犬が無駄吠えする理由と対策について

犬を飼っている飼い主さんの悩みで多いのが、無駄吠えです。

「犬の無駄吠えのしつけ方がわからない」

「どうして無駄吠えするの?」

「無駄吠えは近所迷惑になるのでなんとかしたい」

と、思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。犬が無駄吠えをする理由はいろいろあるので、その理由にあった対策をしていくことが必要になります。

ここでは、犬が無駄吠えする理由や無駄吠えをなおすためのしつけ方などについて紹介していきます。

無駄吠えってどういう行動?

まずは、そもそも無駄吠えとはどういう行動を指すのかについて解説します。

吠える必要のないところで吠えること

無駄吠えとは、無駄という言葉からもわかるように、吠える必要のないところで吠える行動です。

しつけの対象となる問題行動

無駄吠えは、犬の感情表現の1つなので犬にとってはごく自然な行動です。

しかしながら、人間の社会で生活していくためには問題行動となるので、飼い主さんがしっかりとしつけていく必要があります。

犬が無駄吠えをする理由

犬の無駄吠えは、人にとっては意味なく吠えているように思えるかもしれませんが、無駄吠えをするのには理由があります。

理由はいろいろあって、その犬の性格やシチュエーションよって異なってきます。

恐怖心

犬の無駄吠えは、恐怖心が理由であるケースも多いです。自分のテリトリーが侵されるかもしれないとか、初めて見る人や物、外部からの音などに不安になって吠えることがあります。

知らない人に対する警戒など

恐怖心が理由の無駄吠えの代表例は、知らない人に対しての無駄吠えです。人をびっくりさせてしまう行為になるので、しっかり対策をとる必要があります。

恐怖心が理由の無駄吠えには、その他にも、

サイレンの音

玄関のインターホンの音

他の犬

などがあります。

おねだり

飼い主などに対して、自分の要求を満たしたくて自分に注意を向けさせ、おねだりをするという意味で無駄吠えするケースもあります。

食べ物がほしいなど

おねだりするために無駄吠えするケースは、ご飯やおやつなど食べ物がほしいときの他にも、

遊んでほしい

かまってほしい

散歩に連れて行ってほしい

など、いろいろなケースがあります。

興奮

無駄吠えするケースのなかには、気持ちが高ぶって興奮するケースもあります。

エネルギーが余っている状態、運動不足など

散歩に連れて行ってもらえない(散歩の量が足りない)とか、遊んでもらう量が少ないなどで運動不足になっていると興奮しやすくなります。

また、嬉しくて気持ちが高ぶって興奮することもあります。飼い主以外の人が来たときに無駄吠えする場合、警戒して吠えることもありますが、嬉しくて興奮し無駄吠えするケースも少なくありません。

分離不安

無駄吠えする犬のなかには、分離不安が原因となっている場合もあります。分離不安の犬はいろいろな問題行動を起こしてしまいますが、問題行動の1つとして無駄吠えすることもあります。

孤独、寂しい

分離不安とは飼い主に依存し過ぎるあまりに、飼い主にかまってもらえないときや、留守中にすごく孤独を感じたり寂しい気持ちになって、その不安を対処しようとして問題行動を起こしてしまいます。

病気や怪我

犬は、病気になったり怪我をしているときに無駄吠えをするケースもあります。これまで無駄吠えしなかったのに急にするようになった場合は、どこか異変がないか注意したり、獣医さんに相談してみた方がよいでしょう。

