知っておきたい犬の散髪の基本情報・自宅でもできるカット方法

どの飼い主さんも愛犬の可愛いスタイルを自慢したいですよね。特に、被毛が伸びる犬種であれば、愛犬のスタイルを考えるのも楽しいのではないでしょうか。愛犬の可愛いスタイルを維持したい、でも毎月のトリミングにかかる出費を考えると…と悩んでしまう飼い主さんは多いと思います。

なぜなら、犬のトリミング料金は人間のカット代より高いからです。そんな時自宅で飼い主さん自身がカットできたらどんなにいいでしょうか。

そんな悩める飼い主さんために犬の散髪の基本的情報や自宅でカットする方法について紹介します。ぜひ愛犬に合った方法を見つけチャレンジしてみてください。

犬の散髪って必要?

犬は自然に過ごすものですが、犬にとって散髪が必要な理由を解説していきます。

犬種によっては散髪が必要

犬は毛が一重で抜けにくく伸びていくシングルコートの犬種と、毛が上毛と下毛の二重のダブルコートの犬種がいます。シングルコートの特徴は人間と同じで一生伸び続けることです。

ですから、定期的にカットしてあげることが必要です。

主な犬種は、プードル種、シュナウザー種、ヨークシャーテリアを除くテリア種などです。

シーズー、マルチーズ、ヨークシャーテリアはダブルコートですが、犬種基準(スタンダード)に基づくとフルコートという被毛を長く伸ばした姿が本来の姿です。

しかし、一般家庭ではフルコートだと手入れが大変なので、手入れをしやすいように短くカットする「ペットカット」というスタイルが定着しています。

犬の散髪をした方が良い理由

散髪が必要な理由は、次のような点があります。

衛生面を保つため

犬の肛門周囲や尿道周辺の毛に糞や尿が付いた状態のまま放置しておくと、不衛生で雑菌が繁殖する原因となります。肛門周囲や尿道周辺の毛をカットすることで体を清潔に保つことができます。

ケガ防止のため

毛が伸びたままにしておくと伸びた毛が視界をふさいだり、肉球の間から生えた長い毛が肉球の滑り止めの役割を半減してしまい、犬が転倒してケガをする危険があります。伸びた毛をカットすることによりケガを防止することができます。

熱中症防止のため

短く毛をカット (サマーカットと呼びます)することにより、毛の中に体温がたまるのを防ぎ熱中症になる危険性を下げます。

犬の散髪ってどこでやる?

では、犬の散髪を行える場所をご紹介しましょう。

ペットサロン…ペットサロンでトリミングしてもらいます。

シャンプー・カットのセットメニューにすれば愛犬の体全体のケアもしてくれますし、独自のカットスタイルにしてもらうこともできます。なによりプロに任せるのですから安心です。

自宅(自分で)…部分的なカットなら初心者でも可

本格的なヘアスタイルはプロでないとできませんが、部分的なカットなら初心者でもできます。カットできる部分をカットするだけで犬の生活の質は向上します。無理をせずできる範囲で行いましょう。

犬の散髪(カット)を自宅でやる方法

では、自分でもできる犬の散髪の方法をご紹介しましょう。

事前に用意するもの

やはり準備は必要です。次の道具があると安全に簡単に犬の散髪を行うことができます。

ハサミ

人間の散髪用のハサミで大丈夫です。しかし、人間の毛よりも細い犬の毛をカットするので工作用のハサミだと非常に難しく避けた方がいいと思われます。

バリカン

犬用のバリカンが販売されています。できるだけ小さいサイズの方が使いやすいです。

コードのない電池式、または充電式が便利です。

ブラシ・コーム

ブラシはブラッシングするのに必要です。長毛の犬でも、短毛の犬でも、どちらを飼う上でも持っておくべきものです。コームは櫛(くし)のことです。1つのコームに粗目と細目の両方が備わっているものがおすすめです。

事前にすべきこと

道具が揃ったら、散髪を開始しますが、その前にブラッシングしましょう。

カット前にブラッシングをする

抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。その際には適切な力加減で優しくブラッシングしてあげてください。

