犬の分離不安症の症状と原因・対策について解説

飼い主のあとをチョコチョコとついて回り、ちょっとでも飼い主の姿が見えなくなるとクーンクーンと鳴く愛犬の姿はかわいいものです。

飼い主さんから見たら愛おしくて愛しくてたまりません。飼い主さんが好きで好きでひと時も離れたくないのです。だから、飼主さんから離れてしまうと不安や恐怖を感じてしまうのです。

ここでは、不安や恐怖から引き起こされる犬の分離不安症の症状と原因・対策についてお話していきます。かわいい愛犬のためにもぜひ参考にしてください。

犬の分離不安症とは?

まずは、犬の分離不安症について、わかりやすく解説します。

飼い主と離れることによって強い不安感に襲われるもの

犬は独りになるのが苦手です。

でも、人間と生活していくうちに苦手な留守番にも慣れてきました。

しかし、なかには飼い主さんへの愛情が強過ぎて、飼い主さんの姿が見えなくなっただけでとてつもない不安に襲われて、大声で吠えたり、部屋中を荒らしたり、粗相をしてしまったりと問題行動を起こしてしまいます。

この状態を「分離不安症」といいます。

精神的・肉体的に不調になる

不安感に襲われ強いストレスを感じるようになります。食欲不振になったり、下痢や嘔吐を繰り返す症状がみられます。

精神的パニックを起こしてしまう

独りになった不安から、精神的パニックを起こしてしまいます。

分離不安症の症状

分離不安症とみられる症状について、詳しくみていきましょう。

飼い主がでかけようとするとそわそわする、ついて回る

飼い主がもうじき自分から離れてしまうことがわかり、不安でたまらなくなってしまいます。

不安な気持ちからそわそわして落ち着きがなくなり、少しでも飼い主のそばにいたくて飼い主の後をついて回ります。

飼い主の外出を知ると吠える、騒ぐ

飼い主が外出してしまうと、激しく吠えたてます。外出してすぐには「行かないでよ~」「戻って~」という飼い主を呼び寄せる意味で吠えている可能性があります。

その後、飼い主の不在中ずっと吠えるのは、独りでいる不安や恐怖からです。

飼い主がいない間に物を壊す

不安や恐怖から強いストレスを感じ、イライラしてしまい家具やソファーなどを壊します。特に飼い主さんの触ったものなどを壊す傾向にあるといわれています。

飼い主さんの気を引きたいためにする行動です。

トイレじゃない場所で排泄する

今まできちんとトイレのしつけができていたのに、トイレじゃない場所で排泄をした場合は分離不安の症状です。

食欲不振

人間でも、強いストレスを抱えると食欲不振となる場合がります。犬も同様に不安から強いストレスを抱えた状態となり食欲不振になります。

重症の場合

暴れて家具を壊す

分離不安が重症になると、飼い主の不在時に暴れて家具などを壊します。その際に思いっきりぶつかったり、壁などを引っ掻いたり、ドアなどの下の部分を掘るような行動をとります。

