使った土はどうしたらいい?土の処分と再生方法について解説!

家庭菜園を始める時、普通の庭の土ではなく、園芸店にある培養土を使うことがあります。特に、一戸建て住宅ではなく庭がないマンションやアパートでは、土を手に入れるのは難しいです。

昔の人が聞いたら驚くかもしれませんが、土はどこにでもあるものでは無くなってしまいました。たかが土、されど土ということですね。

しかし、収穫が終わってしまったら、プランターの中の土をどうしたらよいでしょうか。ゴミの日に捨ててよいのか迷いますよね。

それでは、土の処分と再生方法について、ご紹介をしましょう。

プランターの土の処分が必要になったら

マンション住まいの家庭菜園が趣味の高齢の両親が、マンションを処分することになったら、どうしますか。色々な家財道具も処分し、当然家庭菜園のプランターの土も処分することになります。

また、引っ越しの時も同じです。

断捨離という言葉がありますが、それは財産価値があるものばかりでなく、すべての必要がなくなったものを処分しなければならないということですね。

また、古くなったプランターの土も同じです。古い土には菌や虫が湧いていることもあり、処分する時に、勝手に近所の家の庭に捨てたり、公共の場所に捨てることもできません。

庭がある家なら、そのまま自分の家の敷地内に捨てることもできます。

しかし、マンションやアパート住まいの場合は、しっかりと処理をすることが大切です。

公園や川原に捨てるのは、許可を得ないと不法投棄

ただの土なのだからどこでも良い、と公園や川原に捨てるのは、禁止されている可能性があります。公園や川原は国や自治体の公共の場所になるため、たかが土でも廃棄する場合は、許可を得ましょう。

自治体の許可なく廃棄すると「不法投棄」となってしまいます。

各自治体のホームページを確認(回収していない自治体が多い)

まずは、自治体のホームページや公園を管理しているところに問い合わせをし、回収している自治体があれば、お願いすることもできます。

しかし、ほとんどの自治体は土の回収はしていないため、場合によっては有料での引き取り業者を紹介してもらうこともあります。

ホームセンター、園芸店で回収してくれることも

不要になった培養土は、ホームセンターや園芸店ならプロの力で、再利用することもできます。そのため、回収をしてくれるお店もあります。

中には、お店の入り口に大きな回収ボックスなどを用意しているところもあります。不明な時はホームセンターに問い合わせをしてみましょう。

廃棄物処理業者

土を廃棄物処理業者にお願いして回収してもらうこともできます。

しかし、廃棄物処理業者は有料となることが多いため、できるだけ良心的なところを探しましょう。

自治体によっては紹介をおこなっている場合もあります。

専門業者

土を回収する専門業者もあります。マンションが立ち並ぶ都内では、500円から2000円くらいで、家まで土を取りに来てくれる回収業者もありますので、調べてみて下さい。