カットのコツ

実際に犬の散髪を始める前に、散髪のコツをおさえておきましょう。

足裏の毛

肉球周りの毛は伸びてしまうと、フローリングなどで滑りやすくなりとても危険です。ケガに繋がる可能性があるので定期的にカットしましょう。

足は動きやすく危ないのでハサミよりもバリカンを使うことをおすすめします。肉球と平行になるようにバリカンを持ち、ゆっくりと刈っていきます。肉球を傷つけないように注意してください。

耳の毛

犬の耳は被毛で覆われているため、耳なのか被毛なのか指でしっかりと確認します。

確実に耳ではなく、被毛の部分をコームですいて、少しずつハサミでカットしていきます。その際ハサミの先端を顔の方に向けないことが大事です。

顔の毛

顔周りの毛のカットを嫌がる犬は多いのでうるさい音がするバリカンは使わず、ハサミで慎重にカットします。まずコームで顔の周りの毛をすき、すくい取った毛を少しずつカットします。その際ハサミの先端は顔の外側に向けることが大事です。

胴回りの毛

まず、コームなどで毛を整え、希望する長さにハサミでカットしたあとバリカンで表面をなぞるようにすると凹凸なくきれいに仕上がります。刈り残した部分を再びハサミで整えます。

カットの後にすべきこと

カットが終わったからといって完了ではありません。シャンプーとドライヤーをおこないましょう。

シャンプー

愛犬に付着したホコリや汚れを取り除くとともに、カットの際に飛散した毛を洗い流すことが目的です。ぬるめのお湯で優しくマッサージをするように洗います。

シャンプー剤の泡が残ったままだと皮膚に炎症が起こることもあるので、泡が皮膚や細かい部分に残っていないか確認しながら、しっかりと泡を落としましょう。

ドライヤー

シャンプー後は吸水性の良いタオルで、しっかりと水分を拭き取ります。仕上げにブラシを使いながらドライヤーの風を当てて乾かします。その際、被毛をしっかりと乾くようにします。水気が残っていると皮膚炎になることもあるので、内側までしっかり乾くまで乾かしてあげましょう。か

また、ドライヤーの風が直接目に当たらないよう、同じ場所に長時間熱風が当たらないように注意するようにしましょう。

犬の散髪についての注意点

安全に犬の散髪を行うために、気を付けておきたい注意点があります。

カット時の注意点

無理なカットは怪我をさせてしまう恐れもあります。できる範囲での散髪を心掛けましょう。

できない部分は無理にやらない

よく動いてカットしにくい足先や、顔周りの毛を無理してカットすると愛犬にケガを負わせてしまう危険があるので、少しでも不安を感じたら無理をせずプロに任せましょう。

安全性に十分配慮

ハサミの刃は大変鋭くて危険です。ハサミの先端を犬の顔の方に向けないようにして、犬が動いても目や耳に当たらないように、また犬の皮膚に当てないように安全性に十分配慮する必要があります。

散髪の頻度の注意点

犬の散髪はやりすぎてもストレスになってしまいます。おすすめの頻度は月1回程度です。

月1回程度を目安にする

トリミングを必要とするシングルコートの犬種は、毛の伸び具合から考えると月1回程度の定期的なカットが必要です。3か月以上経過してしまうと毛玉が広範囲に広がってしまい、飼い主さんの手に負えなくなってしまいます。

グルーミング犬種であるダブルコートの犬種は、日々ブラッシングなどのケアを行えば、特にカットは必要としません。

被毛の長さが一定以上伸びにくいこの犬種を一度カットしてしまうと、毛が伸びにくくなってしまい元の姿に戻るまで時間がかかります。

知っておきたい犬の散髪の基本情報・自宅でもできるカット方法のまとめ

愛犬の健康、美しさを維持するためにも散髪は必要なことです。散髪はペットサロンだけではなく飼い主さん自身が行うこともできます。

散髪に必要な道具をそろえて愛犬に合った頻度で、愛情を持って行いましょう。プロの手に任せるのもいいのですが、飼い主さん自身が散髪することにより、愛犬への愛情がより深まるのではないでしょうか。

しかし、決して無理をせずに、できない部分はプロに任せるようにしましょう。愛犬がケガをしては元も子もありません。安全性に十分配慮することが大事です。

プロのように完璧なスタイルにならなくても定期的に散髪することで、愛犬との絆がより深まります。きっと愛犬も大好きな飼い主さんに散髪してもらうことが喜びと感じるでしょう。