ペットシッターになるには?知っておきたいポイントを解説!

動物好きである人にとってあこがれの職業であるペットシッターですが、近年ではペット飼育数の増加によりその需要も増えてきています。そんなペットシッターになりたいと思う人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、どうすればペットシッターになれるのでしょうか。

ここでは、あまり知られていないペットシッターのなり方や資格が必要かどうかなどペットシッターになりたい人にとって、知っておきたいことを解説しています。

ペットシッターとは?

まず。ペットシッターとは、どのような仕事なの簡単にご紹介しましょう。

依頼主の自宅に伺い、食事や排泄などのお世話やペットの遊び相手をする仕事

ペットシッターとは、いわゆる飼い主の自宅にてペットを預かり、ペットに食事を与えたりペットのトイレのお世話をする仕事です。

また、ペットの散歩をしたり、ペットが室内で遊ぶ際に一緒に遊んだり危険がないように見守りとペットが普段どおりの生活が送れるようにお世話をします。

ペットショップやペットホテルのように店舗や設備がなくてもはじめられる

ペットシッターの仕事は、依頼されたペットが住む自宅が主な仕事場となります。

したがって、ペットショップやペットホテルのように店舗や設備がなくてもはじめることができます。

ペットシッターに資格は必要?

では、ペットシッターとして働くためにはどのような資格が必要なのでしょうか。みていきましょう。

資格は必要ない

ペットシッターにはペットシッターという国家資格はありません。

また、ペットシッターになるうえで特別資格が必要ということではありません。

ペットに関する資格を有することで信頼される

飼い主にとって信頼と安心感が重要

ペットシッターには資格は必要ありませんが、ペットに関する資格を持っているペットシッターであると飼い主の信頼を得ることができます。

飼い主にとって大事なペットを預けられるという安心感が重要です。

職場によっては、資格がある人の方が給料が高いというケースも

ペットに関する資格を持っていると、依頼主からの信頼も高くまた資格によってはさまざまなことに対応できます。

したがって、資格を持っている人の方がお給料が高いというケースも出てきます。

開業する場合は動物取扱業の届出が必要

動物取扱責任者の資格を取得

基本的にアルバイトなどでペットシッターを仕事にする場合は資格は必要としませんが、ペットシッターを独立して開業するためには、動物取扱責任者の資格を取得しなければいけません。

次の3つのうちいずれかの条件を満たす必要がある

①動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験

実務経験半年以上とは、関連する業務に半年以上働くということですが、自己申告ではなく、

「動物取扱業実務経験証明書」という書類を提出します。働いていた事業所の名称や証明書が

必要です。

②所定の学校を卒業

取り扱う予定の動物取扱業の種別に関係する知識やまた必要な技術を1年以上教育する学校を卒業している必要があります。

③所定の資格を取得

知識や技術が動物取扱業者にふさわしいと証明になる資格、

・認定ペットシッター

・ペットシッター士

・動物看護士

・トリマー

などを取得している必要があります。

自治体に「動物取扱業(保管)」の申請

営利を目的として動物を問い扱う職種に携わる人のことを「動物取扱業者」といいます。

動物取扱業の登録を行う

動物取扱業は「販売」「保管」「貸出」「訓練」「展示」の5種類に分類されます。

ペットシッターはこのうち「保管」を目的として登録を行います。

ペットシッターになるには

ペットシッターになるためにはどうしたらよいのか、ご紹介していきます。

資格を取って就職

ペットシッターになるにはペットに関係する資格を取って就職することもできます。資格があると就職もしやすくまた、給料面でも優遇されることがあります。

未経験でアルバイトからはじめる

収入は安定しない

資格も実務経験もない場合は、アルバイトからはじめることもできます。

しかし、アルバイトですので収入は安定しません。

ペットサロンやペットショップでの勤務歴は有利

ペットの取り扱いに慣れている

トリマーとしてペットサロンやペットショップで働いていた場合は、とても有利になります。トリマーでなくてもペットサロンやペットショップで働いていたことにより、ペットの取り扱いに慣れているということが何よりの経験につながります。