消毒して再利用

まだ家庭菜園を続けるということなら、土を十分に消毒して菌や虫、古い根などを取り除き再生させます。きれいになり、生まれ変わった土を再利用しましょう。

プランター栽培で古い土がそのまま使えない理由

プランター栽培の時は、古い土をそのまま使うことはできません。

必ず新しい土を購入するか、きれいに再利用できるように、土を生まれ変わらせることが必要です。

養分が失われている、偏っている

古くなった土は、植物が土の中の栄養を吸収してしまったため、養分が失われていたり偏っているものもあります。

そのままでは、新しい野菜や植物を育てるには不適切になります。

前の植物の根などが混ざっている

古い土の中には、前の植物の根や落ちた葉、実が混ざっていることもあります。特に根は邪魔になることがあるので、取り除く必要があります。

病原菌や虫がいる

古い土の中には、様々な病原菌や虫がいます。

そのまま新しい種を蒔くと、病気がうつったり、はじめから細菌に感染してしまいます。発芽しなかったり、病気になってしまう原因になることがあります。

そのため、古い土はそのまま使うことはできません。

土質の低下

すでに前の植物が育つために、土の中の様々な栄養が吸収されています。そのために、土質も大きく変化し、弱っている可能性が高くなります。

土質の低下は、元気な植物を育てることができない原因となります。

土を再生させる方法

それでも古い土をそのまま処分してしまうのは勿体ないですね。

そこで土を再生させ、再利用しましょう。

乾燥させる

古い土は、まず充分に乾燥をさせます。湿ったままでは、菌が繁殖したりカビが発生してしまいます。

天気のいい日を選び新聞紙などの上に広げ、充分に土を乾燥させます。

茎や根を取り除く

乾燥させた土から、茎や根、大きなゴミなどを取り除きます。中には収穫することができず、しなびてしまった実なども混ざっています。

手で取ることができるものは、すべて除去しておきましょう。

ふるいにかける

ふるいにかけて、手で取り切れなかったごみを除去します。

ふるいは、荒目→中目→細目の準にかけます。

ふるいに残った、

・枯葉

・植物の根

・使用済みの肥料かす

・目に見える害虫

などをすべて取り除きます。

ここで、細目で落ちた土ではなく細目のふるいの上で残った土を再利用します。細目でふるい落とされる土は細かすぎて、根詰まりの原因となります。

そのため、植物の栽培には向いていません。

また、鉢底石などは別途とり分けて洗い、再利用することができます。

家庭の生ゴミを利用したオリジナル堆肥や枯葉、藁、米ぬかは、古い土の再利用には向きませんので、注意しましょう。

消毒(太陽光、熱湯、寒さを利用する等)

それでは、目の揃った土を消毒します。

消毒の方法は季節によって違います。

寒い冬は、土を容器に広げて全体に熱湯をかけます。屋外に置いて寒さにさらすようにしながら、2~3週間に1度かき混ぜることで、しっかり消毒することができます。

暑い夏は容器に広げた土を水で湿らせ、黒いビニール袋に包んで直射日光に当て、消毒します。

ベランダなどのコンクリート上に置くと、地熱の作用で全体に熱が伝わり効果的です。

1週間に1回程度、袋をひっくり返し、土にまんべんなく光が当たるようにします。

途中で袋の中を見て、土が乾いていれば、必ず湿らせましょう。

台風や梅雨など雨の多い時期は土のリサイクルに時間がかかります。できるだけ暑い夏や乾燥している冬の終わりなど、植物の栽培が一段落した時期に消毒を行いましょう。

培養土、土壌改良材、リサイクル材等を混ぜる

古い土をよみがえらせる専用の土壌改良材や土のリサイクル材があります。

消毒が終わった土に、土壌改良材(土のリサイクル材)や、堆肥や腐葉土などの有機物を混ぜて、土のバランスを整えましょう。

有機物は古い土に対して、半分ほど配合するのを目安にして下さい。

有用微生物を混ぜると、土の通気性が改善され、団粒と団粒の隙間に元気な根が張りやすくなります。有用微生物は、はじめに使った培養土で大丈夫です。

phを調整する

使い古した土のため、土の中のphが変化しています。phを測定する機会を使って、アルカリ性に傾いているか、酸性に傾いているかを調べます。

ほとんどの植物は弱酸性を好みますので、石灰や草木灰などを利用して、phを調整しましょう。

肥料を加える

古い土は前に育てた植物がたくさんの養分を吸収した後です。すでに、空っぽの鍋ということです。

そのため生長に必要な肥料が不足しています。

土の中に不足している養分を補うために肥料を加えます。

古い土を再利用する場合は、植物の生育にみ合った吸収量に合わせて徐々に肥料が溶けだす緩効性粒状肥料を加えます。肥料が土全体にいきわたるようにしっかりと混ぜましょう。

連作障害に注意

植物の中には、連鎖障害を嫌うものが多くあります。

連作障害を避ける方法として、前作と同じ「科」の植物を選ばないようにします。

例えば、いちごはバラ科ですので、そのあとにアブラナ科の小松菜を育てるのは問題がないということです。

菜の花の後になると、同じアブラナ科のため、連鎖障害を起こす可能性がありますので、避けましょう。

「科」がちがう植物の場合、集まる土壌微生物も異なることが予想されます。そのため、特定の微生物が増えすぎてしまう連作障害を防ぐ事が可能です。

次の植物も元気に育てるために、購入する種や苗も選びましょう。

使った土はどうしたらいい?土の処分と再生方法について解説!のまとめ

収穫が終わったら、すべての家庭菜園の作業が終わりというわけではありません。

次にまた新しい野菜を作るのか、それとももうやめてしまうのかということも考え、土やプランターをきれいにするところまでが家庭菜園です。

後片付けが終わったらそこで終わりですが、せっかく始めた家庭菜園です。たくさんの道具も用意してしまいました。

楽しかったことや美味しかった野菜や果物を思い出して、ぜひ次の季節も続けて下さい。