犬のトイレのしつけについて

犬のしつけで、悩みをお持ちの飼い主さんはたくさんいると思いますが、中でも犬のトイレのしつけがうまくいかないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

子犬のしつけの中でもトイレのしつけはすごく大切ですが、間違ったしつけ方で覚えさせようとするといつまでも上手くいかないことがあります。

そこで、しつけをおこなう前に知っておくべき事前知識や用意しておく物、うまくいくためのコツ、うまくいかないときに考えられる理由など犬のトイレのしつけ方について紹介します。

犬のトイレトレーニング

まずは、犬のトイレトレーニングはいつからおこなうべきかについて解説します。

また、犬にトイレを覚えさせることの重要性についても紹介します。

トイレは犬を迎えた日からおこなう

トイレのしつけは犬を迎えた日からすぐにおこなうべきです。

「まだ来たばっかりだから」

「もうちょっと大きくなってからでいいのでは?」

と考える飼い主さんもいるかもしれませんが、トイレは食事と同じように迎えた日から行うものですし、少しでも早くトレーニングを始めた方が習慣になりやすくなります。

日にちをおくとどこでもいいと思い込む

犬を迎えた日から日にちをおいてしまうと、犬はどこでトイレをしていいと思い込んでしまいます。

どこでもいいと思ってから、「ココはダメ」と怒られても犬は困惑してしまいますし、覚えるまでに時間がかかってしまうことになります。

2~3週間以内に覚えさせるのが理想

トイレがきちんとできるようになるまでの期間は、犬の種類や個々の性格によっても異なりますが、2~3週間以内に覚えさせるのが理想です。

これから始める方はこれくらいの期間を目安にするとよいでしょう。

遅くても1ヶ月以内

犬がトイレを覚えるまでにかかる期間は個人差がありますが、飼い主や犬の負担を考えても遅くても1ヶ月以内には覚えさせましょう。

それ以上の期間、トレーニングをしても憶えないという場合は、かかりつけの獣医やドッグトレーニングのトレーナーなど専門家に相談するのも1つの方法です。

トイレを覚えさせることは必須

トイレを覚えなくても、散歩中に外でさせれば大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、どうしても散歩に行けない日もあるでしょうし、長時間家でお留守番をすることになることもあるでしょう。

また、ドッグカフェや宿泊施設など、犬が利用することができるところを利用する際にも、トイレのしつけができていないと、粗相をして周囲に迷惑をかけることになってしまいます。

しつけ前の事前知識

次は、しつけ前に飼い主さんが知っておくべきことについて紹介します。事前に知っておくのとおかないのとではしつけに大きな差が出てくるので、しっかりと押さえておきましょう。

トイレの場所は教えないと分からない

犬はトイレの場所は教えないと分かりません。トイレシーツを置いておけば、そのうち勝手にそこでするだろうと放っておくと、いつまでも覚えることができません。

犬はきれい好き

犬はすごくきれい好きです。生活スペースやトイレは清潔な状態を保つことを意識しておくと、トイレも憶えやすくなります。

生活スペースとトイレスペースが近いのはNG

トイレスペースの位置を考えるときは、生活スペースにあまり近づけないようにしましょう。生活スペースと近いと区別がつきにくいので、正確な場所を覚えにくくなってしまいます。

スペースが汚いと覚えづらい

トイレスペースは、常に清潔にしておくことが大切です。犬はきれい好きなのでトイレスペースが汚いと、そこでトイレをしたくないと思って違う場所にしてしまうこともあります。

トイレを覚えるまで根気強く、目を離さない

子犬がトイレを覚えるまでは、ある程度の期間が必要です。覚えるまでは根気が必要であることを事前に心得ておきましょう。

また、犬が早くトイレを覚えるコツは、飼い主がしっかりと様子をみておくことです。

どういうタイミングでトイレに行きたくなっているかや、トイレに行きたいときはどのような様子かなど、目を離さず見守ってあげましょう。

トイレは愛犬が落ち着ける場所に設置する

犬は落ち着いた状態じゃないとなかなか排泄しようとしません。よって、普段から犬の様子を見て落ち着いている場所にトイレを設置することで、犬がトイレを覚えやすくなります。

