犬のトリミングとは?基礎知識とグルーミングとの違いについて

家族の一員となった可愛い愛犬に「トリミング」したいと誰もが思いますよね。

しかし、「グルーミング」という言葉もあるのをご存知でしょうか。こ飼い主さんなら誰でも、愛犬にはいつまでも健康で可愛く長生きしてほしいと願っていると思います。そのために「グルーミング」と「トリミング」は大事なことです。

愛犬を愛してやまない飼い主さんのためにグルーミングとトリミングとは、違いとトリミングの基礎知識を紹介します。愛犬がより健康で可愛くなるために、ぜひ役立ててください。

トリミングとは

まずは、トリミングの意味や必要性からみていきましょう。

トリミングの意味

トリミングの元々の言葉の意味は「刈りそろえて整える」ということです。主に愛犬の不必要な被毛をカットし整えます。

一般的なお手入れ方法は、ハサミをメインにしてカットを行います。

トリミングの必要性

トリミングはスタイル的な効果だけではありません。トリミングにはとても大切な意味があります。

体を清潔に保つため

犬の肛門周囲や尿道周辺の毛に糞や尿が付いた状態のまま放置しておくと、不衛生で雑菌が繁殖する原因となります。トリミングや部分的なカットを行うことで体を清潔に保つことができます。

美容やおしゃれのため

おしゃれなカットで愛犬の見た目が可愛くなるのは、飼い主さんにとって嬉しいことです。愛犬に合ったお気に入りのスタイルを見つけるのもいいですね。

ケガの防止のため

毛が伸びたままにしておくと伸びた毛が視界を妨げたり、肉球の間から生えた長い毛が肉球の滑り止めの役割を半減してしまい、犬が転倒してケガをする危険があります。トリミングを行うことによりケガを防止することができます。

グルーミングとは

グルーミングという言葉は、トリミングに比べると馴染が薄いという方もいるかと思います。グルーミングについてご紹介します。

グルーミングの意味

ブラッシングやシャンプー、耳掃除、爪切りなどの愛犬の体全体の手入れをし、清潔に保つことです。全犬種に必要となります。

また、グルーミングは自分で行うことも可能です。

グルーミングの必要性

グルーミングには大切な必要性があります。

健康を保つため

ブラッシングを行うことで血行がよくなり、代謝を高める効果があります。

また、皮膚もチェックでき皮膚の病気を早期発見することができ、腫瘍やノミ、ダニなどの寄生虫の発見につながります。

美しさを保つため

シャンプーにより愛犬に付着したホコリ、汚れをしっかり洗い落とし、ブラッシングによりもつれた毛をとき整えますので愛犬の本来の美しさを保つことができます。

飼い主との信頼関係を築くため

体を触られたりなでられたりすると愛犬も気持ちが良くなり喜びを感じ、飼い主さんとの信頼関係を築くことができます。

また、小さい頃からグルーミングをすることにより社会性が身につきます。

トリミングとグルーミングの違い

グルーミングとは体全体の手入れを行うことをいいます。実は、トリミングはグルーミングの一種なのですが、日本ではグルーミングは単に手入れや、ケアを行うことについて呼ばれていることが多いです。

手入れの範囲

一般的なサロンでは、トリミングで行われる手入れの範囲はシャンプー、カット、グルーミングの3つとなっています。グルーミングは爪切り、耳掃除、歯磨き、肛門腺絞りなどです。

プロに任せるor自分でやる

サロンに行くと結構お金がかかってしまいますので自分でトリミングをする飼い主さんもいます。その際シャンプー&ブローをきちんとしないと毛玉の原因になってしまいます。

また、思い描いたようなきれいなスタイルにカットするのは、難しいかもしれません。

自分でやるのは不安だからとプロに任せる飼い主さんもいます。

どちらかに決めるのではなくブラッシングなどの日々のケアと比較的飼い主さんでもできる耳掃除、爪切りなどのケアは飼い主さん自身で行い、カットなどの難しいトリミングをプロに任せ、サロンに行く回数を減らすという方法もあります。

