鳴き声の変化は猫の気持ちや感情の表?

猫はいろんな鳴き方をします。野良猫がびっくりするほど大きな声で鳴くのを聞いたことがありませんか。

また、何とも愛らしい鳴き声の猫の動画を見た方も多いと思います。猫は一体何を伝えているのでしょうか。

愛猫家の方はご自分の猫が何を言っているのかを知りたいでしょう。猫を飼っていない方もかわいらしい猫が話している内容がわかれば、きっと猫を飼いたくなるのではないでしょうか。

猫は本来あまり鳴かない動物

猫はあまり鳴かないとされています。どのような時に鳴くのでしょうか。次のように考えられています。

多くはボディランゲージやニオイを使う

猫は犬と違いあまり鳴きません。犬は群れで暮らしていたことから仲間同士のコミュニケーション手段として鳴きますが、猫は単独で行動していたことが多かったので鳴く必要がありませんでした。

ですから、猫同士のコミュニケーションは表情やしぐさなどのボディランゲージやニオイが使われます。

猫同士で鳴くのは「縄張りの主張」「争い」「発情期」か「親猫と子猫のコミュニケーション」が多い

猫同士で鳴くことはあまりないのですが、コミュニケーションの手段として鳴くことがあります。

主には「縄張り争い」や「発情期」また「母猫と子猫のコミュニケーション」などです。

鳴き声は飼い主とのコミュニケーション手段にも使われる

猫は飼い主と親密な関係になると飼い主を母猫のように思い、コミュニケーションの手段として鳴くようになります。

猫の鳴き声の種類

 

