があります。

猫に必要な物とは

ベッド

猫は、外を見るのが大好きなので、日当たりのよい窓辺などにベッドを置いてあげるのがおすすめです。ベッドの種類はさまざまで、爪とぎと一体化した物もあります。猫の好みの物を選んであげましょう。

専用トイレ・砂

一般的に猫のトイレは、トイレ本体に砂(猫砂)を入れて使用します。トイレ本体の種類には、ノーマルタイプ、システムトイレ、おまるなどがあります。

砂の種類は、大きさや素材などに違いがあり、いくつか試してみて猫の好みの物を使うといいでしょう。

猫の食事や容器

餌は総合栄養食の表示のあるもので、年齢に合ったものを与えることが大切になります。

いつでも飲める新鮮で清潔な水が必要です。猫の草を与えると飲み込んだ毛をからめとってくれるのでいいでしょう。

キャットタワー

猫は、本能的に上下運動を好みますので、キャットタワーなどがあるといいですね。カラーボックスなどでも代用できますが、いずれの場合も倒れるなどの危険がないことを確認しましょう。

ケージ

生後2か月未満の仔猫の場合は、ケージで過ごさせるのが一番安全です。ケージ内に猫用のベッドを置いてあげましょう。

爪とぎ

爪とぎの種類はさまざまで、カーペット、ダンボール、木、麻などがあります。市販の物でも手作りの物でもどちらでも良いです。

グルーミング用品

グルーミングは、猫のケアのために必要で、毛球症や皮膚病予防になるので行うことが望ましいです。

また、小さな頃から遊びの一環として行えば嫌がることもなくなります。

おもちゃ

猫は、好奇心旺盛で猫じゃらしなどで遊ぶのが大好きです。おもちゃは必需品なので、好みのものをいくつか購入してあげましょう。

猫が飼える室内環境にする

寝床や遊ぶ場所を確保する

猫が快適に暮らせるように、安心して過ごせる寝床やできるだけ十分に遊べる場所を確保することも大事なことです。

倒れやすいものは固定する

猫は脚力もあり、あちこち室内を活発に行動します。飛び乗ったものが倒れることがないように、危険だと思うものは固定するなどの工夫をしてあげましょう。

危険なものは置かない

猫は思ってもみないものをおもちゃにして遊ぶことがます。特に危険なのは、電源コードなどです。なめたりかじったりしているうちに、感電してしまうと大変です。コードカバーなどの工夫をして、安全には配慮が必要です。

また、ビニール袋も要注意です。かじっているうちに食べてしまうと、消化ができずに腸を傷つけてしまう恐れもあります。口にして危険だと思うものは見えないところにしまっておきましょう。

猫の育て方

猫の育て方において、食事はとても大切なので健康管理に気を付けて元気に過ごせるようにしてあげることが大切になります。

また、人と一緒に暮らすには、しつけは仔猫の頃からしっかりと行う方がいいでしょう。

食事

猫の月齢や成長に合わせた食事内容にする

市販のキャットフードにはたくさんの種類があります。猫の月齢や成長に合わせた総合栄養食の表示のあるものを選んであげましょう。

基本的に1日2回・決まった量を与える

猫は、一度にたくさんの量を食べることはできません。基本的に1日2回くらいに分け、決まった量を与えるようにしましょう。餌の与えすぎは、肥満などの原因になり病気を引き起こすこともあるので気を付けましょう。

飲み水は新鮮な水をお皿に常時入れておく

猫は、元々砂漠で生活をしていたため多くの水を必要としません。そのため、水が気に入らないと飲まないで腎臓に負担をかけてしまうことがあります。そうならないために、新鮮な水をいつも与えてください。

猫に与えてはいけないもの

人間の食べ物でも猫にとっては体に毒となる食べ物があります。うっかり与えてしまわないように、下記の食べ物には注意しましょう。

※チョコレート、玉ねぎ、ネギ、ニラ、ぶどう、レーズン、香辛料、コーヒー、ドッグフード、その他人間が食べている加工食品

しつけ

コミュニケーションの取り方

猫のしつけをするときに、餌やおやつを使ったり、ご褒美として遊んであげたりするなどしてあげましょう。猫と上手くコミュニケーションを取ることでしつけていくことが理想です。

叱り方

猫をしつけるときは、叱るタイミングがとても重要です。やってはいけないことをした直後に叱りましょう。間を置いて、タイミングを外してしまうとなぜ叱られたのか理解できません。

罰を与える方法

猫が間違った行動をしたときに与えるのが罰ですが、一貫性を持って与えるのがポイントです。罰の方法には、叩く、閉じ込める、無視するなどがありますが、いき過ぎると体罰になるので注意が必要です。