力任せに暴れるので、時には犬自身の体を痛めてしまうこともあります。

血が出るまで体を舐める、噛む

犬が手や足の同じ部分を執拗に舐めたり噛んだりする行動は、強いストレスからくる行動です。

体や手足を舐めていないと落ち着かなくなり、ひどくなると皮膚がただれてしまうこともあります。

また、血が出るまで舐め続けてしまうことがあります。

毛が抜ける

人間も強いストレスから円形脱毛症になります。犬も同じように、強いストレスを感じると毛が抜けてしまうことがあります。

抜ける場所や抜ける量は症状によりさまざまですが、いずれにせよ脱毛症は分離不安の重症例戸言えます。

分離不安症になる原因

犬が分離不安症になるのには原因があります。

原因についてみていきましょう。

生活環境・育てられ方が主な原因

犬が分離不安症になる原因は、生活環境や育てられ方が主な原因です。

例えば、子犬の頃早い時期から母犬から離され独りで長い間育てられた経験があったり、子犬の時に長い時間留守番をさせられた経験がある場合です。

また、捨てられた経験や、保護施設で育てられたことも原因となる場合もあります。

留守番のトラウマ

長時間放置された

数日など長い時間放置されて何も与えられないで空腹状態が続いたり、孤独感から不安や強い恐怖を抱いたことがトラウマとなっています。

留守番中に雷などの恐怖体験

留守番をしているときに雷や地震に遭い、恐い思いをしたことがトラウマとなっています。

生活環境の変化

引っ越し

引っ越しなどで慣れている場所や人々から、見知らぬ場所や見知らぬ他人に囲まれている生活に変わり、飼い主がいなくなるのではという不安を覚えてしまいます。

家族が増える

飼い主に子供ができるなど家族が増えることで、あまり構ってもらえなくなったり、自分への愛情が薄くなってしまうのではという不安な気持ちが強くなってしまいます。

過剰なしつけ・愛情

飼主さんが過剰なしつけをしたり、過度な愛情により常に構っていたりすると、飼い主さんと依存関係になってしまいます。飼い主さんに対して強い依存心があると、犬は自立した行動ができなくなります。

この関係も分離不安症になる原因となります。

気質や加齢

犬が生まれながらに持つ気質や加齢により目が見えなくなったり、耳が聞こえずらくなったことが原因で、不安が強くなることも原因となります。

また、認知症も原因の1つです。

分離不安症になったら?

分離不安症になってしまったら、1日でもはやく解消してあげたいですよね。分離不安症の対処法について、みていきましょう。

軽度な場合はしつけによって解消

分離不安症の症状が軽い場合は、自宅でしつけにより対処することができます。

クレートトレーニングやマテのしつけ、留守番に慣れさせることで、分離不安症の症状が軽減する場合があります。

罰は決して与えないこと

飼い主さんが不在の時に犬が起こした粗相の失敗や家具を壊すなどのイタズラをした場合は、強く叱ることをしてはいけません。

強く叱ることにより飼い主さんの気を引けたと思ってしまい、次からはわざとイタズラをするようになるからです。

専門家・プロに頼ることも検討する

分離不安症は犬の精神的疾患の1つです。症状が軽い場合は、自宅などでしつけにより対処することができますが、症状が重くなった場合は獣医師による投薬治療が必要となる場合がありますので、一度動物病院に受診しましょう。

分離不安症の予防・対策

では、分離不安症にならないための予防や対策をご紹介します。

留守番中の環境を整えてあげる

留守番をするときに、犬にとって快適で安全な場所にしてあげることが大切です。

また、犬が寂しがらないように、テレビやラジオなど音の出るものをつけておくこともおすすめです。飼い主さんの匂いがついた毛布やお気に入りのおもちゃなども忘れずに用意しましょう。

短い留守番をさせる

留守番に慣れてもらうことが必要ですので、最初は1分程度から独りになることを始めます。

どこかに出かけるのではなく、ドアを閉め犬から見えない位置に移動し犬を独りにします。少しずつ時間を伸ばし徐々に留守番することに慣れさせていきます。

このとき上手に留守番できても褒めてはいけません。留守番が当たり前のことだと認識してもらう必要があるからです。

一緒にいるときもあえて構わない、1匹に慣れさせる

在宅中につい犬を構ってしまいがちですが、あえて構うことをせず独りで過ごすことに慣れてもらう必要があります。

常に一緒にいると犬は飼い主に強く依存してしまう場合があります。

さりげない外出・帰宅を行う

「行ってきます」「ただいま」を言わない

つい出かける前に「行ってきます」と犬に言いがちですが、犬は飼い主がこれからいなくなってしまうとわかると不安に襲われてしまいます。

目の前で出かける準備をしたりせず犬に気づかれることなくさりげなく出かけます。

帰ったときも「ただいま」と言わず、出かけることを特別なことと感じさせないようにすることが大切です。

犬の分離不安症の症状と原因・対策について解説のまとめ

犬の分離不安症は精神的疾患の1つで、飼い主さんと離れると恐怖や不安に襲われ問題行動を起こしてしまうことです。分離不安症は生活環境や育てられ方が原因となる場合があります。

分離不安症になってしまったら軽度な場合は、しつけにより自宅で対処し症状を解消したり軽減することができます。症状が重い場合は迷わず動物病院などの専門家に頼ることを検討してください。

分離不安症にならないためには留守番に慣れてもらう必要があります。上記を参考にして留守番することになれてもらいましょう。

愛犬がかわいくてたまらないからといっても、あまり構うことはしないようにすることが大切です。時には愛犬が独りで過ごす時間が必要になります。

飼主さんは愛犬と依存関係にならないように適度な距離で信頼関係を築くことで、愛犬を守ることができるのではないでしょうか。