子犬のしつけ方法は?始める時期と順番について

犬を飼う際に必要となるのがしつけです。飼い主と愛犬、共に安心して快適な生活過ごすためには、しっかりとしつけをおこなうことが大切です。

・しつけはいつから始めるべき?

・何からしつけをすればいいのかわからない

・思うようにしつけることができない

というように、しつけに関してわからないことや悩みを持っている飼い主さんは少なくないでしょう。

そこで、子犬のしつけ方法や始める時期、順番など、子犬のしつけについていろいろと紹介していきます。しつけに関する悩みをお持ちの方はチェックしてみてください。

犬のしつけはいつから始める?

犬を飼い始める飼い主さんの中には、犬のしつけはいつから始めればいいのかという疑問を持っている方もいるでしょう。

まずは、犬のしつけはいつから始めた方が良いのかについて解説します。

生後2ヶ月~3ヶ月頃から始める

犬のしつけは生後2カ月~3ヶ月頃から始めるのがおすすめです。犬はこれくらいの時期から脳が急激に発達し始めると言われています。

それより前から飼い始めるという場合は、生後2カ月~3ヶ月の時期になるまでは愛情をたくさん注いで安心させ、人や環境に慣れさせる時期として育てていきましょう。

以降は子犬を迎えた日から始める

既に、生後2カ月~3ヶ月経っている子犬を飼い始めるという場合は、しつけを始めるのは早ければ早いほど良いので、子犬を迎え入れた日から始めるのがおすすめです。

子犬の頃から始めた方が、ストレスなく覚えやすい

飼い主さんの中には、小さいうちにいろいろ教えるのは可哀想だからもうちょっと大きくなってからしつけていけば良いのでは、と思う人もいるかもしれません。

しかし、子犬の頃は脳が急激に成長していくため、いろいろな物事に柔軟に対応していくことができます。よって、しつけは子犬の頃に始めた方が、ストレスなく覚えていきやすいのです。

また、子犬の頃にしっかりとしつけを覚えることができれば、犬も安心して快適に過ごせるようになるので、できるだけ早くしつけを始めるべきです。

子犬のしつけの順番は?

犬のしつけは子犬の頃から始めるのがおすすめですが、いきなりたくさんのことを詰め込もうとしても子犬は困惑してしまいます。簡単にできることや大切なことを考慮して順番に教えていくのがおすすめです。

信頼関係→家でのルール→外でのルール

子犬のしつけの順番を考える際には、まず犬との信頼関係を築いていくためのしつけから始めましょう。次に、家で生活していくなかで必要なしつけをおこないます。

最後に、外に出たときに必要となるしつけをおこなうという順番に考えていくのが基本です。

名前を呼ぶ、覚えさせる

まずは、名前を積極的に呼んで、名前を覚えさせましょう。名前を覚えて、呼ばれたら飼い主の方をきちんと見ることができるようになると、その後のしつけがすごくやりやすくなります。

名前を呼んで、こっちを見たらしっかりと褒めてあげたり、ご褒美をあげたりすると、自分の名前が呼ばれるのが楽しくなり、早く覚えるのでおすすめです。

アイコンタクト

名前を覚えて、名前を呼ぶと飼い主の方を見るようになったら、こっちもしっかりと犬の目を見てアイコンタクトを行います。しっかりとアイコンタクトがとれたら、すぐに褒めてあげましょう。

しつけの前に信頼関係を築くこと

犬を呼べば、ちゃんとアイコンタクトがとれる状態になれば、飼い主と犬の信頼関係ができていると言えます。これから犬のしつけを行っていくにあたって、信頼関係を築いていくことが大切になるので、しっかりとアイコンタクトで信頼関係を築いていきましょう。

その後のしつけがおこないやすくなる

犬との信頼関係を築くことができ、犬が飼い主を信頼すると犬は飼い主のことをリーダーと認めるようになります。犬はリーダーと認めた人に対しては従順に従おうとするので、その後のしつけがおこないやすくなります。

ボディコントロール

ボディコントロールもいろいろな場面で必要となるので、早めにしつけておくべきです。ボディコントロールとは、いろいろな箇所に触れたり、仰向けにするなど体勢を動かしたりすることです。

ボディコントロールができないと治療やブラッシング、トリミングなどのケアもスムーズに行うことができません。背中や頭などは嫌がらないケースが多いので、そういったところから徐々に触られることに慣れさせましょう。

トイレ

決まった場所でできるようにトイレのしつけも早い段階でおこないたいところです。排泄したくなると、そわそわしてくるので、まだトイレの場所がわかっていない場合はトイレへ誘導しましょう。

排泄をする時に「シー、シー」と声をかけてあげたり、上手にできた時にしっかりと褒めてあげるとトイレの場所を覚えやすくなります。

ハウス

外出時やトリミングなど、ケージやサークルに入るケースは後々出てくるので、ケージに入ることに慣れておくことも大切です。

「ハウス」など指示語を決めて、指示語を言えばケージに入るようにしつけをします。おやつなどでケージの方に誘導したり、きちんと入ったら褒めたりすると覚えやすくなります。

