ペットシッターになるための勉強方法を教えます!

近年のペットブームによりペットシッターの需要も増えてきました。そもそもペットシッターとは飼い主の不在中に飼い主の自宅にて、ペットが普段通りの生活を送れるようにペットのお世話をする仕事です。動物が好きでたまらない人はペットシッターにあこがれるのではないでしょうか。

ペットシッターになりたい!でもそのためにはどうしたらいいのかわからない人が多いことでしょう。

どのように勉強したらいいのか、資格は必要なのか、資格を取得するにはどうするのか、学校はあるのか等々、ペットシッターという職業もあまり知られていないのに、その勉強方法はなおわからないのではないでしょうか。

そこでここでは、ペットシッターになるために必要な資格、知識、勉強方法などを解説していきます。

ペットシッターとは?

まず、ペットシッターはどんな仕事なのか簡単にご紹介します。

仕事や旅行、入院などで飼い主が不在中に、飼い主にかわってペットのお世話をする仕事

ペットシッターとは、飼い主がペットのお世話が難しい場合に、飼い主の自宅にてペットを預かり、ペットに食事を与えたりペットのトイレのお世話をします。

また、ペットの散歩をはじめ、ペットが室内で遊ぶ際に一緒に遊んだり、その際危険がないように見守ります。ペットシッターはペットが普段している生活を送れるように配慮し、飼い主の代わりにケアしていくことが仕事になります。

ペットシッターに必要な資格

資格がなくてもなれるが、あったほうが有利: 顧客獲得につながる

ペットシッターを依頼する飼い主にしてみれば、資格というのはとても重要になります。資格がないペットシッターより、資格があるペットシッターの方が安心して大事なペットを預けることができます。その点において資格があった方が顧客獲得につながります。

<就職に有利な場合も>

転職や就職する際にも資格があると有利になります。雇い主の方にしても資格がない人よりも資格を持っている人の方が安心して雇うことができます。資格保持者の方が給料が高い場合もあります。

開業する場合は「動物取扱業者」として登録が必要

会社や店舗などに勤めるのではなく独自で開業する場合は「動物取扱業者」としての登録や「動物取扱責任者」の資格を取得する必要があります。そのうえで、さまざまな資格があるとなお有利となります。

ペットシッターになるための勉強方法

ペットシッターになるための勉強方法は様々あります。

専門学校、通信講座

卒業・終了と同時に資格が取れる場合も

ペットシッターになるためにはペットのついての知識が学べる専門学校や、通信講座で学ぶことをおすすめします。

お金もかかりある程度の時間もかかりますが、このような学校や講座はペットについてのさまざまな知識や技術を習得し、卒業や終了するとともにペットシッターに必要な資格を取得できる場合もあります。

独学

ペットシッターは学校に通ったり通信講座を受けなくても、独学で勉強することもできます。ペットシッターの資格である認定ペットシッター検定試験は16歳以上であれば誰でも受験することが可能です。

検定試験は毎年2回6月と12月に実施されます。受験料、登録料ともに10500円です。

独学で勉強をすれば金銭的にも安く、時間的にも短い時間で資格を取得できます。

ペットシッターに必要な知識

続いて、ペットシッターとして働く際に身に付けておきたい知識についてみていきましょう。

ペット動物に関する幅広い知識

犬や猫の行動学

犬や猫の行動学とは、犬や猫の気持ちを犬や猫の目線で本気に考えることです。

例えば、噛み癖などの困った行動など、この行動学を学ぶと直すことができ、ペットへの接し方が変わります。

小動物の生態

小動物とは、一般的に猫より小さい動物のことをいいます。うさぎやネズミ、鳥類や魚類、両生類や爬虫類などです。近年はさまざまなペットが飼育されるようになったので、小動物の生態を知る必要があります。そこで、知識として習得が必要になりました。

ペットの健康管理における留意点

ペットシッターは食事や排泄など日常生活のお世話をします。そのため、ペットの健康にも注意する必要があります。

そこで、ペットの健康管理における留意点も知識として必要になります。

人畜共通感染症

人畜共通感染症とは、ペットから人に感染する病気のことをいいます。この人畜共通感染症についての病気についての知識や予防法などの知識も必ず身に付けておきたい知識となります。

子猫や子犬の世話、老犬介護に関する知識

子猫や子犬の世話は、成犬や成猫の世話をするよりもいっそう大変になります。

月齢にもよりますがほぼ付きっ切りで世話しなければいけなかったり、また老犬の場合は食事の世話やトイレなど、寝たきりの場合などの介護の知識が必要となります。

魚類や両生類など水生生物の飼育管理

熱帯魚などの魚類や両生類などの水生生物の水槽の水温や水質、ろ過についてなどの飼育管理の知識も必要になります。

飼い主との信頼関係構築

ペットシッターをするうえで、ペットだけでなくお世話をする飼い主とのコミュニケーション力も必要となります。飼い主にとって大事なペットを預けるのですから信頼できる相手でなければ、預けるのが不安になってしまいます。

飼い主との事前打ち合わせや結果報告の際などに、しっかりと信頼関係を構築しておくことが大切になります。

ペットシッターと同時にトリミングやしつけトレーニングを行う場合

トリミングの知識、経験

会社によってはペットシッターと同時にトリミングを行う場合があります。そのような時にトリミングの知識があり、また経験があるととても有利です。

ドッグトレーニングの知識、経験

また、同様にペットの犬のしつけなどのトレーニングを行う場合もあります。トリミングと同じように犬のしつけに関する基本知識や、ドッグトレーニングの経験があるとやはり有利となります。

 ペットシッターになるための勉強方法を教えます!のまとめ

ペットシッターには資格がなくてもなれますが、資格を持っていた方が有利に働きます。会社側の方からすると資格があると顧客獲得につながります。

また、ペットシッターとして働く方からすると資格があると就職や転職に有利となります。独自で開業する場合は「動物取扱業者」として登録が必要になります。

ペットシッターになるためには専門学校や通信講座で学ぶ方法があります。

この方法で学ぶとペットについてのさまざまな知識や技術を習得でき、卒業や」終了とともにペットシッターに必要な資格を取得できる場合もあります。独学でも勉強でき16歳以上であれば誰でもペットシッターの認定試験を受けることができます。

ペットシッターはさまざまな動物に対応しなければいけないので、ペット動物に関する幅広い知識が必要となります。

ペットだけではなくペットの飼い主との信頼関係構築のためのコミュニケーション力も必要となります。動物とは接することはできるけれど人とは苦手!ではおこなうことができません。

ペットシッターと同時にトリミングを行うことがありますが、トリミングの知識や技術があるととても有利になります。トリミングと同じように犬のしつけやトレーニングをする場合があります。その際に犬のしつけの基本知識やドッグトレーニングの経験も有利になります。

動物が好きでたまらない人や、動物のために何かをしたいと思う人はぜひペットシッターの資格を取って働いてみませんか。