犬のひげカットはする?その理由と方法について

愛犬がトリミングサロンから帰ってくると、いつの間にか愛犬のひげがカットされていた、また、トリミングサロンで、「ひげはカットしますか?」と聞かれて悩んでしまった。そんな経験はありませんか?最近では、ほとんどのトリミングサロンで、ひげのカットはメニューに含まれています。

でも、ちょっと待ってください。猫のひげはカットしてはいけないと言われているのに、犬のひげはカットしても良いのでしょうか。

今、当たり前になっている犬のひげのカットですが、犬のひげの役割は何?なぜカットするの?その方法は?そんな飼い主さんの疑問を解決し、愛犬のひげをカットするかしないかの判断をするための情報を紹介します。

犬のひげの役割

まずは、犬のひげの役割を理解しておきましょう。

毛根は神経と血液が流れている器官

犬のひげは、猫ほど大切な感覚器官ではありませんが、感覚器官として存在しています。犬のひげは顎の下、マズルの横や上唇、眉毛の部分にあり、毛根付近には血管や神経が分布しています。そのためひげを触られることを嫌がる犬も多いです。

周りを察知する

猫ほどではありませんが、犬のひげはセンサーとして、わずかな気流の変動などで周囲からの情報を得て、周りを察知します。

平衡感覚を保つ

犬のひげは、五感のひとつ「触覚」をつかさどる感覚器官として、平衡感覚を保つのに使われています。

高齢犬にとってひげが大切な感覚器官

犬は高齢になると視力・聴力の衰えにより周りの状況が把握しにくくなります。この状況で使える高齢犬の最大の感覚器官は、嗅覚やひげ、足裏の感覚機能になります。視力・聴力が衰えると、高齢犬にとってひげは大切な感覚器官になります。

犬のひげをカットする理由

では、なぜ犬のひげをカットするのでしょうか?

あえてカットする必要はない

犬のひげの役割は猫ほど重要ではなく、また犬は適応能力があるので切っても日常生活に支障はないので問題はありませんので、ひげをカットしても問題はありません。

しかし、犬種だけでなく個体によっても、ひげの機能は異なると言われており、ひげを切ることにより能力が低下してしまう可能性もあるので、あえて切る必要はありません。

外見上や美容の意味が大きい

ひげを切る理由は、外見上や美容の意味が大きいと言えます。愛犬の顔をすっきりとしたスマートな印象に、またぬいぐるみのような可愛い雰囲気に仕上げたい時にはひげを短く揃えます。

犬のひげのカット方法

犬のひげはどのようにカットするのか、ご紹介しましょう。

できるだけ小さいハサミを使う

犬のひげのカットには、できるだけ小さめのハサミ(眉毛切りバサミ、鼻毛切りバサミなど)を使います。先端の丸いものの方が安全です。

顔を安定させる

利き手でハサミを持ち、愛犬を抱き寄せながら、反対側の手を愛犬の顎の下に添えて愛犬の顔をしっかりと安定させ、舌が出てこないようにしっかりと口を持ちます。

避けるべき部分

犬にとって、ひげの根元の皮膚が盛り上がっている部分は、神経が集中していて非常に敏感な部位です。この部分のひげを根元からカットするのは皮膚を傷つける可能性が高いので、ひげの根元の皮膚が盛り上がっている部分はカットするのは避けましょう。

カットする部分

愛犬の皮膚を傷つけないように、なるべく根元に近い部分を1本ずつ丁寧にカットします。

ハサミに慣れてない犬の場合

ハサミに慣れていない犬やハサミを怖がってしまう犬は、暴れてしまったりするので大変危険です。無理してカットしないでトリマーさんにお願いしましょう。

犬のヒゲをカットする際の注意点

安全にひげをカットするための注意点をおさえておきましょう。

ひきぬいたりしない

ひげを引っ張るなどして無理やりひき抜いてはいけません。ひげの根元には神経や血管が集中しています。ひげを抜くと、犬は痛がることがあります。

また、抜いた毛穴から出血がみられたり、化膿する場合もあるので、ひげを引き抜くことは控えましょう。

ふわふわした被毛の犬種は注意が必要

トイプードルなどの犬種はふわふわとした被毛なので、ひげと被毛の区別がつきにくく、愛犬のひげがどこにあるのかわからない、と困ってしまう飼い主さんが多くいます。家庭でカットするのは大変難しいと言えます。

