ベランダガーデニング初心者も安心!始める前に知っておきたいことリスト

最近、ベランダでガーデニングを始める方が多くなってきています。家庭菜園をしてみたり、花を育ててみたりとベランダガーデニングでも充分楽しめます。

新しい家に引越したり、まだされていない方はこれから始めてみたいと思っているのではありませんか?

でも、ベランダの条件は家庭それぞれ違いますので「私の家では出来るだろうか」と思うこともあるでしょう。

ベランダガーデニングはコツをつかめばどなたでも簡単に始めることができます。ベランダガーデニングを始めるために知っておきたいポイントを紹介します。

ベランダガーデニングの予備知識

まずは基本的なことを知っておきましょう。

ベランダの日当たり

ガーデニングをするにあたって日当たりはとても大切なことです。朝から日が沈むまでの日光の入り方を確認しましょう。日当たりが悪いのであれば、植物育成のライトがありますので設置するという方法もあります。

ベランダに排水溝

集合住宅ですと、排水溝がベランダにない場合があります。植物には水をあげなければいけないのですが、排水溝がないと不便です。必ず始める前に排水溝のチェックをしておきましょう。

ベランダの風通し

日差しがあっても風が通らないベランダでは植物は育ちにくいです。風通しが悪いと、根腐れを起こしてしまったり株元が蒸れてしまったりします。

逆に、風通しが良すぎる場合、乾燥や強風対策が必要になります。水をあげる回数や固定など条件によって異なってきますので、どの程度の風通しなのかを確認しておくことは上手にお手入れをするポイントになります。

近くの水場

ベランダに水場がないところも多いでしょう。近くに水場がない場合は、どこから水を持ってくるかを考えなくてはなりません。水場の場所によっては準備物も変わってきます。

また、水やりも豪快にしたいものですが、集合住宅ですとそれも難しいでしょう。近隣の洗濯物にかからないように、下の階の方に迷惑にならないようになど、いろいろと気を配りながら行うようにします。ベランダだけでなく、その周辺の環境も考えておくと安心してガーデニングを楽しむことができます。

ベランダで育てやすい植物は?

では、どんな植物がベランダガーデニングに適しているか見ていきましょう。

多肉植物

多肉植物とはふっくらとした葉や根に沢山の水分や養分を蓄えることができる、乾燥地帯でも生きていける植物です。種類が沢山ありますので、寄せ植えやアレンジが楽しめるのも人気のポイントです。エケベリア、ゼダム、カランコエ、センペルビウムなどが初心者でもオススメの多肉植物です。

ただ、害虫対策は必要です。見つけたらピンセットで除去し、多くみられる時には歯ブラシで取り除きましょう。

ハーブ系

ハーブ系を育てると、一気に女子力が上がります。ベランダガーデニングにオススメなのは、バジルやローズマリー、しそやパセリです。生命力が強くどんどん収穫できます。ハーブ系は料理に使えるものが多いので、さりげなく家庭菜園だと伝えればガーデニング上級者です。

パンジー、ペチュニア、ネモフィラなどは寒さに強く、秋から初夏まで花をつけます。

花が咲く期間が長いので、ずっと楽しめます。ゼラニウムやベゴニア、マーガレットなども育てやすい花の代表です。

野菜

夏野菜は比較的育てやすいです。トマトやナス、キュウリやオクラ、ピーマンは王道でしょう。まずは育てやすい野菜からチャレンジしてみてください。

フルーツ

ブルーベリーは育てやすく、沢山出来るので収穫も楽しいですね。ヨーグルトやアイスにトッピングするだけで簡単美味しいとなると、ガーデニングも二度楽しめるというわけです。害虫被害も少なく、半日陰でも育ちますのでオススメです。

ベランダガーデニングのアイディア

ベランダガーデニングをするといっても、ただプランターを置くだけではいまいちです。

せっかくするのであれば、おしゃれに工夫したいものです。

こんなアイデアをいかがですか?

1.ベランダの床を変える

まずは床を変えるといいでしょう。素材としては、レンガやすのこ、芝生などです。

レンガにするとカントリー風、すのこにするといろいろな飾りにマッチしますし、芝生にすると、そこはもう自然あふれる場所になります。

どんな空間にするかによって床を敷く素材が変わってきます。床を変えるだけで雰囲気は全く違います。床を変えるだけでガーデニング上級者に見えますのでおすすめです。

2.縦に育てる

ベランダが広い家庭ばかりではありません。植物を育てるのに十分でない大きさの家庭もあるでしょう。

でも、あきらめないでください。小さなスペースでも便利な育て方があります。それは「縦に育てる」という技です。壁にすのこを取り付けるとまるでカフェのよう。集合住宅には見えません。

S字のアイアンフックを利用すれば、そこに植物やインテリアを飾ることができます。

壁も立派なガーデニングスペースです。目線をあげて、どんなデザインの空間にするかを想像してみてください。

3.すのこを活用する

ホームセンターでも100円均一でも購入が可能な、すのこを利用してみましょう。

すのこを利用すれば、一気にオシャレ度が上がります。最近ではDIYでもよく扱われる素材にもなっています。お好みのカラーにペイントしたり、棚や床材、壁かけにもなります。コストを抑えられるので言うことなしです。

植物を置く棚だけでなく、ガーデニングで使用するグッズを置くのもオシャレです。色はそのままでも充分ですが、ブルーにペイントすればヨーロッパ風にもなります。棚にキャスターが付くと完璧な棚となり、上級者にみえます。

ベランダガーデニングの注意点

ベランダガーデニングをするときの注意点はいくつかあります。ここを認識しておかないと、大変なことになります。

1.防災設備

植物を植えることで、室内が外から見えづらくなるのはいいのですが、一度中に入ってしまうと外からは何が起こってもわかりづらい、というデメリットがあります。つまり、泥棒が植物に隠れて中にいても外側から気が付かれにくいので、絶好の隠れ蓑になってしまうのです。窓やドアなどの施錠を頑丈にする必要もあります。

植物を植えるのはいいのですが、密集しすぎないように配慮して配置を決めましょう。

2.室外機の周り

室外機の周りは室外機から出る温風などの影響があるので、植物は育ちません。また、室外機の周りに何かがあるとエアコンにとってもよくありません。故障の原因になる可能性もありますので、室外機の周りには何も置かないようにしましょう。

3.近隣トラブルに気をつける

ベランダガーデニングは意外と近隣トラブルになることが多いです。まずは、落下物の問題です。植物の設置場所によっては、落下が心配されます。とても危険なことです。

ほかに、虫の問題、水やりの問題など原因は多岐にわたります。

集合住宅で土や石が排水溝に流れてしまうと、下の階の方の排水を詰まらせてしまうかもしれません。近隣に迷惑な行動ではないかを充分に確認し、マナーを守って楽しくガーデニングをしましょう。

ここに挙げたことは、始めに知っておくことで簡単に回避できる注意点ですので心配することはありません。少しの配慮でトラブルの心配なくガーデニングを楽しく続けることができます。

ベランダガーデニング初心者も安心!始める前に知っておきたいことリストまとめ

ベランダでガーデニングを楽しみたい初心者の皆さん、ご家庭でも始められる自信が付きましたか?スペースや日照時間、水はけの問題などいろいろな注意点がありますが、対策をとればどんなベランダでも楽しめます。「オシャレにガーデニングを!」と思うのなら、雰囲気づくりも大切ですね。

床から壁までがガーデニングの空間です。全てに統一感を持たせてデザインしてみてください。ガーデニングの売り場に足を運んでみるとイメージを膨らませることができます。

オシャレなベランダでガーデニングを楽しみましょう。