犬に信頼される主従関係の築き方とは

あなたは愛犬に信頼されていて、良い主従関係を築けているでしょうか?犬を飼っていくにあたって、犬に信頼される主従関係を築いていくことは重要になります。

ここでは、なぜ主従関係を築いていくことが必要であるかについてや、主従関係を築けているかをチェックする方法、関係が逆転してしまうと愛犬がどのような行動をとるかなどを紹介し、愛犬から信頼される主従関係の築き方について紹介していきます。

愛犬と良い主従関係の作り方を知りたいという方はぜひチェックしてみてください。

主従関係を必要とする理由

飼い主さんの中には

・主従関係(上下関係)をつくるのは愛犬が可哀想な気がする

・無理に従わせるのではなく愛犬の好きなようにさせてあげたい

という考えがあって、主従関係はあまり必要ないのではと思っている方もいるかもしれません。

しかし、主従関係を築いていくことは、飼い主にとってだけではなく愛犬にとっても大切なことになります。

では、どうして主従関係を築いていくべきなのか、その理由について紹介していきます。

人間社会のルールで暮らすため

人が犬を飼う場合、飼われた犬は人間社会のルールで暮らしていくことになります。特に犬の場合は、散歩やお出かけなど他のペットと比べても外に出る機会も多く、いろいろな場所や人と接することになります。

そういった場面では、人がルールに従って過ごすのと同じように犬も人間社会のルールに従う必要があります。

しかし、愛犬との主従関係を築けていないと、そういった場面で人間社会のルールに従わせることができず、周囲の人に吠えたり、噛みつこうとしたりして周囲の人に迷惑をかけたり危害を加えてしまう可能性があります。

愛犬を危険から守るため

主従関係を築くことが必要なのは、周囲の人に迷惑をかけないためだけではなく愛犬を危険から守るためにも必要です。

家から一歩外に出れば、自転車や車も走っています。愛犬が飼い主の指示も聞かずに飛び出してしまうような状態であれば、事故に遭う可能性も高くなってしまいます。

また、食べてはいけない物が道に落ちていた場合も、主従関係が築けていないと口にしてしまう可能性が高くなります。

このように愛犬が危険な目に遭わないためには、主従関係を築いておき、愛犬が飼い主の判断や指示に注目してきちんと従う状態をつくっておくことが必要になります。

飼い主が責任をもたなければいけない

愛犬が周囲に迷惑をかけたり、危険な目に遭ったりしないようにするためには飼い主が責任をもって従わせる必要があります。

もともと、犬は野生では群れで生活をしていて、その群れのリーダーに従って生活していました。人が犬を飼う場合は、人がリーダーとなって犬にとって頼りになる存在になる必要があります。

関係が逆転した時に愛犬がとる行動

犬は飼い主との主従関係ができあがっていて、飼い主のことを信頼できるリーダーと認識しているとすごく安心し、指示にも従うようになります。

しかし、飼い主のことが信頼できない(リーダーとして認められない)と思うようになると、自分がリーダーになろうとして関係が逆転してしまいます。

飼い主と犬との関係が逆転してしまっているかどうかは、犬の行動によっても判断することができます。

ここでは、関係が逆転したときに犬がどのような行動をとるかを紹介します。

マウンティングをとる

マウンティングとは馬乗り(マウント)になるという意味で、犬や物に対しても行いますが人に対して行う場合は、腕や足にマウントして腰を振ります。

飼い主に対してマウンティングをする場合は、自分の方がリーダーだと思っている可能性が高く、放っておくとどんどん自分の方が上だと思うようになり、言うことを聞かなくなってしまいます。

愛犬がマウンティングをとる場合は、毅然とした態度でマウンティングをやめさせて注意することが大切です。

吠える

主従関係がうまく築けていないと、犬は吠えやすくなります。吠える理由は、

・体調の不調

・警戒

・欲求や不満(かまってほしい、食べ物がほしい、散歩に行きたい)

などがさまざまなものが考えられます。そうした理由を飼い主が気付いて原因となっているものを取り除いていくことで、吠えるのをやめるようになったり、信頼してもらえるようになります。

唸る

興奮したり、恐怖を感じた時などに犬は唸ることがありますが、主従関係が逆転してしまっている場合、飼い主に唸ることがあります。

食事中に近づいたり、おもちゃを取り上げようとしたり、今いる場所から移動させようとするときなどに唸るという場合は、主従関係を築いて唸り癖を改善していくことが大切です。

噛みつく

主従関係が逆転してしまっていると、気に入らないことがあったら噛みついて止めさせたらいいと考えるようになるケースもあります。

噛み癖をそのままにしておくと、周囲にも迷惑をかけることになってしまうので、正しい主従関係を築いていくことで噛み癖を改善していくことが大切です。

主従関係のチェックポイント

愛犬と主従関係を築けているかどうか、わからないという飼い主さんもいるかもしれません。ここでは、主従関係が築けているかどうかのチェックポイントを紹介します。

呼んだらすぐに来るか

愛犬の名前を呼んだらすぐに自分のところに来るかどうかで、主従関係をチェックすることができます。

愛犬がおもちゃや食べ物など他のことに夢中になっていても、一度名前を呼べばすぐにやってくるという場合は主従関係がしっかり築けていると判断することができます。

来ない場合は?

