犬がブルブルする理由と原因、その対処法

水に濡れているわけでもないのに愛犬が体をブルブルする‥どうして?病気かもしれない‥なんて不安になった飼い主さんは多いと思います。

犬はなぜブルブルするのでしょうか?

その理由と原因そしてそのとき飼い主はどう対処すればいいかを詳しく説明します。

犬がブルブル震える3つの原因

犬がブルブル震える主な原因を3つあげてみました。

寒い

低体温にならないように体を震わす

人間は寒くなるとブルブルと震えます。犬も同じです。脳から筋肉に痙攣する指示を出し、熱を発生させます。ブルブルすることによって低体温になるのを防ぎます。

寒さに耐えている

犬が自分自身でできることは震えるくらいです。人間とは違い服を着ることもできないし暖房器具で暖まることができません。犬にできることは寒さに耐えて体をブルブル震わすことしかできません。

感情の表れ

不安・恐怖心

犬がブルブル震える原因には不安や恐怖によるものもあります。

例えば、知らない場所に行ったり、知らない人に触られたりしたときです。

ストレスによるもの

犬がブルブルするときは、不安や恐怖によりストレスを感じているサインです。そういうときは相手に対し恐怖を抱いているので、恐怖心を取り除き安心させるために声を掛けるなどして、犬を安心させてあげることが必要です。

体の異変・病気

痛みや痒み、違和感がある

犬がブルブルする理由として痛みや痒み、違和感があるなども挙げられます。

例えば、耳に虫が入ったり、体が痒いときです。

その他の原因

水に濡れている

犬は体が水に濡れると湿気により気持ちが悪いと感じ、毛の中に入り込んだ水分を振り払うためにブルブルします。

嬉しい・感情の爆発

犬がブルブルする理由には、体の異変やストレスなどの他にもあります。これから動き出すぞという合図であったり、遊ぶ準備をしているときなどにブルブルします。

他には、犬が嬉しいときにも体をブルブルします。

また、嬉しくて興奮した状態のときにブルブルします。

寒さで震えるときの対処法

犬が寒さによって震えている場合は、次のような対処法があります。日常の中で簡単にできることなのでぜひ実践してみてくださいね。

移動空間の温度差をなくす

現代では寒い冬には暖房が欠かせません。

しかし、なかには部屋の暖房はしていても廊下まで暖房していない場合があります。犬が部屋から部屋へ移動するときの温度差を無くすことが大切です。

防寒する

防寒対策で、こたつや犬用のホットカーペットや犬用ヒーターなど使用するなどの対処法があります。

また、寒さが苦手な犬種は洋服を着せることも有効です。

散歩の場所、時間を工夫する

朝晩寒い時期には、散歩する時間を暖かい昼間にするなど時間の考慮が必要です。

また、よく陽があたり暖かい場所にするなど時間や場所を工夫します。

ストレスで震えるときの対処法

犬がストレスで震えているような場合について、詳しく見ていきましょう。

想定されるストレス

引っ越しなどによる環境の変化

引っ越しをするとガラリと環境が変わります。安心している慣れた場所から知らない場所に環境が変わってしまいストレスになります。

よく知らない他人の出入り

犬にとって知らない人が家に出入りしたり、知らない人に触られることはストレス要因になります。

雷・救急車などの大きな音

雷や救急車、花火などの大きな音は犬をびっくりさせ、恐怖心や不安感を与えストレスとなります。

怒られている

犬は悪いことをしたときに叱られると「反省してるよ~もう勘弁して!」というカーミングシグナルを送ってきます。

それに気づかず、さらに怒ってしまうとストレスになってしまいます。気が弱い犬の場合には、少し怒っただけでもストレスになってしまいます。

ストレス要因を取り除く

ストレスで震えているときの対処法ですが、まずストレスになっている要因を取り除く必要があります。

例えば、花火や救急車、雷などの音による恐怖心からくるストレスであれば窓を閉めて音を小さくします。

一緒に行動をするときは犬の様子に注意

散歩したりどこかに出掛けたりと一緒に行動するときは犬の様子に注意する必要があります。

散歩したとき特定の人物に会ったとき嫌がる、特定の場所には行きたがらないなど、飼い主でなければわからないこともあると思います。

長いこと目をみない、叱らない

犬にとって目と目を合わせることは、攻撃を仕掛ける合図でもあります。ですから、長い時間目を見られると恐怖や不安を感じストレスとなります。

また、気の小さな犬の場合は叱ると怖くなってしまうことがあります。気の強い犬でも、あまり強く叱るとストレスと感じてしまうことがあるのであまり叱りすぎないように気をつけてあげましょう。

