ペットホテルスタッフの仕事内容について

動物が好きだからペットホテルで働きたい!そんな考えを持っている方は多いと思います。

ペットシッターとして飼い主の家へ行くのはちょっとと思っている方でも、ペットホテルならペットホテルスタッフとして大好きな動物と触れ合えます。

しかし、ペットホテルについてあまり詳しくご存知ないでしょう。ペットホテルスタッフはどのような仕事をするのでしょうか。ペットホテルスタッフの仕事内容に興味のある人のために、ペットホテルスタッフの仕事内容について詳しく解説しています。

ペットホテルとは?

まず、ペットホテルについてみていきましょう。

飼い主が旅行や出張で家を空ける間、ペットを預かる仕事

ペットホテルでは、飼い主が旅行や出張で家を空ける間に、大事なペットを預かり、飼い主の代わりに食事やトイレ、健康管理や散歩、遊び相手などのお世話をおこないます。

預かるペットはさまざま

犬、猫、うさぎ、小鳥…

預かるペットは犬や猫だけではなくうさぎ、小鳥、トカゲ、ヘビ、爬虫類などさまざまです。ペットとして飼い主が預けに来る動物を預かります。

店によっては犬や猫に限定している場合もある

しかし、お店によっては預かるペットを犬や猫に限定している場合もあります。

ペットホテルの形態

ペットホテルでトリミングサービス・しつけをする場合も

ペットホテル専門ではなく、ペットホテルで預かっている間にトリマーによりトリミングサービスを提供したり、ドッグトレーナーによる基本のしつけトレーニングを行う場合もあります。

併設ペットホテル: ペットサロン、ペットショップ、動物病院など

ペットサロンを経営している傍らペットホテルを併設している場合や、ペットショップを経営しながらペットホテルを併設している場合があります。

同じように動物病院でペットホテルを併設している場合もあります。

ペットホテルスタッフの仕事内容

では、実際のペットホテルでの仕事について詳しくご紹介します。

食事・トイレ・健康管理

ペットの日常的なお世話で食事を与えたり、トイレやペットの健康管理をおこないます。

散歩・遊び相手など

犬などは日課として散歩を必要としますが、その散歩に行くこと、おもちゃなどで室内遊びの相手などをおこないます。

なるべく普段の環境に近づけるようにする

餌の種類、散歩の時間などを飼い主にヒアリング

いつも食べているもの以外食べないペットがいる場合があるので、どのような餌を食べているか、散歩は何時頃にどのくらいの時間すればいいのかを事前に飼い主にヒアリングします。

ペットは普段と違う環境で過ごすためストレス

ペットの精神状態と健康状態に気を配る

ペットは普段とは違う環境で過ごすことにより大きなストレスを抱えることになりますので、ペットの精神状態がどうか行動や顔色をよく観察します。

また、元気はあるか下痢をしていないかなど健康状態にも常に気を配ります。

ペットのストレス解消につとめる

ペットが抱えているストレスを解消するために、一緒に遊ぶことや不安にならないように常に配慮します。

ペットホテルスタッフの一日

ペットホテルスタッフの一日ですが、毎日違うペットをお預かりします。よってペットによりお世話の仕方が違ってきます。

次に、ペットを3頭お預かり、お返しを2頭の場合のスタッフの仕事を紹介しています。

08:00~ 宿泊中のペットの食事、散歩、ハウスの清掃

10:00  ペットのチェックインの受付

10:30~ 宿泊中のペットのトリミング

11:30~ ペットのチェックインとチェックアウトの受付

チェックアウトしたお部屋の清掃・消毒

12:30~ 休憩

13:30~ 宿泊中のペットの散歩

15:00  ペットのチェックインの受付

16:00~ 宿泊中のペットの食事、散歩、ハウスの清掃

18:30~ ペットのチェックアウトの受付

チェックアウトしたお部屋の清掃・消毒

ペットホテルスタッフになるには

ペットホテルでスタッフとして働くには資格は必要なのでしょうか。詳しくご紹介します。

資格は必要ない

ペットホテルスタッフになるには特別な資格は必要ありません。動物が好きな人であれば誰でもペットスタッフになることができます。

さまざまな動物に対応しなければいけないので、犬や猫は好きだけどトカゲはちょっと、ヘビは苦手、という人には向かないという場合もあります。

その場合には、預かるペットを犬猫のみというように限定していうようなペットホテルを探すとよいでしょう。

大切なペットを預かるため動物に関する知識は必要

飼い主さんにとって、とても大切なペットを預かる仕事ですので、動物に関する知識は必要となります。

あらゆる動物に対応しなければいけないので犬や猫だけでなくさまざまな動物の幅広い知識が必要となります。知識が豊富なスタッフの方が飼い主も安心するのではないでしょうか。

トリマー・トレーナーの知識があると就職に有利

預かり時にトリミング・しつけサービスを行う場合もある

ペットホテルでペットを預かるのと同時にトリミングを行う場合や犬のしつけトレーニングを行う場合もあります。そのため、トリマーの資格やドッグトレーナーの資格や経験があると就職に有利になります。

ペットホテルスタッフの給料

では、ペットホテルスタッフの給料についてみていきましょう。

アルバイト・パート

時給800円~950円ほど

ペットホテルスタッフのお給料ですが、アルバイトやパートですと時給800円~950円程です。あまり高額とは言えません。

正社員

月給:18万円前後

ペットホテルスタッフの正社員の月給ですが18万円前後です。一般の会社員と違い土日、祭日などお休みが取れにくい傾向にあります。

年収:250万円~300万円程度

ペットホテルスタッフの正社員の年収ですが250万円~300万円です。大型連休など長期休みの時期が繁忙期となるので他の職業の人と休みがずれる可能性があります。

経験を積んでも収入は上がりにくい傾向

ペットホテルの仕事は年末年始やゴールデンウイーク、お盆や夏休みなど長期休みが取れる時期に忙しくなります。

支配人クラスになると年収500万円以上になることもありますが、経験を積んでも収入が上がりにくいという現状にあります。動物が好きでなければできない仕事ともいえます。

ペットホテルスタッフの仕事内容について紹介!のまとめ

ペットホテルスタッフの仕事内容は預かっているペットの食事やトイレなどの健康管理や散歩や遊び相手になってあげたりすることです。ペットはペットホテルという普段と違う環境で過ごすため、普段の環境に近づけるように餌の種類や散歩の時間などを飼い主にヒアリングします。

ペットにとってペットホテルの環境は他の動物と一緒であったり、ゲージで過ごしたりとストレスが大きくかかります。スタッフはペットが抱えるストレスを少しでも解消するように努める必要があります。

ペットホテルスタッフになるには資格は必要ありませんが、さまざまな動物に対応するため幅広い動物に関する知識が必要となります。トリマーやトレーナーの知識や資格があると就職に有利になります。

ペットホテルスタッフの仕事は、経験を積んでもなかなか収入に結びつかない傾向にあります。繁忙期は年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなど他の人がお休みの時に休みが取れにくい仕事です。

このように動物が好きでなければなかなかできない仕事ですが、それでも働いてみたいと思う人はぜひペットホテルスタッフとして頑張ってみてはいかがでしょうか。