知っておきたい子犬のトリミングいつから可能か基礎知識と注意点

家族の一員となった可愛い愛犬、特に子犬の頃はその可愛さに本当に癒されてしまいます。

でも、うんちやおしっこで足やお尻を汚してしまったり、いつの間にか毛が伸びてしまったりと思った以上に大変な日々を過ごす飼い主さんも多いでしょう。

トリミングしたいけれどどうしたらいいの?いつからできるの?サロンに連れて行くにはどうしたらいいの?

自分でやってみたいけれど、などの悩みや不安を抱えている飼い主さんのために子犬のトリミングの必要性、はじめてのトリミングの時期、また注意点などトリミングの基礎的な知識を紹介します。

ぜひ愛犬との充実したペットライフを過ごすために役立ててください。

子犬のトリミングはした方が良い?

子犬からトリミングは必要なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

子犬のトリミングが大事な理由

子犬のトリミングには必要な理由があります。

体を清潔に保つ

糞や尿が付着しやすい肛門周囲や尿道周辺は汚れたまま放置しておくと、不衛生で雑菌が繁殖する原因となります。そこで、トリミングを行ったり、部分的なカットを行うことで体を清潔に保つことができます。

見た目を可愛くする

トリミングすることにより愛犬の見た目が可愛くなるのは飼い主さんにとって嬉しいことです。愛犬に合ったお気に入りのスタイルを見つけるのもいいですね。

熱中症の予防

短く毛をカット (サマーカットと呼びます)することにより、毛の中に体温がたまるのを防ぎ熱中症になる危険性を下げます。

ケガの防止

毛が伸びたままにしておくと伸びた毛が視界を妨げたり、肉球の間から生えた長い毛が肉球の滑り止めの役割を半減してしまい、犬が転倒してケガをする危険があります。トリミングを行うことによりケガを防止することができます。

トリミングが不要な犬種もいる

犬は毛が一重で抜けにくく伸びていくシングルコートの犬種と、毛が上毛と下毛の二重のダブルコートの犬種がいます。

ダブルコートの犬種の毛は一定の長さで保たれ、換毛期に下毛が生え変わるので、抜け毛の量は多いものの日々ブラッシングをしていればトリミングはほとんど不要です。

トリミング不要な犬種は主に次のとおりです。

・ポメラニアン

・ボーダーコリー

・ミニチュアダックスフンド

・柴犬

・ラブラドールレトリバー

・フレンチブルドッグ

・秋田犬

・パグ

子犬のトリミングはいつから?

子犬といってもいつからトリミングを始めることができるのか、ご紹介しましょう。

はじめてのトリミングの一般的な時期

生後3か月以上

サロンに預けるとなると、数時間かかる可能性もありますので、十分に食事が摂れていて体力的にも大丈夫になる時期まではサロンに預けるのは難しいでしょう。

また、外の世界に慣れないうちにサロンに行くと、多大なストレスを覚えてしまいます。一般的に生後3か月を過ぎるころになると自分で食事が適量摂れるようになり、体力も十分付きます。

また、散歩に行き始めるなど外の世界に慣れてくるころです。ですからはじめてのトリミングは生後3か月以上が良いと言われています。

ワクチン接種後1週間以上

ワクチンを接種してから1週間程度は体調を崩すことが多いため、ワクチン接種後1週間以上経ってからトリミングしましょう。

犬種によって時期も多少前後する

ダブルコートの犬種は、仔犬の頃は下毛のみが生えていて、1~2回の換毛期で上毛が生えてきます。初めてのトリミングは硬い上毛が生えそろってから行うことが望ましいです。

一般的に生後6か月くらいとみられています。

子犬をペットサロンに連れて行く場合

実際に子犬をサロンに連れていく際に、注意しておきたい点がいくつかあります。

事前に確認すべきこと

次のような点を事前に確認しておきましょう。

行っても良い時期か

一般的には生後3か月以上であり、ワクチン接種後1週間以上経っていれOKKというサロンが多いのですが、サロンによってはそれ以上の経過が必要と断られる場合があるので事前に確認しましょう。

必要な物は何か

次の証明書は必要になります。次の証明書を忘れずに持参しましょう。

1年以内の狂犬病予防接種の証明書

1年以内の混合ワクチン接種の証明書

施術の内容・料金など

一般的にどこのサロンでもシャンプーを主体としたセットメニューを行っています。

施術内容はシャンプーのみならず、

シャンプー&リンス

爪切り

ブロー

耳掃除

足裏バリカン

足回りカット

肛門腺絞り

肛門バリカン

ブラッシング

など、サロンにより多少内容が異なりますが上記のようなセットメニューが多いです。

一般的な料金は

小型犬:3,000円~6,000円

中型犬:4,000円~8,000円

大型犬:7,000円~10,000円

超大型犬:12,000円~

また、シャンプーメニューにカットを加えたシャンプーカットメニューは上記の料金+3,000円程となっています。

犬種により料金が変わることもありますので事前に確認しましょう。

当日までの注意点

当日までに注意しておきたいポイントは、次のとおりです。

子犬の体調変化に気をつける

下痢をしていたり食欲が減退したりしている場合、慣れないサロンにいることにより多大なストレスになってしまったり、長時間の施術に体力がついて行かず体調をさらに悪化させてしまう原因となります。