トイレのしつけに必要なもの

次は、トイレのしつけをおこなうときに最低限必要なものを紹介します。

サークル、ゲージ

サークルやケージの外にトイレを設置する場合は、できるだけ寝床から離して設置します。

また、サークルやケージの中にトイレを設置する場合は、寝床とトイレの場所がしっかりと区別することを意識して設置します。

トイレシーツ

トイレシーツの上に排泄できたという成功体験を増やしていくためにも、最初は広めに設置するのがおすすめで、多めに用意しておきましょう。

犬のトイレのしつけ方

犬にトイレを覚えさせるためには、正しいしつけ方で覚えさせていく必要があります。ここでは、犬のトイレのしつけ方を具体的に紹介します。

具体的なしつけ方を紹介

犬をハウスの中に入れて、犬がトイレに行きたくなるまで様子をみておき、トイレに行きたそうだと思ったらトイレの方に連れていきます。

そして、「シー、シー」と掛け声を出して排泄するのを待ちます。

飼い主が連れて行ってトイレで排泄するということに何度か成功したら、徐々に、連れていかなくても自分でトイレに向かうようにします。

トイレのサインを察知する

最初は、飼い主さんが犬をトイレへ誘導して場所を覚えさせる必要があるので、犬のトイレのサインを察知することが大切になります。

そわそわ、床の匂いを嗅ぐ

毎日観察していると、落ち着きがなくなってそわそわしてきたり、クンクンと床の匂いを嗅ぎ始めるなどトイレのサインを察知することができるようになってくるので、見逃さないようにしっかりと観察しておきましょう。

できたらご褒美をあげる

トイレを覚えさせるコツは、ちゃんとトイレで排泄出来たら、しっかりと褒めてご褒美をあげることです。

褒めたりご褒美をあげることで、ここできちんとトイレをすれば嬉しいことがあると思わせ、トイレが楽しい体験であると思わせることが大切です。

トイレトレーニングを失敗する理由

トイレトレーニングがなかなかうまくいかないという場合、以下のことが理由で上手くいっていない可能性があります。

トイレを違うところで覚えてる、覚えていない

トイレを設置しているところでしてくれないという場合、違う場所をトイレと思っているか、トイレがどこか全く覚えていないと考えられます。

トイレに行きたそうになったら飼い主が連れていってさせるところから始めましょう。

匂い、足裏の感覚で認識している

犬はココがトイレという認識は、匂いや足裏の感覚でおこなっています。

よって、違う場所でもトイレをするという場合は、トイレシーツの周りにも多めにトイレシーツを敷きつめておき、シーツを踏んだ状態でトイレをする習慣をつけましょう。

そして、本来してもらいたいトイレシーツで排泄する確率が上がってきたら、遠目のシーツから減らしていって、最終的にシーツ1枚になるのを目指します。

また、トイレをきちんと覚えるまでは、おしっこの匂いをあえてシーツに残しておくと認識しやすくなります。

トイレスペースがきれいではない

犬はきれい好きなので、トイレスペースが汚い場合は、トイレスペースがきれいではないのが理由で違う場所でしている可能性があります。

トイレスペース内で怒られたことがある

トイレに誘導しようとしてもなかなかトイレに行ってくれない場合、トイレスペース内で怒られたことがあるのが理由である可能性もあります。

トイレスペース内で怒られたことがあると、トイレスペースに行くと怒られると思ってしまいトイレに行くのを避けようとしてしまうことがあります。トイレスペース内にいるときに怒らないようにしましょう。

子犬でもできる?!犬のトイレのしつけについて解説!のまとめ

犬のトイレのしつけについて紹介しました。犬が人間社会で生活していく上でトイレを覚えることは欠かすことができません。

正しい方法で根気強くしつけをしていくと、犬はちゃんとトイレを覚えてくれるので、正しい知識でしっかりとしつけをおこないましょう。

また、愛情をもってしつけをおこなって、うまくいったときはいっぱい褒めてあげましょう。