犬用カットバサミ・トリミングシザ―の種類・特徴・選び方

大切な愛犬の健康のために、トリミングは定期的にきちんとしたいですよね。愛犬のことは自分で出来たら自分でやりたい、でもどんなハサミが必要かわからないし、選び方も…と悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

自分でトリミングをする際に必要なのがトリミングシザーです。そのトリミングシザーの種類や特徴、選び方そして安全な使い方を紹介します。

ぜひ大切な愛犬のために知識を深め、愛犬のトリミングに役立ててください。

犬用ハサミの種類と特徴

犬用のハサミも様々です。使いやすいハサミを使用することで安全に手早く行うことができます。

カットシザー

一般的に使用されているメインのカットバサミです。

特徴

犬の被毛がにげないように直刃になっています。

注意点

鋭い切れ味なので切り過ぎないように注意が必要です。

ミニカットシザー

細かいカット用のシザーです。

特徴

小さいサイズのハサミで安全性の高さが特徴ですが、カット量が多い場合には適しません。

使い方

足先やひげなどの細かいところの処理に使用します。自宅で足先やひげだけお手入れしたい飼い主さんにおすすめです。

セニングシザー

いわゆるすきバサミと言われるシザーです。

特徴

一度にすべての毛が切れないため切り過ぎの失敗がありません。毛量を調節することができ、自然な仕上がりにするために被毛をすいてバランスをとることができます。なんとなく良い感じにぼかしてくれる効果があります。

使い方

目(櫛のような部分)の数が様々なので犬種や被毛の状態によって使い分けをして使います。

トリミング用ハサミの選び方

最適なハサミの選び方をご紹介しましょう。

先端が丸いハサミを選ぶ

飼い主さん自身が愛犬のトリミングをする際に一番心配なことは、愛犬の皮膚を傷つけてしまわないかということです。犬の皮膚はとても薄く人間の皮膚と比べると3分の1程度の厚さしかありません。ちょっとしたことで犬の皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

先端が丸くなっているハサミを選ぶことで、愛犬の皮膚を傷つけにくくなります。便利な道具を上手に使って安心、安全なトリミングを行いましょう。

ネジで閉まり具合を調節できるハサミを選ぶ

長期に渡りハサミを使用していると、中央のネジ止め部分がゆるくなってしまうことがあります。そうなると2つの刃の合わせ方が狂い切れ味が悪くなってしまいます。

また、犬の毛質により、固い毛を切るときはゆるめ、柔らかい毛を切るときはきつめとネジの閉まり具合を調節できるものを選ぶことによりスムーズに愛犬のお手入れができます。

切れ味が良いハサミを選ぶ

トリミングで切れ味の悪いシザーを使うと思うように被毛をカットすることができません。そればかりか、無駄な力が入り犬にケガを負わせてしまう可能性があります。毛へのダメージやケガのリスクを減らすためにはトリミング専用の刃こぼれがなく切れ味の良いものを選びます。

ペット用のトリミングシザーを選ぶ

ペット用トリミングシザーは人間の美容用シザーと基本的にほとんど違いがありませんが、ペット用のトリミングシザーは犬の被毛が逃げないように刃付けされています。

試し切りをしてみる

長時間シザーを握っていることになるので、切れ味やシザーの手の馴染みなどが大切になります。自分の手に馴染むかどうかまた、どのくらいの切れ味かを確認するためにも試し切りをすることはとても大切なことです。

用途に合わせて選ぶ

飼い主さん自身がカットする場合は、お尻周りや足裏など、すぐに伸びる部分をカットする時はミニカットシザー、ちょっと毛の量が多いのですっきりさせたいならセニングシザー、また、全体的にカットしたい時はカットシザーと用途に合わせて選びましょう。

飼い主さん自身で愛犬の全体のカットを行いたい場合は数種類のトリミングシザーが必要になり、用途に合わせて使い分けをおすすめします。トリミングシザーにはいろいろな種類があり、トリミングする犬種によって揃えるシザーが違ってきます。

また、どのようなカットに仕上げるかによっても違ってきますので、愛犬の犬種、またどのように仕上げるかをしっかりと考えてシザーを選びましょう。

トリミングハサミの安全な使い方

トリミングハサミを使用する際に注意しておきたいポイントを、押さえておきましょう。

足裏の毛を刈る時に気をつけたい点

カットに使うハサミの刃は非常に鋭く、軽く触れただけで切れてしまいます。

また、犬が暴れてハサミを蹴って肉球に当たり、肉球を切ってケガを負わせてしまったり、ケガを負わなかったとしても蹴られたハサミが飛んで行ってしまうことがあり非常に危険です。

安全性を考えると足裏の毛は、バリカンで刈ってしまうのをおすすめします。その時も、バリカンは肉球に当てたら、まっすぐに動かしてください。

肛門周囲の毛を刈る時に気をつけたい点

肛門周囲は犬にとってもデリケートゾーンですので、カットしようとすると尻尾を下げたり肛門を動かしたりと危険な部位です。

バリカン、ハサミどちらも危険には変わりませんが、安全性を考慮するとハサミでカットするよりも、バリカンで刈ってしまうことをおすすめします。その時は肛門を中心に放射線状に外に外にとバリカンをまっすぐ動かします。

しかし、肛門付近は大腸菌などの菌が多く、傷を負うと治りにくくなりますので十分注意が必要です。

目の周囲の毛を刈る時に気をつけたい点

犬の目のぎりぎりにハサミの切っ先があると、犬が動いてしまった時に目を刺してしまう可能性があります。目の周囲をカットする時は、刃の半ばを使いハサミに角度をつけるような感じで、切っ先が犬に向かないようにします。慎重におこなう必要があります。

シザーの他にあると便利なもの

ハサミの他にも、併用すると便利なものをご紹介します。

コーム

1つのコームに粗目(櫛の幅が大きい)と細目(櫛の幅が小さい)の両方が備わっているものがおすすめです。

胴回りをカットする時は、シザーでカットする前にコームで毛を整えたり、耳の毛をカットするときは、被毛の部分をコームですいて少しずつカットしたり、また、足裏の毛をかきだす時に使ったりと、コームはあると便利な道具です。

バリカン

犬用のバリカンが販売されています。できるだけ小さいサイズの方が使いやすいです。コードのない電池式、または充電式が便利です。バリカンを使うと時間短縮になります。なによりもハサミより安全性が高いと言えます。

犬用カットバサミ・トリミングシザーの種類・特徴・選び方のまとめ

犬用カットバサミ・トリミングシザーにはいろいろな種類があります。おおまかに分けて、カットシザー、ミニカットシザー、セニングシザーの3種類です。それぞれの特徴に合った使い方があります。

また、トリミング用ハサミは愛犬を傷つけるリスクを減らすため先端が丸く、ネジで閉まり具合を調節でき、愛犬の毛へのダメージやケガのリスクを減らすために切れ味の良いペット用のトリミングシザーを選びましょう。

選ぶ際には飼い主さん自身が、自分の手に馴染むか、また切れ味を確認するためにぜひ試し切りをしてください。

トリミングをする際に気を付けなければいけないのは安全性を重視することです。足裏の毛は、ハサミでカットするのには高度な技術が必要です。愛犬を傷つけないためにもバリカンで刈ることをおすすめします。

飼い主さん自身で愛犬をトリミングすることは、愛犬との絆を深めます。またより可愛くなった愛犬の姿に喜びを感じることでしょう。

でも、愛犬の安全が第一です。適切なシザーを選び、適切な方法でトリミングを行ってください。