知っておきたいトリミングが必要な犬種・その理由と目的

トリミングは愛犬の毛並みをきれいにしたり、短くカットしたりとおしゃれのためだけに必要なことだと思っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。定期的なトリミングが必要な犬種と定期的なトリミングが必用のない犬種がいるのをご存じでしたか?

以外と、知っている飼い主さんは少ないと思います。自分の愛犬はトリミングが必用なのか、必要ではないのか、またなぜ必要か、その目的は?など知りたいことはいっぱいあると思いますがあらためてトリマーさんに聞くのも・・なんて思っていませんか。

そんな飼い主さんのために、ここではトリミングが必用な犬種やその理由、トリミングをする目的を詳しく紹介します。愛犬の健康と美のためにトリミングの知識を深めて、愛犬とのペットライフに役立ててください。

トリミングを行う目的

まずは、トリミングが必要な目的について、詳しくみていきましょう。

毛を衛生的に保つ

犬の全身は毛に覆われています。特に排せつによって汚れが付着しやすい犬の尿道や肛門周囲は糞や尿が付いた状態になりがちです。衛生的に保つためにおこないます。

ケガの防止

毛が伸びたままにしておくと伸びた毛が視界を妨げたり、肉球の間から生えた長い毛が肉球の滑り止めの役割を半減してしまい、犬が転倒してケガをする危険があります。トリミングを行うことによりケガを防止することができます。

ノミやダニを防ぐ

毛の多い犬種はノミやダニなどの害虫が隠れる場所が多くあります。もちろん一番効果的なのは動物病院で処方された予防薬を使うことですが、定期的にトリミングを行うことにより毛の量を物理的に減らし害虫の隠れ場所を無くしてしまうことも害虫を防ぐ助けとなります。

熱中症を防ぐ

毛を短くカット(サマーカットと呼びます)することにより毛の中の空気の入れ替わりが良くなり、毛の中に体温がたまるのを防ぎます。それにより犬が熱中症になる危険性が低くなります。

だからと言って、あまり短くしすぎると、皮膚が紫外線にさらされて皮膚にダメージを負ってしまい皮膚病になったり、生えてくる被毛の質が変化してしまう可能性があるので十分注意が必要です。

美容やおしゃれのため

こちらを一番の目的にしている飼い主さんは多いのではないでしょうか。最近では、トリミングサロンの種類も増えてきました。それにともない、サロンごとにサロン独自のカットデザインがあります。

おしゃれなカットで愛犬の見た目が可愛くなるのは、飼い主さんにとって嬉しいことです。愛犬に合ったお気に入りのスタイルを見つけるのも良いでしょう。

犬の被毛の構造

トリミングおこなう際に知っておきたいのが、犬の被毛の構造です。きちんと理解しておくことで安全にきれいに仕上げることができます。

被毛の構造

犬の被毛は硬い上毛(オーバーコート)と柔らかい下毛(アンダーコート)の2種類の毛からできています。

ダブルコートとは

オーバーコートとアンダーコートの2つからできています。被毛は一定の長さで成長が止まるということがダブルコートの特徴となります。大半の犬の被毛がダブルコートです。

アンダーコートの特徴

毛の質が柔らかいアンダーコートは、換毛期(約半年に1回)に抜け落ちて新しい毛が生えてきます。

オーバーコートの特徴

毛の質が硬いオーバーコートは換毛期に一気に抜けることはなく、人間の頭髪と同じ様に毎日少しずつ抜けていきます。

シングルコートとは

シングルコートとは毛が一重のことです。アンダーコートが変異したものだと言われています。

一生被毛が伸び続ける

オーバーコートはありませんので、人間と同じように一生伸び続けます。ですから、定期的なトリミングが必用です。カットせず長く伸ばしている場合でも毎日欠かさずブラッシングするなどまめなお手入れが必要不可欠です。

トリミングが必要な犬種

トリミングをしたほうが良い犬がいます。トリミングが必要な犬をご紹介していきましょう。

シングルコートの犬種

プードル種

トイ・ミニチュア・ミディアム・スタンダード

シュナウザー種

ミニチュア・スタンダード・ジャイアント

テリア種

ワイヤーフォックステリア、ウエストハイランドホワイトテリア、スコティッシュテリア、シーリハムテリ

ア、ノーフォークテリア、ケアーンテリア、ノーリッチテリア、レークランドテリア、ダンディディモントテリア、エアデールテリア、ウェルシュテリア、アイリッシュテリア、ケリーブルーテリア、ベドリントンテリアなど

ダックスフンド

ワイヤーヘアードのみ

ガンドッグの一部

ポーチュギーズウォータードッグ、イングリッシュコッカ―スパニエル、アメリカンコッカ―スパニエ

ル、イングリッシュスプリンガ―スパニエルなど

愛玩犬

ビションフリーゼ、ローシェン、ブルッセルグリフォンなど

また、シーズー、マルチーズ、ヨークシャーテリアに関しては、トリミングが必用なのではと疑問に思う飼い主さんも多いと思いますが、犬種基準(スタンダード)によると、本来の姿は「フルコート」と言って毛を長く伸ばした姿です。

一般家庭ではフルコートの場合、お手入れがとても大変なので、お手入れしやすく短くカットする「ペットカット」というスタイルが定着しており、トリミングを希望する飼い主さんが多くいます。

トリミングにかかる費用の目安

地域差によって料金は変化しますが一般的にはおおむね下記の金額です。

シャンプー 3000円から

小型犬:3,000円~6,000円

中型犬:6,000円~9,000円

大型犬:10,000円~13,000円

カット 5000円から

小型犬:5,000円~8,000円

中型犬:8,000円~10,000円

大型犬:12,000円~15,000円

犬種によっても異なりますがプードルなどの特殊な毛を持つ犬種はトリミング料金も高くなる傾向があります。

オプション料金

ひどい汚れ、抜け毛やもつれがあった場合や特殊カットは、オプション料金としてトリミング料金に500円~2,000円加算されることがあります。

知っておきたいトリミングが必用な犬種・その理由と目的のまとめ

トリミングは愛犬の毛を衛生的に保ち、ケガや害虫を防ぎ、また熱中症の予防など愛犬の健康を守るために必要な行為です。もちろん愛犬の美容やおしゃれのためにも必要なことです。

犬には、シングルコートとの犬種とダブルコートの犬種がいます。シングルコートの犬種は被毛が抜けることはなく伸び続けてしまうので、定期的にトリミングを行う必要があります。

また、定期的なトリミングの必要のないダブルコートの犬種の中には「フルコート」といわれる犬種がいますが、「ペットカット」を希望する飼い主さんも多くいます。

トリミングにかかる費用は犬種やカットの仕方によって異なり、汚れ具合、毛のもつれ、また特殊なデザインカットを希望する場合などはオプション料金として加算されるので、事前にトリミングサロンに確認しておきましょう。

ご自分の愛犬はトリミングが必要な犬種でしたか?トリミング必要な犬種でしたら愛犬の健康維持のために以上のことを参考にトリミングしてくださいね。

また、トリミングの必要のない犬種であっても、毎日のブラッシングなどのケアは必要ですし、飼い主さんの好みでカットしてみるのもいいと思います。

毎日のブラッシングや定期的にトリミングすることにより、愛犬が美しく健康でいられることは飼い主さんにとっては喜ばしいことですよね。ぜひ可愛くて健康な愛犬とペットライフを満喫してください。