ペットシッターのお給料は?開業した場合の収入について紹介!

ペット大好きな人でしたら気になるのが、ペットシッターになった場合のお給料や年収です。実際にあまり募集もかかっていないので、どのくらい収入を得ることができるかわからない人も多いでしょう。

そこで、今回はペットシッターになった時のお給料や開業した場合の年収をご紹介していきます。

ペットシッターの働き方

ペットシッターの働き方もさまざまあります。順にみていきましょう。

雇われる場合

正社員

あまり正社員としての募集は多くないのですが、安定した収入を求めるのならば大手や個人経営の事業所に勤めます。

アルバイト

時給制のアルバイトが比較的募集が多いです。年末年始やゴールデンウイークなどの繁忙期に登録制のスタッフとして働くこともできます。時給としては他のアルバイトよりも比較的高いといえます。

副業(平日夜間・休日など)

本業は別にあり、平日の夜間や休日だけ働く方法もあります。この場合はアルバイトとして、時給制や歩合給になります。

自営業

個人

ペットシッターとして個人で開業することもできます。動物取扱業の登録やペットシッターとして開業に必要な資格を取得する必要があります。

フランチャイズ

個人で開業するのと同様に動物取扱業の登録や資格の取得が必要となります。フランチャイズの場合は仕事のノウハウを教えてもらうことができます。

ペットシッターの勤務形態別の給料

ペットシッターの働き方がわかったら次に気になるのが、給料についてです。詳しくみていきましょう。

アルバイト・パートタイム・派遣・副業

約800円~1500円ほどまで、幅がある

時給は地域や事業所によってかなり幅があり約800円~1500円ほどです。

依頼される内容も散歩などが多く、時間帯としては早朝や夜間などです。犬や猫が好きでなければきつい仕事といえます

正社員・契約社員

月収:約15万円~30万円ほどまで幅がある

正社員や契約社員の月収は約15万円~30万円まで幅があります。正社員であれば会社によってはボーナス収入もあります。

年収:約200万円~300万円台まで幅がある

正社員の年収は約200万円か~300万円まで幅がありますが地域によっては200万円に届かないところもあります。

ペットシッターのニーズが多い首都圏や大都市は比較的年収が高いといえます。

歩合制の場合も多い

仕事をした分だけ稼ぐことができる歩合給という場合も多くあります。繁忙期の忙しい時期にはかなりの金額を稼ぐことができますが、仕事が少ないと当然のことながら収入は低くなります。

ペットシッターの個人開業した場合の収入

続いて、ペットシッターを個人開業した場合についての収入をみていきましょう。

自分の働き方・集客の積極性・地域で変わる

個人で開業した場合は働き方などにより収入は変わってきます。地域によっても大きく違い首都圏や大都市などはペットシッターの知名度がありニーズも多くあります。

また、積極的に宣伝したり、営業することにより依頼が増え収入につながります。

繁忙期とそれ以外で差があり、収入は安定しない

年末年始やゴールデンウイーク、お盆休みなどは帰省や旅行などで依頼がかなり増えます。1日に数件掛け持ちすることもあり、収入は増えます。

しかし、それ以外の月では依頼があまり来ない可能性もあります。依頼の少ない月にはあまり収入が見込めません。

一般的なペットシッターの利用料金

一般的なペットシッターの利用料金を下記に示しました。1回ごとの利用料と1時間いくらかで示しています。

・猫・小動物等の留守宅でのお世話代行 1回2000円~  1時間3000円程

・小型犬の散歩・食事などのお世話代行 1回2000円~  1時間3000円程

・中型・大型犬の場合                1回2500円~  1時間4000円程

・多頭飼いの場合は、頭数や内容によって追加料金

・一日数回訪問の場合は相談の上、料金を決める

繁忙期には複数のお宅かけもち・割増料金で収入アップも(一日20000円など)

繁忙期には複数の家から依頼が来ます。割増料金を定めることもできます。それにより繁忙期には収入がかなりアップする可能性があります。

年収目安:30~50万円ほど

繁忙期など依頼が増える月には5万円~10万円程の収入が見込めます。

しかし、繁忙期以外の月にはそれほど収入が見込めません。したがって年収に換算すると30万円~50万円の収入が見込みとなります。

定期利用者・業務提携先の獲得で収入は安定

定期利用の例

  • 子犬のしつけ
  • 散歩の代行
  • 老犬介護
  • 動物病院への運転代行
  • 用品の配達

留守になった時だけペットシッターするというサービスのやり方もいいのですが、それでは多くの収入にはつながりません。お客様に定期的に利用してもらえれば、収入アップにもつながります。

忙しい飼い主さんにとって老犬介護や動物病院への通院はなかなか難しい場合もあります。そのような時には、飼い主さんと相談して定期的に利用してもらいましょう。

業務提携先(顧客紹介に協力してもらう)

  • 動物病院
  • トリミングサロン
  • ペットショップ

個人で開業した場合、多くの人が悩むことは新規顧客の獲得や集客です。宣伝活動や個人宅への営業は大変難しいと考えられます。

そこで、業務提携という方法があります。業務提携先に営業活動をして顧客を紹介してもらいます。

ペットシッターのフランチャイズ開業した場合の収入

続いて、ペットシッターのフランチャイズ開業した場合の収入についてはどうでしょうか。メリットと合わせてご紹介します。

フランチャイズ本部からのサポートが受けられるのがメリット

研修、集客、保険

フランチャイズ開業した場合、フランチャイズの本部からサポートが受けられます。最初に研修が行われます。その後、多くの人が悩む集客についての知識を得ることができます。

また、フランチャイズ化しているので知名度もあります。

安心してはじめられる

フランチャイズ開業した場合、さまざまなサポートを受けられるので安心して始めることができます。どのように運営していけばいいのか、集客方法、また何かあった時にどうすればいいのかなどを本部から情報を得ることができます。

収入は比較的安定するが、支払いも必要

加盟費、研修費、販促資材費、月額固定費

フランチャイズ開業をした場合は、本部からサポートが得られるので収入は比較的安定します。

しかし、本部に加盟費、研修費、販促資材費、月額固定費など一定の金額を支払う必要があります。

ペットシッターのお給料は?開業した場合の収入について紹介!のまとめ

ペットシッターになった場合、働き方としては、雇われて働く方法として正社員、契約社員、アルバイト、副業として夜間や休日のみ働くなどあります。

正社員や契約社員の場合は年収200万円~300万円と幅があります。アルバイトとして働いた場合、時給900円~1500円とやはり幅があります。

個人で開業した場合は、開業する地域によって年収に違いが出てきます。首都圏や大都市などはペットシッターのニーズが多く収入も多くなります。

また、個人の働き方によっても収入に違いが出てきます。集客や宣伝告知に積極的であれば、それだけペットシッターの知名度やニーズも多くなり収入アップにもつながります。

個人ではなくフランチャイズで開業した場合には、フランチャイズの本部の研修を受けることができ、仕事のノウハウを得ることができますが、本部に研修費、加盟費、販促資材費、月額固定費などを支払わなければいけません。

現在は知名度も低く収入も不安定ですが、近年のペット事情からこれから需要も増えてくるでしょう。頑張り次第では高収入も期待できますので、動物大好きの人でしたら開業してみませんか。