体のどこかが痛い状態

体のどこかが痛かったり、体の不調があると不安になって無駄吠えすることがあります。

また、老犬になって認知症になると、これまで吠えていなかった犬でも無駄吠えするようになることもあります。

無駄吠えをなおすしつけ方

これまで紹介してきたように、犬が無駄吠えする理由や原因はいろいろあるので、その理由に合った直し方やしつけ方が必要になります。

ここでは、無駄吠えをなおすしつけ方をタイプ別に紹介していきます。

要求に応えない

犬が無駄吠えをすると、吠えるのを早く黙らせようとして要求に応えてしまいがちですが、無駄吠えをなおすためには、要求に応えないのが効果的です。

吠えても無意味と思わせる

無駄吠えをしている間は、要求に応えずに吠えるのをやめるまで待ちます。それをくり返していると、吠えても意味がないのだなと覚えます。

そして、吠えるのをやめたら褒めてあげたり、要求に応えてあげることによって、むしろ吠えない方がいいことがあるな、と覚えます。

おねだりの無駄吠えに効果的

要求に応えないというしつけ方は、おねだりの無駄吠えに効果的です。無駄吠えするたびに要求に応えていると、無駄吠えがどんどんエスカレートしていくので注意が必要です。

音を出す

無駄吠えするときに、何か音を出して犬をびっくりさせる方法もあります。無駄吠えすると嫌なことがあると思い無駄吠えしなくなります。

恐怖心や警戒心の無駄吠えに効果的

音を出すことによって無駄吠えをなおす方法は、恐怖心や警戒心による無駄吠えをする犬に効果的です。

音を出すときは、その音を飼い主が出しているということを犬に気付かれないようにするのがポイントです。

抱き上げると褒められていると勘違いする

恐怖心や警戒心が理由で無駄吠えをしていると、抱っこして安心させようとしてしまいがちですが、無駄吠えしているときに抱き上げると、褒められていると勘違いし同じようなシチュエーションで無駄吠えをやめなくなってしまうので注意が必要です。

放置する

無駄吠えの理由によっては、あえて放置するのが効果的なケースもあります。

遠吠え系に効果的

飼い主が別の部屋にいたり、外出をしたりすると遠吠えをすることもありますが、こうしたケースではあえて放置するのが効果的です。

寂しがっているところを構うと改善されない

寂しくて無駄吠えをしていると、ついつい構ってあげたくなりますが、そのたびに構っていると構ってほしかったら無駄吠えすればいいのか、と思ってしまい、いつまでも改善することができません。

徐々に慣れさせていくことがポイント

生活をしていると、どうしても構ってあげることができなかったり、留守番をさせることになるので、そういった場面に慣れさせる必要があります。

これまで構い過ぎていたという場合は、あえて放置する時間を増やして、徐々に慣れさせていきましょう。

主従関係を教える

無駄吠えに悩んでいるご家庭のなかには、主従関係が築けていないケースや上下関係が逆転してしまっているケースも少なくありません。

そういう場合は主従関係をしっかりと教えることが必要です。

威嚇系に効果的

攻撃的に無駄吠えをしてくるという場合は、まずは主従関係を教えるという対策が効果的です。犬にリーダーと認識してもらえるように、毅然とした態度でしつけをおこなっていきましょう。

改善されない場合は

いろいろと試してみたけど無駄吠えがなかなか改善されない、というケースもあるでしょう。そういった場合の対策をご紹介します。

無駄吠え防止のグッズを活用

無駄吠えが改善されない場合、無駄吠え防止のグッズを活用するのも1つの方法です。無駄吠え防止スプレーや、無害な超音波や高周波がでるものなど、いろいろなグッズがあります。

しつけ教室に通う

犬のしつけ教室に通うのも良い方法です。しつけのプロからアドバイスをもらったり、同じ悩みをもつ飼い主さんと情報を共有することができます。

獣医、ドッグトレーナーに相談

犬を取り扱う専門家である獣医やドッグトレーナーに相談してみるのもおすすめです。どういったシチュエーションで無駄吠えをするか説明して、アドバイスをもらいましょう。

徹底解説!犬が無駄吠えする理由と対策教えます!のまとめ

犬が無駄吠えする理由と対策について紹介しました。

無駄吠えをやめさせることができないと、飼い主さんにとってもストレスになりますし、周囲にも迷惑かけてしまうことがあります。

無駄吠えをなおすためには、吠える理由を把握して、その理由に合ったしつけや対策をおこなうことが大切です。無駄吠えがなくなるまで根気が必要になりますが、頑張って徐々に改善していきましょう。