何度も呼ばないと来ないという場合や、呼んでも全く来ないという場合は、まだ主従関係がきちんと築けていません。一度呼んだらすぐに自分の元に来るようにしつけを行なって主従関係を築いていく必要があります。

また、呼び方や呼ぶ時の声の強さが呼ぶ度に異なっていることが原因で呼んでも来ない場合もあるので、呼ぶ時は毎回同じように呼びかけるのがポイントです。

体を触らせるか

愛犬が体を触らせてくれるかどうかも、主従関係が築けているかのチェックポイントになります。

特に、お腹や口、足先などは犬にとって敏感な部位なので、信頼している相手ではないと嫌がって触らせようとしません。こうした部分を触っても嫌がらずに触らしてくれるという場合は、犬が信頼している証拠であり、主従関係が築けていると判断することができます。

なかなか触らせてもらえないという場合や、触ったら嫌がるという場合は、少しずつ触られることに慣れさせていくことが大切ですし、愛犬にもっと信頼してもらえるように努力することが大切です。

嫌がる場合は?

触ったら嫌がる場合は少しずつ触られることに慣れさせていくことが大切ですし、愛犬にもっと信頼してもらえるように努力することが大切になります。

お腹を見せるか

お腹は犬にとって弱い部分になるので、信頼している相手ではないと見せようとしません。愛犬がお腹を見せてくる場合や仰向けにしてお腹を見ようとしても抵抗しない場合は、飼い主のことを信頼しており主従関係を築けていると判断することができます。

唸る、逃げる場合は?

お腹を見ようと犬を仰向けにしようとするときに唸ったり、逃げたりする場合は主従関係が築けていないので、徐々に信頼してもらえるように努力することが大切になります。

問題行動が多い

家の物をかじってボロボロにするなど、問題行動が多い場合は、飼い主のことをリーダーと思っておらず、飼い主の言うことを聞く必要はないと思っています。

主従関係が築けていれば、問題行動を起こしてもきちんと注意すれば言うことを聞いて問題を起こさなくなります。

散歩中に引っ張られる

散歩中に犬に引っ張られている場合は、犬は自分の方が上で先導していると思っています。正しい主従関係ができていれば、飼い主の横や少し後ろで歩きます。

背中にのってくる

犬は自分が上と思っている相手には、上にのって自分が上であることを知らしめようとします。正しい主従関係が築けていれば、リーダーである飼い主の背中にのろうとしません。

ごはんを吠えて要求する

主従関係が逆転していると、吠えたらごはんがもらえると思って、お腹が空くたびに吠えるようになります。そのたびにごはんをあげていると余計に主従関係が逆転してしまい、ますます吠えるようになってしまいます。

主従関係の築き方

主従関係を築くことの大切さを紹介しましたが、ではどのように主従関係を築いていけばよいでしょうか。ここでは、主従関係の築き方について紹介します。

ホールディング

主従関係を築いていく方法としてホールディングが効果的です。ホールディングとは犬の身体を固定することで、飼い主が座った状態で犬を仰向けの状態で足にのせて静止させます。

飼い主が優位であることを教える

ホールディングをして、犬を落ち着かせることで飼い主が優位であることを教えることができます。しかし、途中で嫌がったからといってやめてしまうと、嫌がればやめると覚えてしまい、逆効果となるので注意が必要です。

要求に素直に応じない

ごはんやおやつがほしい、散歩に行きたいなど、犬はいろいろな要求をしますが、そのたびに要求に応じてしまうと、主従関係が逆転してしまいます。あくまで飼い主のペースで行って主導権は飼い主にあるということを理解させることが大切です。

叶える前にひとつ指示をだす

要求を叶える前にひとつ指示をだすのも効果的です。指示をだして愛犬が従ったら要求を叶えてあげることで、飼い主が主導権をもつことができます。

飼い主が先を行く

場所を移動する際に犬は先に行くのがリーダーの役割と考えるので、飼い主が先に行くことで、飼い主がリーダーであることを認識させることができます。

散歩、家に入る

散歩や家に入るときに犬に先に入らせているという人は、飼い主が先に入るようにして飼い主がリーダーであることを認識させましょう。

知りたい!犬に信頼される主従関係の築き方のまとめ

正しい主従関係を築いていくことは、飼い主が飼いやすくなるというだけではなく、愛犬が人間社会のルールのなかで安全に暮らしていくためにも必要なことです。

また、正しい主従関係を築けているということは、犬にとって頼りになるリーダーがいて安心して暮らせているということにもつながります。愛犬が安心して暮らせているかを知るためにも、主従関係を築けているか、関係が逆転してしまってないかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

そして、愛犬の気持ちを考えて理解していくことで、信頼される飼い主となって、少しずつ良い主従関係を築いていきましょう。