ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについて解説!

ペットシッターは、ペットホテルを利用するよりもメリットが多くあります。ペットを大事に思っている飼い主の方でしたら、ペットのストレスの少ないペットシッターを利用してみようかと思っているのではないでしょうか。

しかし、よく知らない人が留守中に来ることを考えたら不安になりますよね。

また、大事なペットがきちんとしたお世話を受けられるか心配にもなります。そんな不安な気持ちを解消するためにも、ここではペットシッターと飼い主との間でよくあるトラブルについて解説していきます。

ペットシッターを利用するメリット

ペットシッターを利用するにあたり、ペットにしても飼い主の方にとっても、メリットは多くあります。

ペットホテルよりも良い点

ペットがいつもの環境で過ごせるのでストレスが少ない

ペットシッターはペットホテルと違い、ペットはいつもいる場所でいつもと同じように過ごすことができるので感じるストレスが少なくて済みます。

他のペットからの病気感染の心配がない

ペットホテルと違いペットは自宅で過ごすため、他のペットと一緒に過ごすことがありません。そのため病気を抱えた他のペットからの病気感染の心配がありません。

送り迎えをしなくてよい、店舗の営業時間にしばられない

ペットホテルに預ける場合は、ホテルへのペットの送り迎えが必要になります。しかも営業時間に送迎しなければいけません。

しかし、ペットシッターの場合はシッターさんに自宅に来てもらうことになるので、店舗等の営業時間にしばられることもありません。送迎もしなくて済みます。

サービス内容の柔軟性(ペットシッターによる)

ペットシッターの場合、次のような点での対応が可能な場合が多いです。

①時間帯の融通

ペットによっては、飼い主の都合で早朝や夜間に散歩するという場合もあります。早朝や夜間などはペットホテルでは対応してもらえない時間ですが、ペットシッターは時間帯の融通が利きます。

②老犬介護、子犬・子猫の預かり

ペットホテルでは介護のいる老犬や、まだ授乳が必要であったり離乳食の時期の子犬や子猫は預かってもらうことができません。

しかし、ペットシッターでは介護が必要な老犬や子犬や子猫も預かることができます。

③緊急対応

飼い主が急に入院になってしまったり、急な仕事で家を留守にしなければいけなくなった時などペットホテルでは急には対応してくれません。

しかし、ペットシッターは緊急時に対応することが可能です。

④投薬、通院

必要があれば、ペットへの投薬や飼い主の代わりに動物病院に連れて行くこともできます。

ペットシッター利用時の飼い主の不安

しかしながら、ペットシッターを初めて利用する場合には飼い主側には不安があります。

メリットは多いものの、飼い主は不安も感じている

どんな人が来るのか不安

ペットホテルを利用するよりもペットシッターのほうがメリットはたくさんあります。

しかし、来てくれるペットシッターさんがどのような人か飼い主にはわかりません。そこでどんな人が来るのか不安になってしまいます。

家の中に入られるためセキュリティ面が心配

やはり、全然知らない赤の他人が家の中に入るのですから、何か盗まれるのではないか、カギをかけずに出かけてしまうのではないか、などのセキュリティ面が心配になってしまいます。

ちゃんとお世話をしてもらえるのかわからない

預けているペットがちゃんとお世話をしてもらえるのかわからなくて不安になってしまいます。いい加減な食事のやり方をしているのではないか、いつもの散歩コースにいつもの時間にいつも通りに散歩しているかなど、お世話している様子を見ることができないので心配でたまらなくなります。

ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブル

ペットシッターと飼い主の間で起こりやすいトラブルについては、次のようなことが挙げられます。

主なトラブル

お世話が不十分

飼い主が家に帰ってみると餌の食べ残しがあったり、トイレが汚れていたり、また粗相のあとがあった場合など、飼い主はペットのお世話が不十分であると思うのではないでしょうか。飼い主からするととても腹の立つことでしょう。

ペットのケガ

飼い主が一番心配するのはペットがケガを負ってしまうことです。家の中でも何が危険になるかわかりません。

また、散歩時でもリードを離してしまって事故にあってしまう危険性もあります。

不要なところまでの立ち入り

ペットが使わない部屋、例えば寝室などに入られた形跡があったり、勝手にシャワーなど使われているととても不快に思うのではないでしょうか。ペットモニターを設置し確認する方もいるようです。

盗難

とんでもないことですが、金品などを盗まれてしまうという心配もあります。ペットシッターの信用問題でもあるので盗難はないと思われますが、もしものこともあります。貴重品などの保管場所は気を付けておくとよいでしょう。

飼い主との信頼関係をしっかりと築くことで回避できることも多い

ペットシッターがあまり認知されていなかった時には、留守をしなければいけなくなった時に飼い主は友人や知人に頼むのではないでしょうか。

友人や知人とは信頼関係が築けているからです。同じようにペットシッターとも強い信頼で結ばれていれば飼い主の感じる不安も取り除かれていきます。

飼い主との事前打ち合わせ・まめな報告が大切

ペットを預かる際に、飼い主との事前の打ち合わせをきちんとする必要があります。特に必要なことは、緊急時の連絡方法や部屋の温度設定、照明器具、空調機器など基本事項や立ち入ってはいけない場所など、飼い主が不安に思うことを必ず伝えることです。

シッティングが終了した際には、指定されたペットのお世話はきちんとしたか(何時に食事を与えたか、トイレは何回して様子はどうだったかなど)、カギはきちんとかけたか、散歩した場合は散歩コースと時間、ペットの様子に変わりはないか、など飼い主にまめな報告を心がけます。

カギの掛け忘れ、リードを離さないなど、慎重な作業が必要

ペットシッターは、お客様の自宅へ行きお客様の大事なペットを預かるのですから、作業には慎重さが必要になります。犬の場合などは散歩の際には決してリードを離してはいけません。

家を空ける時には必ずカギをかけたか何度も確認し、カギの掛け忘れのないように注意が必要です。

ペットシッターと飼い主の間でよくあるトラブルについて解説!のまとめ

ペットシッターは預けるペットがいつも通りの生活が送れるので感じるストレスも少なく、また緊急時に対応してくれたり、投薬や動物病院への通院などペットホテルでは不可能だったことがペットシッターではできるようになりました。

しかし、留守中によく知らない人に家に入られるのですから不安に思う飼い主がいるのも当然のことでしょう。

飼い主とペットシッターの間でよくあるトラブルは主に次の3つです。

1つはペットのお世話が不十分であるということです。2つ目はペットがケガをしてしまったということです。3つ目は立ち入ってほしくない場所に立ち入った形跡があったり、シャワーを使ったあとがあったりと不要な場所に入られたことです。

トラブルの多くはペットシッターさんと飼い主とでしっかりとした信頼関係を築き、事前打ち合わせをきちんとしてシッティング後はケアした内容やペットの様子を細かく報告することにより回避できます。

トラブルになりやすいポイントに注意しながらペットを第一に考えてケアをすることで、ペットを大事に思う気持ちが飼い主に伝わります。飼い主との間に信頼関係を築くことができるペットシッターを目指しましょう。