猫の鳴き声は様々です。鳴き声によってどんな意味があるのでしょうか?代表的な鳴き声をご紹介しましょう。

親猫や飼い主に対して甘えるときの鳴き声

相手に構って欲しい「ミャアミャア」

「ミャアミャア」と鳴くときは、相手の気を引き自分に注目してほしいと気です。何かを要求する時やおねだりや挨拶で相手の気を引くために鳴くときの鳴き声です。

甘えている「グルル」

「グルル」と鳴く時は子猫が母猫に甘える時などに鳴く鳴き声です。

気持よい時に喉を鳴らす「ゴロゴロ」

猫が鳴くというよりは「ゴロゴロ」と喉を鳴らす時はリラックスしている時です。相手に対して悪意がなく甘えたいという時に鳴きます。

一方では、緊張したときや具合の悪い時に喉を鳴らすこともあります。

猫や飼い主を呼ぶときの鳴き声

相手の気を引きたい時の「ニャン」

飼い主などの気を引きたい時「ニァン」と鳴きます。機嫌のいい時や挨拶として鳴く時もあります。

挨拶や返事として親しい相手に気軽に鳴く「ニャッ」

「ニャッ」と鳴く時は機嫌のいい時です。親しい相手に挨拶する時や呼ばれた時の返事として鳴きます。

何かを訴えている、何かをして欲しい時の「ニャーーン」

「ニャーーン」はよく聞かれる猫の鳴き声です。何かをして欲しい時や機嫌のいい時甘えたくなった時などに鳴きます。

攻撃や威嚇行動に使われる鳴き声

低い唸り声で相手を威嚇する「ウー」「ンー」

低く唸るように「ウー」「ンー」と鳴く時は相手に対し恐怖を感じ警戒している時です。

相手に対して警戒していることを示す「シャー」「フー」

「シャー」「フー」は相手に対し警戒し今まさに「攻撃を仕掛けるぞ」という時に発する鳴き声です。

その他の鳴き声

獲物を狙っている時「カッカッカ」

「カッカッカ」という鳴き声は攻撃行動ではありません。獲物を見つけ捕獲しようとしている時に発する鳴き声です。

発情期「アオーン、アオーン」

大きな声で「アオーン、アオーン」と鳴くときは発情期の鳴き声です。非常に大きな声で独特の鳴き方をします。

猫は鳴き声だけでなく体全体で気持ちを表している

あまり鳴かないという猫は、しっぽや耳を使って気持ちを表しています。よくみるしぐさをご紹介しましょう。

しっぽ

垂直に立てている時は「嬉しい」「甘えている」

猫がしっぽを垂直に立てて歩いている姿はとても優雅です。猫はピンと立ったしっぽで嬉しい気持ちを表しています。

そして、飼い主さんに対して行われる時は甘えたい合図です。思いっきり遊んであげると喜んでくれるはずです。

足の間に巻き込んでいる時は「怖い」

猫は後ろ足の間にしっぽを巻き込む時は、恐怖を感じている時のサインです。犬も同じように恐怖を感じると後ろ足の間にしっぽを巻き込みます。

猫がこのしぐさをした時は恐怖を感じています。その恐怖の原因を特定して、少しでも猫のストレスを軽減してあげるようにしましょう。

ブンブンと早く振っている時は「何かに集中している」「機嫌が良くない」

猫がブンブンとしっぽを振っている時は、機嫌の悪い時や何かに集中している時です。このしぐさをしていたらあまり構わずそっとしておきましょう。

犬は喜んでいる時にしっぽを振るので猫も同じなのではと勘違いしがちですが、逆の感情なので注意が必要です。

タヌキのように膨らんでいる時は「威嚇している」

しっぽがタヌキのように膨らんでいる時は、相手を警戒して威嚇している時です。しっぽだけではなく、全身の毛を逆立てて背中を丸めて相手に対し自分を大きく見せています。

ぺたりと伏せて力を抜いている時は「リラックス」

猫は聴力が鋭い動物です。常に何かの音をキャッチしようとピンと立てています。その耳がぺたりと伏せて力を抜いている時はとてもリラックスとしている時です。

本当にだらーっとしてゆったりとしています。

ピンと立てて動かしている時は「警戒している」

猫の耳はとても鋭い聴力があります。何か不穏な空気を察したときにはあらゆる音をキャッチしようと耳をピンと立てあらゆる方向に動かします。

つまり、警戒している時のしぐさです。

全身の様子

毛を逆立てて背を丸めている時は「威嚇している」

猫が全身の毛を逆立てて背中を丸めて相手に対し自分を大きく見せている時は、相手を怖がらせようとしている時です。威嚇している時です。

この時のしっぽは、タヌキのように膨らんでいます。

うずくまったり伏せて緊張している時は「怖がっている」

猫がうずくまり全身に力を入れ固まっている時は、怖がっている時です。相手に対し自分の体を小さく見せようと耳まで折りたたんでしまう場合があります。

猫がこのしぐさをした時は、怖がっている対象を見つけ猫の視界に入らないようにする必要があります。

片足を上げて止まっている時は「相手の出方を窺って緊張している」

猫が前足の片方だけ上げて止まってしまっている時は、次の行動をどうしようか考えている時です。

例えば、「猫パンチをしようか」、それとも「逃げようか」などです。

お腹を上にして寝転がっている時は「とてもリラックスしている」

お腹を上に向けて寝転がっている時、いわゆる「ヘソ天」と言われるポーズをしている時はリラックスしています。急所であるお腹を見せても大丈夫という確信があるからです。

そういうところは犬と同じですね。

鳴き声としつけ

猫の鳴き声について、しつけはできるのでしょうか。猫の鳴き声のしつけについてみていきましょう。

鳴いて良いことがあると猫は学習する

鳴いたらおやつが出てきた

猫は賢い動物です。鳴くことによって人間に何かを要求しています。

例えば、鳴いたらおやつやごはんがもらえ嬉しかった時は、鳴くとおやつやごはんがもらえると学習します。

鳴いたら飼い主に遊んでもらえた

おやつやごはんの時と同じように鳴いたら飼い主に遊んでもらえ楽しかった場合、鳴くと飼い主に遊んでもらえると学習します。

鳴いて飼い主の気を引くことができた

猫は、鳴いたときに飼い主さんが気が付きそばに寄ってきたり声を掛けてくれるなどの行為をしたら、鳴くと飼い主の気を引くことができると学習します。

鳴くのをやめさせたい場合は

鳴いても要求に応じない

猫が鳴くのをやめさせたい時は、叱ってはいけません。叱ると飼い主の気が引けたと思い余計に鳴きます。

一番良い方法は、猫が鳴いても要求に応じないようにすることです。

最初は要求を通そうと頻繁に鳴くようになりますが、そこは猫との根くらべです。根負けせずにいれば少しずつ改善していくと思われます。

他のもので気をそらす

猫が要求を通そうと鳴いている時に他のもので気をそらすことで、鳴き止みます。

例えば、おやつが欲しくて鳴いている時におもちゃなどを投げて、そちらに気が行くようにします。

先回りして鳴かない環境を作る

飼い主さんにとっては、猫の日頃の猫の様子を観察していれば、どのようなタイミングでなにを要求して鳴くのかがわかると思います。

ですから、鳴くのをやめさせたい場合は、そろそろおやつが欲しくて鳴くころかなと思ったときに、鳴く前に先回りしておやつをあげると猫は鳴かなくてもよくなります。

鳴き声の変化は猫の気持ちや感情の表?のまとめ

猫は猫同士のコミュニケーションの手段としてはあまり鳴くことはありません。

しかし、人間とのコミュニケーションの手段として鳴くようになりました。飼い主との関係が親密になるとおやつやごはんが欲しくなったり、甘えたくなったり何か要求したい時に鳴いて伝えようとします。

鳴き声の他にしっぽや耳、体全体で気持ちを表すこともあります。猫は非常に賢いので鳴いた時に飼い主が反応したり要求が通ると鳴くと要求が通ると学習します。

しつけとして鳴くのをやめさせたい時は、鳴いても応急に応じないようにしたり他のもので気をそらしたり先回りして鳴かせない環境を作ることです。

犬と違い猫は表情が読みにくく、なかなか愛猫の気持ちが理解できいことが多かったと思います。

しかし、これからは猫の言葉を少しでも理解し愛猫との会話を楽しみましょう。