ドッグトレーナーの仕事内容について

犬が大好きな人であれば、ドッグトレーナーの仕事に一度は関心をもったことがある人も多いのではないでしょうか。ドッグトレーナーは「しつけのプロ」など、何となくイメージできるけど具体的なお仕事はわからないという人もたくさんいるでしょう。

そこで、ドッグトレーナーに関心をもっている人のために、ドッグトレーナーの仕事内容や、どのような活躍の場があるかを紹介していきます。

また、ドッグトレーナーのやりがいについても紹介します。

ドッグトレーナーとは?

まずは、ドッグトレーナーとはどういった職業なのかを解説します。

人と犬が快適に過ごす手助けをする

ドッグトレーナーの仕事をひと言で表現すると、社会で暮らしていく中で、人と犬がお互いに快適に過ごせるように手助けをする仕事です。

飼い犬のしつけをする

人と犬が快適に過ごせる手助けとして、ドッグトレーナーが主におこなうのが飼い犬のしつけです。

正しいしつけをおこなえず、犬が噛み癖や無駄吠えなど問題行動を起こすと、飼い主だけではなく、周囲にも迷惑かけてしまいます。こうした状態は犬にとってもいいことではありません。

また、犬が出しているサインを飼い主にわかってもらえずにストレスとなっていることもあるでしょう。

基本的な動作を身につけさせる

ドッグトレーナーは、犬が人と生活していく上で覚えなくてはならない基本的な動作や、飼い主が改善させることが難しい犬の問題行動の改善を飼い主に代わっておこなって、身につけさせていきます。

男女問わずに人気の職業

ドッグトレーナーに関心をもっている人のなかには、女性でも活躍することができる仕事なのかという疑問をもっている人もいるかもしれませんが、ドッグトレーナーは男女問わず人気の職業です。

実際ドッグトレーナーとして活躍している女性はたくさんいます。

ドッグトレーナーの仕事内容

次は、具体的な仕事内容や大まかな流れについて紹介していきます。

依頼を受ける

飼い主からの依頼がくると、ドッグトレーナの仕事がはじまります。

犬がこの時期になったらと決まっているのではなく、飼い主が必要と判断して依頼してくる犬をしつけるという性質上、取り扱う犬は、生まれて間もない子犬から成犬まで幅広くなります。

飼い犬の問題行動を把握する

依頼を受けたら、飼い主がどのようなしつけを望んでいるか、どのような問題行動を起こしているかなどを飼い主から話を聞いて把握します。

また、生活環境や飼い主がどのようなしつけをしているか、飼い主と犬が主従関係をどれくらい築けているかなど、いろいろと話を聞いて、その犬に適したしつけ方法を探っていきます。

問題行動をしつける

飼い主から得た情報をもとに、その犬に合ったしつけ方法で問題行動をしつけていきます。飼い主から犬を預かることになるので、その間の犬の世話もおこないます。

飼い主をアドバイスする

ドッグトレーナーの仕事は犬のしつけだけではなく、飼い主へのアドバイスもすごく大切な仕事です。ドッグトレーナーが出した指示に犬が従うようになったとしても、飼い主が同じように指示に従わせることができなければ意味がありません。

よって、飼い主が同じようなしつけをおこなえるように、適切なアドバイスする必要があります。

訓練士とは何が違う?

ドッグトレーナーと似た職業に犬の訓練士がありますが、何が違うかわかりますか?

ここでは、ドッグトレーナーと訓練士の違いについて解説します。

訓練の対象となる犬

ドッグトレーナーと訓練士の大きな違いは、訓練やしつけをおこなう対象となる犬が違うことです。

ドッグトレーナー・・・家庭の飼い犬

ドッグトレーナーは、一般の家庭の飼い犬が対象になります。

訓練士・・・使役犬(盲導犬・警察犬・災害援助犬)

ドッグトレーナーが家庭の飼い犬が対象であるのに対して、訓練士は、盲導犬や警察犬、災害援助犬といった使役犬が対象になります。

しつける内容も目的に合わせて異なる

ドッグトレーナーと訓練士とでは、しつけをおこなう対象が異なるので、しつけの内容もそれぞれの目的に合わせておこないます。

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーは、飼い主や犬が快適に過ごしていけるようにしつけていきます。

訓練士

訓練士は、盲導犬、警察犬、災害援助犬などがそれぞれの任務を果たすことができるように訓練していきます。

ドッグトレーナーの活躍の場

ドッグトレーナーとして働きたいと漠然と思っている人も、ドッグトレーナーの活躍の場を知れば具体的にイメージできるようになるでしょう。

ここでは、ドッグトレーナーのいろいろな活躍の場について紹介します。

一般企業

ドッグランの施設やドッグトレーニングを行っている施設、犬と触れ合えるテーマパークなどペット関連の施設がある一般企業で働くのも1つの方法です。

ペットショップ

ペットショップの数は増えてきていますし、ペットショップのなかでしつけ教室をおこなうところもあります。犬に関する知識が豊富で扱いに慣れているドッグトレーナーは,ペットショップでも重宝されるでしょう。

ドッグトレーニングスクール

ペットを飼う人は年々増加しており、それに伴ってドッグトレーニングスクールが増えてきています。そのスタッフとして働くのも1つの方法です。

しつけ教室

ドッグトレーニングスクールと同じように、犬のしつけ教室の数も増えてきています。基本的なしつけから、アジリティの競技大会へのトレーニングなどをおこなっているところもあります。

独立開業

企業のスタッフとして働く他にも、ドッグトレーニングスクールやしつけ教室を開講するなど独立開業して働く方法もあります。

出張トレーニング(開業)

ドッグトレーニングスクールやしつけ教室の他にも、独立開業するなら出張トレーニングという方法もあります。出張トレーニングとは、依頼のあった飼い主さんの家に訪問してしつけをおこなうサービスです。

ドッグトレーナーのやりがい

仕事選びをする際に、やりがいを重視する人もたくさんいるでしょう。

ここでは、ドッグトレーナーのやりがいについて紹介します。

犬と人が幸せになれる

正しいしつけをおこなうことで、飼い主と犬の信頼関係が築いていくことができるようになれば、犬と人が幸せになれます。その機会を与えることができるというのは大きなやりがいになります。

犬と深く触れ合える

犬が大好きな人にとっては、多くの犬と深く触れ合えるのもやりがいとなるでしょう。犬と向き合ってコミュニケーションがとれるようになれたり、問題行動を改善することができるようになったときの喜びにやりがいを感じる人はたくさんいるでしょう。

社会貢献になる

ペットを飼う人が増えてきて、幸せな日々を過ごしている人が増えている一方、犬のことで悩んでいる人が増えているのも現状です。そんな人たちや犬の悩みを解決していくことは社会貢献にもつながります。

しつけだけじゃない!ドッグトレーナーの仕事内容についてご紹介のまとめ

ドッグトレーナーの仕事内容や活躍の場、やりがいなどについて紹介しました。

ドッグトレーナーという職業は、非常にやりがいのある仕事であり、活躍できる場もだんだん増えてきています。

ドッグトレーナーの仕事に関心がある人や、ドッグトレーナーとして活躍してみたいなと思っている人は参考にしてみてください。