高齢犬の場合はカットしない方が良い

犬は高齢になると、はじめに視力が衰え、次に聴覚が衰えてきます。運動機能も衰え足の運びや関節の動きも悪くなります。この状況で自分の周りの状況を把握するには、ひげの感覚器官が非常に大事になります。

ですから、高齢犬の場合には、感覚器官として大切になるひげを切らない方が良い、と言えます。

カットした後は生活や行動をチェック

ひげをカットした後にはストレス反応により、愛犬の生活や行動に変化が起きる可能性があります。ひげをカットした後は愛犬の行動を必ずチェックしましょう。少しでも気になる変化が起きた時は、次からはカットしない方が良いでしょう。

犬のひげのトラブルと対処法

犬のひげを観察していると、変化に気づくことがあります。よくあるトラブルと対処法をご紹介します。

枝毛

枝毛自体は心配なし

ひげの周辺の皮膚を強い力で掻きむしり、ひげが折れたり途中で切れたり、枝毛になってしまったり、よくあることです。枝毛があったとしても枝毛自体は心配する必要はありません。

頻繁に掻いている場合

あまりにも頻繁に掻いている場合は、耳ダニや皮膚炎によるかゆみの可能性もあるので動物病院を受診してください。

白髪

老化による自然現象

犬のひげに白髪が混ざっていても心配する必要はありません。元々犬のひげの毛色は様々なバリエーションがあり、子犬の頃から黒いひげの中に白いひげが生えていることもあります。

元々違う色だったひげが高齢になるにつれ白くなったのなら、老化による自然現象なので心配はありません。

白髪&カールして曲がるようなひげが生えてきたら

白髪だけでなく、カールしていて曲がるようなひげが生えてきた場合は、たんぱく質などの栄養不足の可能性があります。栄養バランスが崩れて血行不良を起こすと白髪の原因になります。

日頃から栄養バランスの取れた食事を心がけてください。

一気に抜ける

ひげの生え変わり時期(1年に2回)

ひげは被毛と同じように一定期間およそ半年に1度生え変わります。この次期のひげは自然に抜け落ちるので犬も痛みを感じることはありません。

病気の可能性もあり

皮膚病やニキビダニが原因でひげが大量に抜けることがあります。

また、かゆみを感じ後ろ足で目一杯掻きケガをした所に雑菌が入り皮膚が炎症を起こしてしまい、ひげが抜けてしまうことがあります。

犬のひげはカットする?その理由と方法についてのまとめ

犬のひげは猫ほどではありませんが、感覚器官としての役割を持っています。ひげをカットしたとしても普段通りに生活することができますが、視力や聴力が衰えた高齢犬にとってはとても大切な感覚器官になります。

犬のひげをカットする必要はありませんが、あえてカットする理由は、外見上や美容の意味が大きいと言えます。ひげをカットすることにより、すっきりとスマートに、またぬいぐるみのように可愛く仕上げることができるからです。

犬のひげの毛根付近には血管も神経も通っているので、愛犬のひげを飼い主さん自身がカットする場合は、愛犬を傷つけることのないように最大の注意をしましょう。

また、ストレスにより、愛犬の生活や行動に変化がないか必ずチェックしましょう。

犬のひげをあえてカットする必要はありません。カットしたとしても生活に支障はありません。

しかし、高齢になった場合は、ひげはとても大切であるということを忘れないでほしいと思います。犬のひげをカットするかしないかは飼い主さんの考え方次第になります。