体の異変・病気

いつもと違う犬の様子は、わかるものです。体の異変や病気の原因についてみていきましょう。

頻繁にブルブルしている場合は病気の可能性もある

犬がブルブルする頻度があまりにも多い場合は、犬の体になんらかの異変や病気がある可能性があります。

いつもと違うかな?に気付くことができるように、普段からどのくらいブルブルするのか、愛犬の様子をよく観察することが大切です。

耳の病気

犬が頻繁に頭を振る原因で多いのは、耳に関する病気です。耳の感染症は痒みや吐き気、耳炎を引き起こします。その不快感から頭を頻繁に振ります。

異物が入っている

耳の中に異物が入ったときも頭を振ります。散歩中に小さなゴミなどが入ってしまい、耳の中を傷つけてしまうことがあります。虫が耳に入り噛みつき、痛みや痒みを引き起こします。

耳の中に水が入ることもあり、犬が不快に感じ頭を振ることもあります。

神経系の病気

神経系の病気の場合でも、頻繁に頭を振ります。遺伝性の障害や頭部外傷により脳を傷付けたときや腫瘍からくる頭痛や不快感から、頭を振ります。

尿毒症

尿毒症になった場合も体をブルブル震わすことがあります。尿毒症は腎臓に異常があり、体外に排出されるべき毒素が体内に回ってしまう病気で様々な臓器に影響します。

痙攣と共に食欲不振や手足のむくみがみられたら注意する必要があります。

いずれも獣医に相談・受診

どんな病気であっても、放っておくと命に係わり大変危険です。

頻繁に体や頭を振るときはただちにかかりつけの獣医に相談や受診する必要があります。

飼い主の対策

犬の様子を把握するために、飼い主ができることがあります。いくつかご紹介します。

何に対してのブルブルか見極める

ブルブルしたときの状況

犬がブルブルしたときの飼い主の対策ですが、ブルブルの原因により違います。

まず、飼い主がするべきことは、どのような状況のときにブルブルしたのかをしっかり把握する必要があります。

例えば、寒さが原因であるのか、大きな音で恐怖や不安を感じたのか知らない人やまた、特定の人、犬などと会ったときとか何によってブルブルし始めたのかを見極める必要があります。

ブルブルする頻度や長さも重要です。

ニオイ、行動に変化はないか

なにか病気がある場合、悪臭がすることがあります。耳炎など感染からくる場合臭いニオイがする耳垢が出たり、皮膚の病気やケガで膿が出る場合があるので、ニオイには注意しなければいけません。

また、いつもより食欲がなくなったり、散歩に行きたがらなくなったなど行動に変化があれば要注意です。

犬の原産国や特徴を理解する

地域の気候、長毛・短毛

寒さが原因でブルブルする場合は、犬の原産国や特徴を理解する必要があります。

例えば、暖かい国が原産の犬や、被毛がシングルコートの犬は寒さが苦手です。

また、体温調節が上手にできない子犬や老犬も寒さが苦手です。

犬がブルブルする理由と原因、その対処法のまとめ

犬がブルブルする原因は様々あります。特に多いのは寒さからくる場合、恐怖や不安などのストレスからくる場合、体の異変や病気からくる場合の3つです。

他には、水に濡れたときや嬉しくて感情が爆発した時などです。

寒さやストレスではなく体の異変や病気が原因の場合は、どんな病気であれただちに獣医に相談や受診しなければいけません。

命に係わる病気の可能性があるので頻繁に頭や体を振る場合は、どんなときにブルブルしたのかきちんと把握しましょう。

大切な愛犬ですので日頃から愛犬の様子を観察、対処して少しでも長く愛犬とのペットライフを満喫してください。