ご褒美をあげる方法

猫へのご褒美をあげる方法にはいくつかあります。餌やおやつをあげる他に、遊んであげる、撫でてあげる、毛づくろいをしてあげるなど、愛情を持って接してあげるのがいいでしょう。

習慣づける方法

猫は、正しい習慣を身に付ければずっと守り続けてくれます。

例えば、爪とぎ器を常に部屋に置いておくことで、自然とそこ以外ではしなくなります。そのように、猫を叱らない環境作りをすることで、お互いにストレスなく楽しく暮らすことができるようになるでしょう。

ケース別猫を飼う上での注意点

飼う環境によっての注意点をご紹介していきましょう。

マンションで猫を飼う場合

騒音など近隣住民への配慮を

マンションなどの集合住宅は、近隣住民への配慮が必要です。

例えば、夜中に猫が部屋を駆け回るかもしれません。そんな場合も、騒音などのトラブルが発生しないように気を付けたいものです。

一人暮らしで猫を飼う場合

危険なもの・場所がないか確認を

一人暮らしの場合は、どうしても猫だけでの留守番が多くなるかもしれません。留守番のときにも猫が事故に遭わないように、危険な物は外に出さない、危険な場所を作らないなどの注意が必要になります。

多頭飼いや他のペットと一緒に飼う場合

ストレスを感じさせない配慮を

多頭飼いや他のペットと一緒に飼う場合は、お互いが危険やストレスなどがないように飼い主が十分に注意しなければいけません。

捨て猫を飼う場合

早めに動物病院の受診を

捨て猫の場合は、病気などの感染や虚弱体質の可能性もあるでしょう。まずは、動物病院で健康診断を受け、必要であれば治療を施してもらいましょう。

夏の場合

熱中症対策をする

猫は自分にとって快適な場所を見つけるのは得意ですが、留守番をさせるときなどは気温や湿度に気を付けてあげましょう。直射日光が入らないように、カーテンを閉めるなどし、エアコンや部屋の空気の循環を工夫して熱中症の予防をしましょう。

冬の場合

食事量を増やす

暖かい季節に比べると冬の寒い時期は、身体も熱量を多く作り出さなければいけません。そのためこの時期は、食べることが重要になり食事量を増やした方がいいでしょう。

適度な室温・湿度にする

冬の時期は、部屋を暖かくすると思いますが、猫にとって適度な室温や湿度にすることが大切です。床暖などが猫にとって熱い場合もあります。猫が快適な場所に移動できるように工夫をしてあげましょう。

猫の健康状態を知っておこう

普段から猫の健康状態を知るとともに、猫の体調が良くないと感じたら、注意深く観察し必要と思ったらすぐに病院で診察を受けましょう。

猫によく見られる症状

嘔吐

猫の嘔吐にもさまざまあり、吐きそうで吐かない、食べたものをすぐに吐く、激しく吐くなど症状や病気も違う場合があります。嘔吐の場合は、全身の病気や神経や精神的なものなどが原因であることも多いようです。

1日に何度も吐くなどすると、水分も失われますので体力も消耗し、病院に行かなければいけません。嘔吐が激しいと緊急の処置が必要な場合もありますので、すぐに診察を受けましょう。

下痢

一般的に下痢とは、水分の多い排泄ということですが、柔らか過ぎ、量が多い、頻繁に便をするなども含まれます。下痢の状態も水のよう、血が混じる、悪臭がするなどさまざまです。下痢の場合も、病院の受診をおすすめします。

健康状態を確認する方法

健康状態を確認する方法を覚えておくと安心です。ご紹介します。

身体を触って確認する

猫の身体を触って健康状態を確認する方法があります。体全体をやさしく撫でながら、腫れやしこりなどの異常がないかをチェックします。

うんち・おしっこを確認する

猫のうんちやおしっこから健康状態を確認することができます。普段との違いはないか、色や臭い、状態などから判断しましょう。

異変を感じたら動物病院へ

猫に異変を感じたらすぐに動物病院に行くようにすると安心ですね。病気によっては、すぐに処置が必要なものもあります。大切な家族の一員なので、いつも気を付けて健康状態を管理してあげましょう。

家族の一員として一緒に暮らしたい!猫の育て方についてのまとめ

猫を飼いたいと思ったら、猫がどういう動物なのかをまず知りましょう。猫を飼うのに必要なものは何なのか、猫のお世話やしつけの仕方など、ペットとして一緒に暮らしていくのに必要なことを知っておくことで安心して飼い続けることができます。

ペットとして猫を迎え入れる準備ができたら、いつまでも楽しく過ごしていけるようにお世話をしてあげましょう。