留守番はストレス?猫の留守番と、ストレス軽減対策

猫に留守番させるのは何となく不安‥ペットホテルに預けても大丈夫?と家を留守にするのをためらってしまい結局「猫を飼っているので旅行できない」とあきらめている人いませんか。

そんな方のために、猫に留守番させることのストレスやストレスを軽減させる方法を紹介します。

留守番は猫にとってストレスなのか

一番心配な点は、猫にとって留守番がストレスになっているのかどうかですよね。詳しく見ていきましょう。

猫は1日の殆どを寝て過ごすので、留守番は得意

猫は本来単独で行動する動物です。さらに猫は1日の殆どを寝て過ごすと言っても過言ではありません。ですから、飼い主と少しぐらい顔を合わせなくても気にはしません。

つまり、猫は留守番が得意です。

1泊2日程度の留守番なら多くの猫にとって問題ない

猫は留守番が得意なので猫に留守番をさせる場合1泊くらいなら猫にとって問題はありません。

心配性の飼い主さんのなかには、ペットホテルに預ける方が安全だと思う人もいるかもしれません。

しかし、1泊程度ならストレスのかかるペットホテルより、慣れている家で過ごす方が猫にとってストレスがかからず安心という場合もあります。

準備不足があると猫にとって留守番がストレスに

猫に留守番をさせる時にはきちんとした準備が必要です。水や食事、トイレや室温管理などです。準備不足は猫にとってはストレスになります。

 

生活リズムが狂ったり飼い主がいないことに不安を覚えストレスを感じることも

留守番することにより、いつもと生活リズムが変わると猫はストレスを感じることがあります。

また、飼い主といつも一緒であれば、飼い主がいないことに不安を感じストレスを感じることもあります。

留守番によって猫が感じるストレスと対策

猫を留守番させざるを得ない場合があります。そんな時に留守番のストレスを感じないようする対策をいくつかご紹介します。

トイレや飲み水が清潔でない

設置する戸数を増やす

猫は大変きれい好きです。排泄物が溜まったトイレでは用を足さない場合があり、排便や排尿を我慢したり、トイレでない場所で粗相をしてしまうことがあります。

留守中は排泄物を処理できないので、トイレの設置を増やしておく必要があります。

トイレ砂や水の量を増やしておく

出かける前に猫のトイレをきれいに掃除しておくことが大切です。その際には、猫のトイレ砂をたっぷりと増やしておきます。猫は排泄物に砂をかけ排泄物を隠すからです。

水は直射日光が当たると蒸発して少なくなってしまうので、日の当たらない場所に複数用意しておきます。普段より水の量を増やしておくことも大切です。

水はこぼれないように吸水器で用意する

猫は退屈になるといろんなもので遊びます。水で遊ぶ場合もあります。猫が走り回り水に当たってひっくり返ってしまったり、水で遊んでる時にこぼしてしまうことがあります。

水が飲めなくなると脱水状態になってしまう可能性があるので、水がこぼれないように吸水器で用意することをおすすめします。

食事が新鮮でない

缶詰は痛むのが早いので、ドライフードを多めに用意

猫の食事ですが、普段缶詰を食べている場合でも、長時間置きっぱなしにすると痛んでしまうので避ける必要があります。痛むことがないドライフードを多めに用意しましょう。

人間の食事の残りや生ゴミの匂い

生ゴミを含めたゴミは留守番前は捨てておく

留守番中に猫が食べてしまわないように、人間の食事の残りや生ゴミは必ず捨てておきます。

人間の食事の中には玉ねぎなど、猫にとって食べてはいけないものがあります。生ゴミも同じで食べてはいけないものが含まれていたり痛んでいたりするので、必ず出かける前には処分してください。

いつも通りに寛げない

日常的に猫が寛いでいる部屋は行き来できるようにドアを開けておく

猫がいつもと同じ生活をするために、日常的に猫が寛いでいる部屋に行けるようにドアを開けておきます。

暑さ(夏場)

クーラーは28度前後で付けっぱなしにしておく

夏場など部屋が暑いと熱中症になってしまう可能性があります。熱中症にならないために、部屋の温度は猫が最も快適に過ごせる28度前後に設定し、常につけておきます。

リモコンは猫がイタズラして誤作動をおこすといけないので、猫が触れない場所にしまっておく必要があります。

運動不足、欲求不満

遊んでくれる飼い主さんがいないことにより、欲求不満が溜まることも

いつも遊んでくれる飼い主さんがいないと退屈になり、欲求不満が溜まってしまいストレスになってしまいます。

猫が自分で遊べる新しいおもちゃや爪とぎマットを用意しておく

猫は独り遊びが上手です。飼い主さんがいなくても自分で遊べるように、新しいおもちゃや爪とぎを用意します。

口に入ってしまう小さなものや簡単に部品が外れてしまうおもちゃは誤飲してしまうと危険なので、避ける必要があります。

寂しさ

飼い主の匂いが付いた服やタオル置いておく

猫が寂しさから不安にならないように、飼い主さんの匂いが付いた服やタオルを置いておきます。

外出から帰宅したらたくさん猫を褒めてかまってあげる

飼主さんは帰宅したら、猫に上手に留守番ができたことをしっかり褒めてあげます。

そのうえで猫とたくさん遊んであげることによって、次にはもっと上手に留守番ができるようになります。

留守番をストレスに感じた猫がとる行動

気をつけていてもストレスを感じてしまうかもしれません。猫がストレスを感じたときにとる行動を知っておきましょう。

いつもはしないイタズラをする(物を落とす、爪とぎをする等)