また、ケージを清潔にして、過ごしやすい場所と思わせるのも大切です。

呼び戻し

飼い主が読んだら飼い主のところへちゃんと来るようにしつけておくことで、散歩や外出時に、危険な目に遭うのを防ぐことができます。

「おいで」など指示語を決めて犬を呼んで、ちゃんときたら褒めてあげましょう。

最初のうちは愛犬が好きなおやつやおもちゃを持って呼ぶと上手くいきやすいです。

お座り/マテ

お座りやマテは、犬が興奮して人や危険な場所に飛びついたりしそうなときに落ち着かせるために必要になります。

「お座り」「マテ」などの指示語を決めて、その体勢になったら褒めてあげるというのを繰り返して覚えさせていきましょう

子犬をしつけるときのポイント

子犬をしつけるときは順番だけではなく、いつくかのポイントを守ることで覚えやすくなります。ここでは、子犬をしつけるときのポイントを紹介します。

しつける時間は短く

早く覚えてほしいと思って、たくさん時間をかけて覚えさせようと思う飼い主さんもいるかもしれませんが、子犬はしつけが嫌いにならないためにも時間は短くするのがポイントです。

1回のしつけ時間1~3分程度

子犬が集中できる時間は長くありません。1回のしつけの時間は1~3分程度を目安にしておきましょう。

指示語を統一する

「おいで」「ハウス」などしつけをする際に、指示語を言いながらしつけをするのは有効な手段ですが、毎回指示語が変わってしまうと犬は困惑してしまいます。

子犬が困惑しないように家族内で決めておく

飼い主が指示語を統一していても、周囲の家族が違う指示語を使ってしまうと子犬が困惑してしまいます。家族がいる場合は家族で指示語を統一しておきましょう。

トイレの最中や呼んだ後は決して怒らない

犬がトイレをしている最中や名前を呼んだ後は怒らないことも、しつけ中は大切です。なぜ怒るといけないかは、次のとおりです。

いけないこと、嫌なことと思い込む

トイレからはみ出して排泄したり、いたずらをしたりしているときがあります。排泄中につい怒ってしまったり、名前を呼んで怒ったりしてしまいがちですが、そうすると排泄すること自体や名前を呼ばれること自体を嫌なことと思い込んでしまいます。

何がいけないかを明確に理解できず困惑する

トイレの最中に怒ると、排泄することを怒られていると勘違いすることがあります。名前を呼んで怒られても、何を怒られたのかを理解することができません。

また、いたずらなどダメな行為をした場合は、名前ではなく「ダメ」など別の指示語を使って、ダメな行為をしているときに注意しましょう。

しつけをするときの注意点

しつけをする時は以下の点に注意しておこなう必要があります。

厳しくおこなうのではなく、愛情をかけてしつける

しつけに一生懸命になり過ぎたり、なかなか上手くいかないとついつい厳しくなってしまいがちですが、愛情をかけてしつけることが大切です。

順番にこだわりすぎず、子犬の様子を見ながらおこなう

しつけは、基本的に簡単なことや大切なことから順番に覚えていった方が良いですが、順番にこだわりすぎるのも良くありません。中には簡単なことでも苦手な子犬もいるので、そういった場合は、他のことを先に教えながら徐々に覚えさせるといった柔軟な対応をしていきましょう。

先住犬がいる場合

これから犬のしつけをする飼い主さんの中には、既に先住犬がいる人もいるでしょう。先住犬がいる場合は、しつけの際に注意しておきたい点がいくつかあります。

食事の順番や抱っこ等は先住犬が先

食事をあげたり、抱っこをする際に、新しい環境で過ごす新しい子犬を優先させてしまいがちですが、食事や抱っこの順番は先住犬を先にするべきです。

主従関係を教える

食事や抱っこなどの順番を先住犬が先とすることで、子犬に主従関係を教えることができます。先住犬が上であると教えることで、先住犬が頼れる存在となり、子犬を安心させることができます。

手を出すのは絶対NG

犬のしつけをおこなう時に、手を出すのは絶対にいけません。人はその時だけ怒って叩いたつもりでも、犬はずっと憶えていて、飼い主や飼い主の手がずっと怖くなって信頼関係が壊れてしまいます。

叩くふりもダメ

叩くのがダメなら、叩くふりならいいだろうと思う人もいるかもしれませんが、叩くふりも良くありません。叩くふりも犬を怖がらせるので、飼い主のことが信頼できなくなったり、反抗的になったりしてしまいます。

正しく覚えたい!子犬のしつけ方法は?始める時期と順番についてのまとめ

子犬のしつけを始める時期や順番、しつけの方法などを紹介しました。

しつけは子犬が安心、安全に暮らしていくためや周囲に迷惑をかけないためにも必要な物です。

最初から上手くいかないこともありますし、覚えるまで時間がかかることもありますが、愛情をかけてしつけをおこなって、少しずつ覚えさせていきましょう。