ペットシッターの働き方

ペットシッターはどんなところで働くことができるのでしょうか。ペットシッターの実際の働く場所などをみていきましょう。

働く場所と勤務形態

ペットシッター専門店

全国のペットシッターの専門店やペットシッターの派遣会社に就職し働くことができます。働く場所は依頼された飼い主の自宅になることが多いです。

ペットホテル

近年ではペットホテルでのペットのシッティング部門などの需要も増えてきました。

ペットのしつけ教室・幼稚園

ペットの扱い方に慣れていることから、ペットのしつけ教室などのも需要があります。

ペットショップ・ペットサロン

本業務との兼任で普段はペットサロンやペットショップで働き、ペットシッターの仕事がある時にペットシッターとして働きます。

また、ペットシッターの仕事がある時だけアルバイトとして働くことも可能です。

個人開業

<独自>

ペットシッターの資格を習得し、実務を経験しいくつかの申請を行えば独自で開業できます。

<フランチャイズ>

ペットシッターの資格はあるけれど実務経験がなく、独自で開業するのは不安という方はフランチャイズで開業を目指してみるのもおすすめです。

ペットシッターに必要なスキル

続いて、ペットシッターに必要なスキルについてみていきましょう。

ペットとのコミュニケーション力

ペットシッターになるには、当然のことながらペットとコミュニケーションを上手にとれる力が必要です。

飼い主とのコミュニケーション力

ペットだけではなく、ペットの飼い主とのコミュニケーションの力も必要です。自宅やペットの情報など事前に話し合ったり、また留守中のペットの様子などの報告しなければいけません。

飼い主としっかりコミュニケーションをはかり信頼を得ることが大事です。

どんな動物にでも対応できる

さまざまな動物に関する知識

ペットシッターが対応するペットは犬や猫だけではありません。ペットであればどのような動物でも対応します。そのためにさまざまな動物に関する知識が必要です。

うさぎ・リス・鳥類・爬虫類・両生類まで

ペットシッターはうさぎ・リス・鳥類・爬虫類・両生類や魚類や昆虫の世話まで、ペットであれば対応します。

ペットシッターに向いている人

では、ペットシッターに向いている人とはどのような方でしょうか。

動物好き

できるだけ多様な動物に対応できる

ペットシッターは動物が好きでいることが一番大切なポイントです。犬や猫だけではなくさまざまな動物に対応できる知識なども必要です。

動物だけでなく飼い主とのコミュニケーションも苦でない

ペットの動物だけでなく飼い主とのコミュニケーションも必要になります。

そのため、飼い主とのコミュニケーションも苦でない人でないひとが向いているといえます。

女性の方が優遇されている

飼い主が女性の一人暮らし、高齢者などの場合

飼い主の方が一人暮らしの女性であった場合や高齢者の場合は、お世話に来てくれるペットシッターが女性の方が安心できます。

女性限定で募集している会社も

女性のペットシッターが必要とされている場合が多いので、女性限定で募集している会社もあります。

トリミングや介護、しつけなどの知識習得に前向きな人

ペットのことを考えトリミングや介護・しつけなど、あらゆるペットに関する知識を学んで習得しようという意識の強い人に向いています。

ペットシッターになるには?知っておきたいポイントを解説!のまとめ

ペットシッターには資格は必要ありませんが、ペットに関する資格を持っていると飼い主の信頼を得やすくなります。

また、依頼者は安心してペットを預けてくれるようになります。

しかし、独自で開業する場合は所定の資格を取得する必要があります。

ペットシッターに向いている人は当然動物が好きな人です。

また、動物とのコミュニケーション力、飼い主とのコミュニケーション力がある人に向いています。何よりも動物を愛していて動物のためにとあらゆる知識を習得することをいとわない人に向いています。この記事を参考にしてペットシッターを目指してみませんか。