猫はストレスを感じると、所構わず爪とぎをすることがあります。

また、寂しさからの不安感からストレスを感じ、物を落とすこともあります。

トイレが汚いわけでもないとの粗相をしてしまう

トイレが排泄物で汚れていないのに、トイレ以外の場所で粗相をしてしまうのもストレスからです。

留守番後に呼んでも出てこない、部屋の隅に隠れている(いじけたように姿を見せない)

猫も拗ねることがあります。長時間留守番させられたことによりストレスを感じ拗ねてしまい、呼んでも知らん顔して出てこなかったり部屋の隅に隠れてしまうことがあります。

留守番後に普段以上に鳴いて関心を引こうとする、飼い主に構って欲しいとアピールする

長時間の留守番をストレスに感じ飼い主さんが帰ってくると、飼い主さんの気を引こうといつもより鳴いて飼い主さんに構って欲しいと訴えます。

猫のストレスを緩和するために留守番後にできること

ストレスを緩和してあげる方法もあります。いくつかご紹介します。

留守番を褒める

ありがとう、と声を掛けて猫を撫で、留守番を褒める

猫が感じたストレスを少しでも緩和するためには、猫に留守番してくれてありがとうと声を掛けてあげます。

さらに、上手に留守番できたことをたくさん褒めてあげることが必要です。

留守番の後ストレスや寂しさを解消することも

いつもより長く遊ぶ

猫が留守番したときに感じたストレスや寂しさを解消するために、いつもより時間をかけしっかりと遊んであげます。

いつもより美味しい食事を用意する

留守番をするといいことがあると学習してもらうために、いつもより美味しい食事を用意します。

美味しい食事を食べることによりストレスも軽減されます。

留守番から暫くしてもイタズラや粗相、鳴き声が落ち着かない場合

分離不安症の可能性も

留守番後もイタズラや粗相が長く続いたり頻繁に鳴くことが続いた場合は、ストレスにより引き起こされた分離不安症の可能性もあります。

人間の日常生活に支障をきたす場合は、動物病院に相談を

トイレ以外の場所での粗相がひどくなったり、あらゆる物を落としたり人間の生活に支障をきたすほど分離不安症の症状がひどくなった場合は、動物病院に相談することをおすすめします。

2日以上留守番はペットホテルやペットシッターを

留守番が長くなると猫のストレスがたまってしまうどころか、生活がうまくできない場合がありますので、預けるという選択肢が必要になります。

慣れてくれば2泊3日の留守番ができることも

猫が留守番することに慣れてきて、しっかりと準備ができたら、2泊3日の留守番は可能です。

ただし2泊以上は、ペットホテルやペットシッターの利用が安全

2日以上留守にする場合は、自宅での留守番よりペットホテルやペットシッターを利用するほうが安全です。

トイレ・飲み水・食事の清潔さを保つことが難しい

自宅での留守番で水や食事を多めに用意しても2泊以上は新鮮さを保てません。新鮮でない食事は食べない猫もいます。

一番の問題はトイレです。2日以上掃除しないでいるとかなりの排泄物が溜まってしまいます。

ペットホテルはストレスを感じる猫が多い

ペットホテルは猫にとって知らない場所でありお世話をしてくれる人も知らない人です。

さらに、知らない動物たちと過さなければいけません。猫にとってペットホテルはストレスだらけです。

自宅にペットシッターに来てもらうほうがストレスが少ない

可能なら、留守番前にシッターに来てもらって猫の世話をし、お互いに慣れてもらう

猫は知らない人にはストレスを感じます。ですから、シッターを利用する場合お互いを知って慣れてもらうためにも、留守番前にシッターにきてもらい猫の世話をしてもらうことをおすすめします。

留守番中に知らない人がいきなり家に来ると警戒してストレスを感じてしまう

猫が留守番している時に猫の知らない人がいきなり家に入ってくると、縄張り意識から強い恐怖や不安を感じ警戒してストレスを感じてしまいます。留守番をさせる前にシッターに慣れさせておくと安心です。

留守番はストレス?猫の留守番と、ストレス軽減対策のまとめ

猫に留守番させることに不安を感じている人は多いと思いますが、1泊2日程度の留守番でしたら猫は問題なくできます。

しかし、猫に留守番をしてもらうにはしっかりとした準備が必要です。

もし、留守番することにより猫がストレスを感じた時は、留守番後にしっかり褒めてあげ美味しい食事や長く遊んであげるなどしっかりと下スキンシップをはかりましょう。

また、2泊以上留守をする場合はペットホテルやペットシッターを利用することをおすすめします。

たまには飼い主さんも出かけたいですね。愛猫にストレスを与えないためにここでお伝えしたことを参考にして、留守番をしてもらい帰宅した際には十分なスキンシップをはかり愛猫との関係をさらに密接にしてくださいね。