ペットシッターの必要性はある?ペットシッターの需要について解説!

飼い主がどうしても家を空けなくてはいけない時がありますが、そんな時に大事なペットを預けるところといえば知人宅やペットホテルと多くの人が思っているのではないでしょうか。

しかし、近年ではペットシッターに依頼することが多くなってきました。

ペットシッターという仕事は自宅を長時間留守にすることが多い人や、高齢者や一人暮らしの人にとって欠かせないものとなりつつあります。

動物好きの人にとってあこがれの職業であるペットシッターは、一体どのくらいの需要があるのでしょうか?ぜひ知っておきたいことなのではないでしょうか。

そこで今回は、ペットシッターの需要について詳しく解説していきます。

ペットシッターの需要

ペットシッターはどのようなところで必要とされているのでしょうか。ペットシッターの需要についてみていきましょう。

ペットの飼育数

二十歳未満の人口を超えている

近年のペットブームにより、ペットの飼育数は2016年では犬は1000万頭ほど、猫も1000万頭ほどと犬猫合わせると20歳未満の人口を超えているほどです。

ペットシッターの需要増加の背景

ペットの飼育数はかなり多くなっています。ペットを飼っている場合、仕事や旅行などで家を空けることは難しいです。一緒に泊まることができる宿や飲食店も増えてはいますが、どこもかしこもというわけにはいきません。

そんな時、ペットに負担をかけないようにお世話をしてくれる人がいたらと考えます。そのため、ペットホテルよりも気軽に利用がしやすいペットシッターの需要もかなり増加しています。

一人暮らしの増加

近年では一人暮らしも多く、一人暮らしでありながらペットを飼育する人も増えてきています。

一人暮らしでは仕事などで留守にすることが多く、残業などがあった場合など散歩や食事もきちんと世話ができなくなる場合もあるため、ペットシッターに依頼するなど需要も増加しています。

高齢化による飼育サポート

また、高齢化社会といわれるほど高齢化が進み、高齢者が飼い主となるペット飼育数も増えてきました。

高齢者では毎日の散歩なども難しくなってきてしまうこともあります。高齢者の体が弱っている場合など、ペットの日々の世話も難しくなってしまう可能性もあります。

そんな時にもペットシッターに依頼することにより、ペットの世話ができます。

ペットの老齢化

犬も老犬になると散歩などもできなくなったり、排泄面や食事面でも気をつけなければいけないことが増え、飼育が難しくなります。

そのため、老犬ホームに預ける飼い主もいるのですが、中にはやはり大事なペットなので一緒に暮らしたいという思いが強く、ペットシッターを依頼する飼い主もいます。

ペットホテルの減少・利用者の減少

ペットを預けるというと真っ先に思い浮かべるのがペットホテルだと思いますが、近年ペットホテルが減少してきています。

また、ペットホテルを利用する人も減少してきています。ペットホテルが減少している理由は次項で詳しく説明しています。

ペットホテル減少の背景

ペットホテルが減少している背景には、次のようなことが考えられます。

トリミングサロンと併設のホテルが減少

トリミング専門店の増加

以前はトリミングサロンが併設されているペットホテルが多くあり、トリミングを利用しながらペットホテルを利用する方が多くいました。

しかし、ペットブームによりペット数が増加してトリミングをする飼い主が増えてきました。そのため、トリミングを専門とする店舗が増加しました。このような背景がありペットホテルが減少してきました。

ペットホテル利用者の減少

ペットにとってストレス・体調をこわす

ペットホテルを利用すると、ペットにストレスが大きくかかります。それというのもペットは普段と違

う環境で過ごさなければいけません。

例えば、たくさんの知らない動物と一緒に過ごしたり、食事の時間や散歩の時間や散歩の仕方なども普段と違うことによりストレスとなります。大きなストレスはペットの体調をこわしてしまう原因となります。

送迎の面倒さ、開店・閉店時間のしばり

ペットホテルには開店時間や閉店時間が決められていることが多いです。そのために送迎の時間が決められてしまい、仕事などで送迎が難しい人も仕事を早く切り上げたり、送迎の時間を調節しなければいけません。

また、旅行などで迎えの時間までに帰らなければいけなくなります。

ペットシッターのニーズの多様化

依頼主のニーズに合わせてペットシッターのニーズも柔軟に多様化しています。

旅行中の留守番サポート

今までは、ペットがいるという理由で旅行ができないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ペットシッターを利用することにより、泊りの旅行などもできるようになりました。ペットシッターは旅行中の留守番サポートもしてくれます。飼い主も今まであきらめていた旅行にも安心して行けるようになりました。

このような面でもペットシッターの需要が増えてきました。

残業・出張による長時間留守番

子犬や子猫、老犬などのケア

子犬や子猫などは食事回数も多く、排泄面でも頻繁に面倒を見なければいけません。

また、老犬も同様で自分自身で排泄が難しい場合や、また寝たきりの場合など体の向きを変えるなど、常にそばにいてあげなければいけません。

そのため、仕事で残業や出張などになった場合や自宅を長時間留守にしなければいけなくなった時には、心配でたまらなかったことでしょう。

しかし、ペットシッターに依頼することにより、特殊なお世話が必要な子犬や子猫、老犬などのケアもしてくれます。

飼い主の入院や通院による散歩代行

一番困ってしまうのは飼い主が病気になってしまうことです。飼い主が病気になってしまった時に、急な入院や通院しなければいけなくなることがあります。

そんな時には、当然のことですがペットの散歩には行けなくなる可能性があります。飼い主がそばにいてもペットのお世話を行うことができない場合にも、ペットシッターに依頼すれば、毎日日課としていたペットの散歩もいつも通りおこなうことができるのです。

ペットシッターの必要性はある?ペットシッターの需要について解説!のまとめ

近年のペット数は子供の人口より多いとされていて、ペット数の増加によりペットシッターの需要も増加しています。

また、ペットシッターを必要としている一人暮らしや、高齢化により高齢者の飼い主も増えました。ペットの老齢化において、老犬ホームもあるので預ける飼い主もいるのですがやはり、一緒に過ごしたいという思いからペットシッターを依頼する場合があります。

ペットシッターのニーズは多様化しています。今まで飼い主があきらめていた旅行も、ペットシッターが旅行中の留守番のサポートをしてくれることにより行けるようになりました。

また、子犬や子猫、老犬などは長時間の留守番が難しいのですが、ペットシッターがケアをしてくれることにより仕事の残業や出張などが可能になりました。飼い主が病気により入院や通院しなければいけなくなり、ペットの散歩に行けない時にも飼い主の代わりに散歩に行ってくれます。

ペットシッターのニーズは多様化されていて、ペットシッターの必要性はたくさんあります。そして、ペットシッターの需要も高まってきています。飼い主にとって大事なペットを、飼い主が安心して預けることのできるペットシッターを目指してみませんか。