ガーデニングのお悩みずばり解決!悩み別おすすめのガーデニング植物

ガーデニングをしていくと何かとお悩みが出てくるものです。

「こんな時どうしたらいいの?」

「こんな風にしたいのにできない」

と悩んでいる方も多いでしょう。

庭の形や日当たり条件など、様々な理由からの悩みでしょうから答えが見つけられないこともあるのではないでしょうか?悩みを抱えるガーデニング初心者の皆様に、おすすめの植物をお悩み別にご紹介します。

かわいい花壇にしたい人

ガーデニングをする前に、「この庭をこんな形にしたい」と理想を大きく掲げ、ガーデニングの一歩を踏み出した方も多いでしょう。どんなにかわいい花壇を想定しても、目の前にするとどんな風に飾ればいいのか、どんな花を植えればいいのか迷います。花の種類が莫大なので悩むのも当然です。

まずは、かわいい花壇を演出してくれる花たちを紹介しましょう。

マーガレット

花は白と黄色で存在感もあります。近年ではピンク系も見かけるようになりました。乾燥気味でもしっかりと生えてくれ、比較的管理がしやすいのが特徴です。プランターでも花壇でも育ちます。夏には日陰、冬には霜よけに注意して楽しみましょう。

オステオスペルマム

マーガレットに似た花が咲きます。あまり聞きなれない名前ですがよく庭先で咲いています。様々な種類があり「○○マム」と名前がついていますので、それらを組み合わせて、彩りよく鉢植えしてもいいでしょう。

マリーゴールド

人気の花の1つです。1つ1つの丸みを帯びた花びらが丸みを演出してくれています。意外と大きくなるので、形を整えるなどの管理をしてあげてください。根には病害虫を撃退する働きがありますので、他の植物と一緒に植える寄せ植えにおすすめできます。

ポーラチュカ

とても鮮やかな色の花が咲きます。暑さや乾燥に強く、真夏でも充分に育ちます。

挿し木で増えるので、1つの苗で沢山増やすことが出来ます。多肉植物のように葉が分厚いのも特徴の1つです。

植物を育てるのが苦手な人

ガーデニングを楽しみたいという人の中には、植物を育てるのが苦手という方もいます。

ガーデニングの波もきているしDIYの延長で行いたいとお考えの方は、簡単に楽しめる植物から初めてみましょう。

お手入れがあまりいらず、水やりや管理の心配も少ない植物をご紹介しましょう。

ミント

1度植えると、どんどんと増えていきます。庭を埋め尽くす勢いがあるほどです。庭全体に広がり、雑草にようになってしまっては管理が必要となりますので、プランターで育てることをオススメします。

ミントはお風呂にいれたり、水にいれてハーブウォーターにしたりと色々な場面で役立ちます。家庭菜園で出来たといえば、ガーデニング上級者です。

バジル

こちらも料理で使えるものです。「野菜もいいけれどうまく育つか不安だし、手入れも難しそう」と考えている方にはピッタリです。水やりくらいでほとんど手はかかりません。

手軽に摘むことができますので、料理の彩を与えるだけでなく、料理のバリエーションも格段にあがります。

日当たりの悪い家に住んでいる人

残念ながら日当たりがあまりよくない庭もあるでしょう。日当たりが悪い場所だからと、ガーデニングを楽しみたいという思いを捨てることはありません。日陰でも充分にガーデニングを楽しむことができるのです。

植物には日をあまり必要としないものも沢山あります。それを組み合わせると、日陰のスペースにもあなた好みの庭に近づけることができます。

アスチルベ

3~5株を一緒に植えると、こんもりと育ちかわいくなります。耐寒性が強く、日陰でも充分に楽しめます。しかも、花は鮮やかな色です。彩にいかがですか?

アジサイ

梅雨になるとあらゆる場所で見ることができます。アジサイの色は土の性質で変化しますので、赤にしたければ酸性系の土、青にしたければアルカリ性系の土を選ぶといいでしょう。アジサイと一口にいっても、「ヤマアジサイ」「カシワバアジサイ」「ノリウツギ」など多くの種類があります。

大きな丸い形に花が密集するタイプや、細か花と少し大きめの花が密集するタイプなど様々です。成長した時の形を想像して選ぶとイメージ通りのガーデニングに近づけることができます。

ニンパチェンス

耐寒性はとても強く、暗い場所でも花を咲かせてくれます。暑い時期でも次々と花を咲かせてくれるので、長く楽しめます。花はバラのようなフォルムです。ピンクや白が混じったような色合いで、そのかわいらしい存在に癒されることでしょう。

ホタルブクロ

日陰にひっそりと咲く、可憐な花です。ピンクかかった白い花で、控え目なそのフォルムが人気の理由でしょう。葉の陰にならないように注意してあげてください。

植物同士の隙間を埋めたい人

ガーデニングをしていると、どうやっても空いてしまう隙間が生まれることがあります。

この隙間を放っておくと雑草が生えてきたり、全体的な印象が隙間によって台無しになってしまいますので、地面を覆う植物が必要です。

それを「グランドカバー」といい、ガーデニングでは大切なテクニックです。

グランドカバーのメリットは3つあります。

1.見栄えがいい

隙間があると、せっかくのガーデニングが寂しい印象になってしまいます。演出するという意味でもグランドカバーは必要です。

2.管理が楽

グランドカバーにする植物は、基本的に強い植物が多く管理がしやすいのが特徴です。

頻繁に水やりをすることもありませんし密集しますので、雑草の心配もありません。

1年中生えてくれるのも素敵なポイントです。

3.雑草が生えにくい

隙間があるとどうしても雑草が生えてしまいます。しかし、グランドカバーがあれば、雑草もカバーすることができます。雑草が生えても目立たないというメリットもあります。自然な演出が出来るのも魅力の1つです。実際に、どんな植物があるか見てみましょう。

アイビー

室内でも屋外でもどんな場所でも育つことが出来る、とても強い品種です。

水差しで増やしていく事ができますので、増やすのも思いのままです。

手間もほとんどかかりませんので、グランドカバーに適しています。

建物の壁にはって成長することもありますので、その性質を利用するのもいいですね。

色々な種類がありますので、たくさん育った場合には少しずつビンに挿して室内のインテリアとして楽しむことも出来ます。

ワイヤープランツ

ワイヤーと名のつく通り、細く茶色い針金のような茎です。そこに丸みを帯びた小さな葉が付いています。

生命力が強く、寒さでも葉が枯れずに生き残り春を迎えることができます。

上手に育てると、かわいい小さな花を咲かせます。

水に差して、栽培することもできますので、室内でも簡単に育てることができます。

アサギリソウ

葉に短い毛が沢山はえていて、ふわふわした感触を楽しむことが出来る植物です。

銀白色のじゅうたんのようになるので、グランドカバーとして人気があります。

ガーデニングのお悩みずばり解決!悩み別、おすすめのガーデニング植物まとめ

ガーデニングには、それぞれにお悩みがあるでしょう。アレンジの悩み、手入れの悩み、日照時間の悩みなど、各家庭の庭によって悩みの種類は様々です。しかし、そんな悩みでガーデニングを諦めてしまわないでください。植物は多くの種類があります。グッズも沢山販売されています。

あなたが抱えるお悩みを解決してくれるものが必ず存在します。お悩みを解決して、楽しくガーデニングをすすめていきましょう。