少しでも子犬の体調に変化があればサロンに確認をして延期をするなどしましょう。

事前に水に慣れさせておく

子犬が水に慣れていないと水を怖がったり水が嫌いになってしまう場合があります。そうなるとシャンプー中にじっとしていることができなくなり、暴れてしまったり施術師さんを噛んでしまうこともあります。

水に対してマイナスイメージを持ってしまわないためにも、散歩などの外出後に足回りやお尻などを洗う習慣をつけるなど普段の生活から水に慣れさせていく必要があります。

サロンに行く直前の食事は控える

トリミング中はゆっくり休むことができません。ですから、直前に食事をとってしまうと消化不良を起こし、吐いてしまったりお腹をくだしてしまったりすることがあります。食事から3、4時間程度時間をおき直前の食事は控えましょう。

自分で子犬をトリミングする場合

サロンに行かずに、自分の手で愛情込めて愛犬を可愛くきれいにしたいと思う飼い主さんもいますね。そんな方のために自宅でできるトリミングを紹介します。

準備する物

・愛犬の毛を整えるハサミとバリカン

・愛犬を乗せるテーブル(犬は少しでも高い台に乗せると比較的大人しくなります。また飼い主さ・んも施術しやすい)

・ブラッシングするためのブラシ(愛犬の大きさに合ったサイズのもの)

・耳掃除用の綿棒

・耳掃除用洗浄液

・爪切り(ハサミタイプ、ギロチンタイプ、ニッパータイプなどあるので愛犬に合った使いやすいものを選ぶ)

・犬用シャンプー

・ドライヤー

トリミングのやり方

トリミングの方法を詳しくみていきましょう。

ブラッシング

毛先のもつれをとき、ホコリやフケを取り除きます。ブラッシングはマッサージ効果もありますので愛犬を安心させるように優しくブラッシングします。

毛の流れに沿って毛先をカット

愛犬の毛の流れに沿って毛先をカットしていきます。その際トリミング用のカットバサミで愛犬の皮膚を傷つけないように十分注意します。

バリカンで毛先を整える

腹部や足の細かい部分の毛先をバリカンで均一に整えます。

爪切りと耳掃除をする

耳掃除は綿棒に洗浄液をつけ素早く耳の中を拭き取ります。

爪切りは愛犬の血管を切らないように慎重に切ります。

シャンプーとドライヤーで仕上げ

犬用シャンプーで全身をくまなく洗います。

洗い方ですが、犬の皮膚を傷つけないように気を付けながら、指の腹で優しくマッサージするように洗います。シャンプーの泡を流す時のお湯の温度は36~37度くらいにします。

泡が残っていると皮膚に負担をかけてしまうので、泡を残さないようにしっかりと流します。

シャンプーの後は、ドライヤーで乾燥させます。毛並みを整えて仕上げます。

注意点

自分でトリミングを安全に行う為に、次のような注意点をしっかりと守りましょう。

無理にやらない

トリミングが苦手な犬もいますので無理に行うと、ハサミでケガをさせたり暴れてテーブルから落ちたり、大変危険な状態になります。愛犬が嫌がる素振りを見せたら無理にやらないことです。

安全性に配慮する

シャンプー時には皮膚を傷つけないように優しく、目や耳に水やシャンプーが入らないように行い、カットする際は刃で皮膚を傷つけないようにします。大事な愛犬ですのでしっかりと安全性に配慮し慎重にトリミングを行いましょう。

知っておきたい子犬のトリミングいつから可能か基礎知識と注意点のまとめ

愛犬のはじめてのトリミングは飼い主さんにとっては不安がいっぱいでしょう。トリミングは愛犬にとって見た目を可愛くするだけではなく、ケガの予防、熱中症対策、さらには愛犬の健康状態を把握するためにも必要なことです。

サロンに行ってプロに任せるのもいいし、自宅で飼い主さん自身が行い愛犬との絆を深めるのもいいですね。その際はぜひ愛犬の安全性に配慮してください。

定期的にトリミングすることにより愛犬がより可愛くなり、また健康に過ごすことができるのは飼い主さんにとっては何よりの喜びではないでしょうか。