愛犬と飼い主さん自身に合ったトリミングのやり方を見つけてください。

トリミングをサロンでする場合

サロンでのトリミングについてご紹介します。

施術内容

どこのサロンでもシャンプー、カットを主体としたセットメニューを行っています。

施術内容はシャンプー、カットのみならず、愛犬の体全体をケアするグルーミングも行っております。

施術内容は主に、

・シャンプー&リンス

・全身カット

・爪切り

・ブロー

・耳掃除

・足裏バリカン

・足回りカット

・肛門腺絞り

・肛門バリカン

・ブラッシング

など、サロンにより多少内容が異なりますが上記のようなセットメニューが一般的です。

また、爪切り、耳掃除、肛門絞りなど単品メニューとして扱っているサロンもあります。

事前に用意するもの

次の証明書は必ず必要です。

・1年以内の狂犬病予防接種の証明書

・1年以内の混合ワクチン接種の証明書

料金の相場

料金の相場は次のとおりです。

・小型犬:4,000円~6,000円

・中型犬:6,000円~9,000円

・大型犬:10,000円~13,000円

・超大型犬:15,000円~

プードルなどの特殊な毛をもつ犬種はトリミング料金も高くなる傾向があります。

また、ひどい汚れ、抜け毛やもつれがあった場合は別途料金としてトリミング料金に500円~2,000円加算されることがあります。

注意事項

トリミングサロンに行く前にノミやダニの駆除を済ませておきます。ノミやダニが大量に発生したままサロンに行くと、他の犬にうつってしまう危険性があるため、サロンではノミやダニが発生した犬のトリミングを中止することがあります。

トリミングは犬の体力を消耗しますので、犬の体調が悪い状態でトリミングを行うと余計に悪化させてしまいます。

トリミングには体調の良い日に連れて行き、トリミングから帰ったあとは家でゆっくりと休ませましょう。

トリミングに適した頻度とは

トリミングを行う理想の頻度についてご紹介します。

目安は月に1回程度

成犬の場合、毛の伸び加減を考慮すると、月に1回くらいが目安となります。トリミングをおこなってから3か月以上経過してしまうと、広範囲に毛玉が広がってしまい、広い範囲を刈り取ることになってしまうことがあります。

ペットの種類や毛量に合わせた頻度で

ダブルコートの犬種(チワワ、ミニチュアダックス、柴犬等)は毎日のブラッシングといったお手入れを行えば、必ずしも定期的なトリミングは必要ありません。

毛量の多い犬の場合は毛が絡まりやすく、1か月に1回でも毛玉ができてしまうのでもう少し短いサイクルでもいいのではないかと思います。

老犬の場合はトリミング自体が犬の体に大きな負担をかけてしまうので、頻度は少なめにしたほうがいいです。

やり過ぎは禁物

シャンプー剤は皮脂を落とす役割もあり、使いすぎると皮膚が乾燥し痒がり、フケが出るようになってしまいます。

また、被毛に含まれている脂も取れてしまうので、被毛がパサパサになってしまいます。

トリミングは長時間かかります。慣れないサロンでトリミングをすることで、犬の体力はかなり消耗してしまいます。愛犬をおしゃれで可愛くしたいと思う気持ちはわかりますが、皮膚が痒くなり悲しい思いをしてしまったり、長時間頑張らなければいけない愛犬のことを考えるとやり過ぎは禁物です。

適度な頻度でサロンを利用しましょう。

犬のトリミングとは?基礎知識とグルーミングとの違いについてのまとめ

愛犬の体全体の手入れを行うグルーミングは愛犬の健康、美しさを保ちそして飼い主さんとの信頼関係を築いてくれます。そのグルーミングのなかにトリミングも含まれています。

トリミングサロンには愛犬の体調の良い日に行くようにして、プロの手でしっかりと愛犬の体全体のケアをしてもらい、愛犬に合ったスタイルにしてもらいましょう。

また、愛犬の健康維持のため、飼い主さん自身が日々ブラッシングなどのケアをして愛犬と触れ合うことにより、愛犬との絆がより深まります。

毎日のブラッシングや定期的にトリミングすることにより、愛犬が美しく健康でいられることは飼い主さんにとっては幸せなことだと思います。