ドッグトレーナーになるための基礎知識について

近年、ペットを飼っている人が増えてきているなかで、注目されてきているのがドッグトレーナーの仕事です。

ドッグトレーナーの仕事に関心をもっていて、ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいのだろうとか、自分はドッグトレーナーに向いているだろうかと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、ドッグトレーナーのなり方や、ドッグトレーナーに向いている人、向いていない人など、ドッグトレーナーになるための基礎知識について紹介します。

ドッグトレーナーになるには

ドッグトレーナーになるためには、ということを考えたときに、多くの人がまず疑問に思うのが資格はいるのだろうかということだと思います。ここではドッグトレーナーになるには資格が必要かどうかや、ドッグトレーナーに必要なものについて紹介します。

必須資格はない

ドッグトレーナーになるためには、絶対に資格が必要というわけではありません。実際、資格がない未経験者がアルバイトなどの経験を経てドッグトレーナーとして活躍しているケースも少なくありません。

民間資格が存在する

ドッグトレーナーになるための必須資格はありませんが、民間資格は多数あります。民間資格を設置している企業も様々で、通信で学んで取得することができたり、実践を交えた講義を受けたりするところなど、ドッグトレーナーについて学ぶ過程もいろいろです。

ドッグトレーナーライセンス

ドッグトレーナーの民間資格は多数ありますが、なかでもドッグトレーナーライセンスが有名です。ドッグトレーナーライセンスについては後ほど詳しく解説します。

生き物と関わるため、知識と技術が必要

ドッグトレーナーになるために資格は必須ではないので、資格がないままドッグトレーナーになることも可能です。

しかし、生き物と関わる仕事であるため、しっかりとした知識や技術が必要になってきます。

知識不足や技術不足が原因で犬に大きなストレスを与えてしまったり、健康を損ねてしまうようなことがあってはならない、非常に責任感が求められる仕事になります。

ドッグトレーナーライセンスについて

ドッグトレーナーに資格があれば、仕事を探すときにアピールにもなります。

また、必要な知識をもって仕事に就くことができるので、自信をもって仕事を始めることができるようになります。そんな民間資格のなかでも、有名であるドッグトレーナーライセンスについて紹介します。

ドッグトレーナーライセンスの資格について説明

ドッグトレーナーライセンスとは、日本ドッグトレーナー協会が開設している民間資格で、協会が認定しているスクール「ドッグトレーナーズガレッジ」で受講して試験をクリアすると資格を取得することができます。

ライセンスの種類、受験費用など

ドッグトレーナーライセンスには最も難易度が高いA 級を始め、B級、C級、D級の4種類があります。

A級:飼い主に合わせたしつけや対処方法を学ぶ。認定試験は筆記と実技で費用は10000円

B級:ドッグトレーニングの応用を学ぶ。認定試験は筆記と実技で費用は5000円。

C級:犬に合った接し方ができるようになることを目指す。認定試験は実技試験。

D級:DVDで学習する通信教育になります。

その他の犬に関わる資格

ドッグトレーニングライセンスの他にも犬に関わる資格はいろいろあります。犬に関わる仕事を検討している人はチェックしてみるとよいでしょう。

家庭犬トレーナー

家庭犬トレーナーとは、一般の家庭で飼われている犬を対象に飼育やしつけなどの相談などに対応する資格。国際家庭犬トレーニング協会が認定しています。

愛犬飼育管理士

愛犬飼育管理士は、ジャパンケネルクラブが認定する資格で、犬の飼育の他にも繁殖についてや、動物愛護法といったことも学習していきます。

ドッグハンドラー

ハンドラーとはドッグコンテストに出場する犬をひいて場内を歩く(ハンドリング)をする人です。ハンドリングのためのドッグトレーニングだけではなく、飼育やトリミングなど幅広く学んでいくので、ドッグトレーナーを目指す人にもおすすめの資格です。

ドッグトレーナーになる基本ルート

ドッグトレーナーになるためのルートはいろいろありますが、ここでは多くの人がどのようなルートでなっているかを紹介します。

高校→短大・専門・大学→公認スクール・試験→ドッグトレーナー

一般的なケースは高校から、短大・専門学校・大学へと進学し、公認スクールで学習し、認定試験を合格してドッグトレーナーになるというケースです。

高校からそのまま就職する

高校を卒業してそのまま就職するというルートも可能ではあります。

犬の知識が必要なためまずは資格を取得する人が多い

生き物と接する仕事になるので、仕事を始めたばかりであっても、何も知らない状態で犬と接していくというわけにはいきません。なので、高校からそのまま就職というルートも可能ではありますが、まずは知識を学んで資格を取得するという選択をする人が多いです。

ドッグトレーナーに向いている人

どのような仕事にも向き不向きがありますが、ドッグトレーナーも例外ではありません。

では、ドッグトレーナーに向いている人とはどういった人なのでしょうか。

犬が好き

いろいろな種類や性格をした犬と長時間接し、向き合うことになるので、犬が好きであるというのは必須条件でしょう。

毅然とした態度で対応できる

ドッグトレーナーの仕事は、犬に対して毅然とした態度で対応できることも大切です。犬が好きでも毅然とした態度で接するのはかわいそうな気がしてできない、という人は向いていないでしょう。

忍耐力がある

ドッグトレーナーへ依頼されてくる犬は、基本的にしつけができていなかったり、問題行動を起こしているような犬です。トレーニングをおこなってもなかなかうまくいかないということは当たり前で、忍耐力が必要な仕事になります。

観察力がある

犬は人間の言葉を話すことができないので、しっかり観察して犬の気持ちやちょっとした変化に気付いてあげることが大切です。

ドッグトレーナーに向いていない人

ドッグトレーナーに向いている人を紹介しましたが、逆に向いていない人とはどういった人になるでしょうか。

感情の起伏が激しい

犬は人の感情に敏感なので、感情の起伏が激しい人が相手だと犬が不安になってしまいます。

リアクションが大きい人

感情の起伏が激しい人に通ずることになりますが、リアクションが大きい人も犬を不安にさせたり、犬に信頼してもらえなくなってしまいやすいので向いていない人といえるでしょう。

動揺しやすい人

ドッグトレーナーが接することになる犬のなかには、想定外の行動をする犬もいます。そういったときに大きく動揺してしまう人は、うまく対処することができません。

落ち込みやすい人

犬から信頼を得たり、犬に安心させるためには、前向きな気持ちや態度で接する必要があります。ちょっとしたことで落ち込みやすい人は、その気持ちを犬によまれてしまいます。

知っておきたい!ドッグトレーナーになるための基礎知識のまとめ

ドッグトレーナーになるための基礎知識について紹介しました。ドッグトレーナーになるためには多くの人が事前に知識を学んで資格を取得してから就職を目指す人が多いです。

また、資格を取得さえできれば、簡単にできる仕事というわけではなく、向いている人、向いていない人もいます。これからドッグトレーナーを目指している人は参考にしてみてください。