犬のサマーカットのおすすめ時期やメリットと注意点

暑い季節になると、あちらこちらで涼しげな可愛いカットをしたワンちゃんを見かけることが多くなりましたよね。あれって「サマーカット」って言うんですよ。もちろんサマーカットという言葉はご存じだと思いますが、でも「サマーカット」=「丸刈り」ではないんです。

ご自分の愛犬が暑そうでかわいそうだから「サマーカット」したいと思っている飼い主さんは必見です。ここでサマーカットの本当の意味、おすすめ時期やメリットと注意点を紹介しますので、知識を深め愛犬のために、適切なサマーカットをしてあげてください。

サマーカットとは

サマーカットとはそもそもどんなカットをいうのか、詳しくみていきましょう。

夏用に風通しをよく毛を短く整えたカットのこと

夏に向けて普段より少し毛を短くしてあげることがサマーカットの本来の意味です。丸刈りではなく風通しをよくしてある程度熱を逃がすことを目的としています。少し風通しが良くなるくらいに整えるのをサマーカットと言います。

4月~6月くらいにカットするのがおすすめ

暑くなり始める4月~6月くらいが換毛期にあたり、抜け毛の少ないシングルコートの犬も毛が抜け始めますので、抜け毛対策にもなります。

注意してほしいのは、冬のサマーカットで冬に毛を短くしてしまうと、体が冷えやすくなり、体調を崩す原因となってしまう可能性があるからです。

丸刈りだけでなく、部分的に短くするのもサマーカット

犬が暑いときにお腹を冷たいところにあてて体を冷やしているのを見かけたことはありませんか?

犬のサマーカットでお腹やわきの下、後ろ足の付け根などの被毛を短くカットし、また毛をすいて被毛の密度を低くすることにより体を冷やす効果をあげます。このように部分的にカットすることもサマーカットに含まれます。

また、垂れ耳の犬は、耳の内側の毛を短くカットすることにより、通気性をよくし蒸れを防ぎます。

ペットサロンでサマーカットをお願いする時は形のイメージを伝える

一般的には「サマーカット=丸刈り」というイメージになっています。ペットサロンでサマーカットというと、丸刈りにカットされてしまうトラブルが時々あるようです。

ペットサロンでお願いする際にはサマーカットと注文するだけでなく、具体的にどのくらいカットして、どのような形にするのかをきちんと伝えるとよいでしょう。

犬の被毛の役割

間違いのないトリミングをおこなうために、犬の被毛の役割をきちんと理解しておきましょう。

犬の被毛には大事な役割がある

犬の被毛の役割は、体が濡れるのを防ぎます。ノミやダニから皮膚を守ります。紫外線や日光から皮膚を守ります。そして犬の体温を調節します。

断熱材の効果がある

体温を調節することができるのは、被毛が断熱材としての役割を果たしているからです。被毛の隙間に空気の層を作ります。それが断熱材となって直射日光が直接皮膚に届かないようになります。つまり被毛があることにより断熱効果が得られるということです。

毛が短すぎると危険なことがある

断熱材としての役目、また体温を調節する役目のある被毛を丸刈りや丸刈りでなくても極端に短くカットしてしまうと、被毛の役割が果たせなくなります。そのため結果的に犬を危険な目に合わせている可能性があります。

サマーカットのメリット

サマーカットにはたくさんのメリットがあります。いくつかご紹介します。

皮膚病を防ぐ効果がある

シングルコートの長毛種は被毛の間に熱がこもりやすいため、被毛を短くカットすることにより空気の流れがよくなり、皮膚病になりにくくなる効果があります。特に夏場のサマーカットカットは効果があります。

清潔に保つことができる

皮膚や被毛が皮脂で汚れるとシャンプーの回数が多くなってしまいます。その際、被毛が短いと早く乾燥させることができ、お手入れも簡単になり常に清潔に保つことができます。

また、長毛種で毛玉になってしまったところは、汚れがたまりやすくなっています。その汚れが皮膚病の原因になってしまいますので、サマーカットで毛玉をカットすることにより体を清潔に保ち皮膚病になりにくくします。

サマーカットの注意点

サマーカットをする場合に注意してあげたいポイントもあります。犬の体調にも影響がでてしまうこともありますので、知っておく必要があります。

短くし過ぎると皮膚を保護できない

被毛をバリカンで丸刈りにしたり、極端に短くカットしてしまうと夏は日光や紫外線、冬は寒さから守ってくれるものがなくなってしまいます。そのために皮膚を保護できず、皮膚に問題を起こす可能性があります。

犬の皮膚は薄いので傷つきやすく、紫外線によるダメージをうけやすい

犬の皮膚はたいへん薄くデリケートで傷つきやすくできています。バリカンでサマーカットをしただけで、毛穴や皮膚が傷ついてしまったり、皮膚に直接紫外線があたると炎症を起こしてしまうことがあります。

紫外線の影響とは皮膚だけと思われがちですが、毛をつかさどるホルモンバランスにも影響を与えます。ホルモンバランスの崩れにより、犬の毛が生えてこなくなったり、毛質が変わってしまう可能性もあります。

害虫の侵入、虫刺されによる皮膚炎のリスクが高まる

犬はサマーカットすることにより、被毛に守られていた皮膚が表に露出してしまい、虫に刺されやすくなってしまいます。よって虫刺されによる皮膚炎のリスクが高まる可能性があるので、害虫の侵入を徹底的に防ぐことが必要です。

特に、蚊に刺されないように虫よけ対策をしたり、外出時に熱中症対策用のクールベストなどを着せてあげましょう。

毛質が変化してしまったり、生えなくなることもある

犬の全身サマーカットで、バリカンで刈り上げた場合に、被毛が変化してしまう可能性があります。

犬種によっては二度と伸びてこないこともあります。シングルコートの犬種よりダブルコートの犬種の方がそのリスクが高いと言われています。

バリカンで全身を刈り上げる際には、トリマーさんに被毛の変化についての説明を十分にうけましょう。

犬のサマーカットのおすすめ時期やメリットと注意点のまとめ

犬のサマーカットとは、夏に向けて風通しをよくするため、少しカットして整えることをいいます。

おすすめの時期は4月~6月で換毛期にあたるので抜け毛対策にもなります。一般的にサマーカットと言えば丸刈りだと思っている方が多いので、トリミングでサマーカットをお願いする時はどのくらいのカットでどんな形かをきちんと伝えましょう。

サマーカットのメリットは皮膚病を防ぎ、体を清潔に保つことができるということです。見た目も涼しそうですよね。

しかし、注意点もあります。犬の被毛には大事な役割があります。その被毛をバリカンで丸刈りしてしまったり、極端に短くカットしてしまうと大事な役割をしてくれる被毛がなくなってしまいます。

また、犬種によってはバリカンで丸刈りされることにより、毛質が変わってしまったり、毛が生えてこなくなる場合もあります。

現在、犬のサマーカットについてはいろいろな意見があります。メリットもあるし、デメリットもありますので一概にどちらがいいとは言えません。

しかし、一番に考えるべきことは愛犬にとって何がベストであるかということではないでしょうか。

丸刈りではなく、少し長めにカット、また部分的にカットするのもサマーカットに含まれますので、愛犬に合った方法を見つけて愛犬が快適に過ごせるようにしてくださいね。