今人気のイングリッシュガーデンってなに?作り方とポイント

ガーデニングがブームになり、「イングリッシュガーデン」という言葉も耳にするようになってきました。お家に招いた人達に、「素敵な庭ね!」と絶賛してもらえるようなイングリッシュガーデンを作りたいけど、どうしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。

どんな花を組み合わせたらいいのか、どんな小物がいるのか、どんなレイアウトがいいのかなど、イングリッシュガーデンを知り尽くすことの出来る情報を集めました。

イングリッシュガーデンとは?

イングリッシュガーデンは18世紀に出てきた庭の様式の1つです。イングリッシュガーデンが出てくるまでは、イタリア式やフランス式が主流でした。左右対称にこだわったデザインを特徴として、人工的に庭を造り上げるスタイルです。

しかし、イングリッシュガーデンは人工的とは正反対の特徴を持っています。

イギリスでよく見られる自然美をたたえる庭の事を言います。田舎の風景を庭で楽しむコテージガーデンやカントリーガーデンも似たような意味合いを持ちます。自然の風合いを大切にするということをコンセプトに、木は育っているままに伸ばし、池などあたかも自然にそこにあったかのように配置します。当時は輸入された珍しい植物を取り入れるなどの工夫もありました。

イングリッシュガーデンの基本的な作り方

イングリッシュガーデンは自然の雰囲気を大切にするガーデニングです。好きな花を植えて、自然な形を楽しむという感覚でイメージすると良いでしょう。

しかし、好きな花だからと乱雑に植えてしまっては何にもなりません。手入れをしても全体の印象はイングリッシュガーデンとは程遠いものとなってしまいます。

イングリッシュガーデンを目指すのであれば、それなりの植物に対する知識が必要になります。手入れをしているのに自然を切り取ったような、自然の風景の中でも手が行き届いた空間を醸し出すことが、イングリッシュガーデンの上級者です。

基本的なイングリッシュガーデンの作り方をご紹介しましょう。

1.テーマに合わせて色を選ぶ、グラデーションにするなどバランスを考える

イングリッシュガーデンですから自然をテーマにしているのですが、その中でも色々なデザインがあります。田舎の風景を切り取ったような庭にするのですが、どこを切り取るかによって印象はがらりと変わってくるわけです。

テーマはブレずにしっかりと認識しておくことが、最後まで上手に仕上げるポイントです。花の色合いに統一感を持たせる程、まとまりある印象になります。色が4色以上あるとポップな印象が強くなってしまい、イングリッシュガーデンには適しません。できれば同系色を用意するとナチュラル感が増します。

個性を出したい場合には、同系色2色に白やシルバーなどの差し色があると色が際立ちます。色をまばらにするのもいいですが、グラデーションにするという方法もあります。グラデーションにすると、多彩な色合いでも統一感を出すことができます。

2.野に咲く花のように自然な配置

イングリッシュガーデンは自然をそのまま切り取ったような庭を目指しています。つまり、その植物が自然に生えている状態で庭に設置することが大切です。

すのこなどを使って壁を有効活用する方法もありますが、自然からは少々離れてします。ガーデニングにすのこは、よい活用法ではありますが、イングリッシュガーデンには不向きといえます。

3.頑張り過ぎない・作り込みすぎない

イングリッシュガーデンを作ろうと気合を入れすぎていませんか?あまり気合を入れすぎてもよくありません。ガーデニングを始めたからすぐに完璧なイングリッシュガーデンが出来上がるということでもありません。自然に馴染む風景をイメージしながら、徐々にそろえていくことも毎日の楽しみになります。

いろいろと試していきながら、ガーデニングのお手入れにも慣れてきた頃に初めて納得のいくものが仕上がるでしょう。焦りは禁物です。頑張り過ぎないことが大切です。また、あまり作りすぎると人工的になってしまいます。人工的というのはイングリッシュガーデンには天敵のようなものです。あくまでも自然の形を残した手入れを意識していきましょう。

4.水やり

どんな植物でも水やりは欠かせません。とはいっても、多く与えすぎるのもよくありません。水を与えすぎると、根腐れを起こしてしまいます。暑い日、寒い日によっても水やりの加減を調整してあげると植物も生き生きとしてくれます。

いつも適度な量を心がけながら、水やりをしましょう。

5.病気・害虫

病気や害虫に狙われやすい植物もあります。一度病気にかかった植物が生えていた土は、入れ替えることをオススメします。害虫は取り除けばダメージが少ないものもいますので、毎日の植物チェックを習慣にすると安心してお手入れができますし、病気・害虫に合ったとしてもガーデニングを楽しむことができます。

美しく見せるイングリッシュガーデンのポイント

基本的な作り方が分かったところで、美しく見せるポイントをご紹介しましょう。

1プランターやインテリアなども自然素材のものを選ぶ

自然を大切にするイングリッシュガーデンですから、プランターやインテリアも自然素材のものを選ぶようにしましょう。自然素材を意識して揃えるだけで、イングリッシュガーデンにぐっと近づきますよ。

プラスチックなどは使わず、木や石、レンガ、陶器などを使いましょう。配置するテーブルやベンチなども素材を統一するといいですね。「自然」を演出することを忘れないでください。

2.花がまとまりすぎないように、開花時期の違う花を配置

花はみな同じ時期に咲くものではありません。植える植物の見どころをずらすこともテクニックの1つです。全ての花が咲いたときはキレイでいいのですが、それが散ってしまった時にとてもさみしい庭になってしまいます。常に花が咲いている風景をイメージしながら開花時期にばらつきを持たせるなど植物選びに工夫をしておきましょう。

3.立体的に見えるようにボーダー状を意識する

イングリッシュガーデンの代表的なスタイルとして、ボーダーガーデンというものがあります。建物や小道、塀などを使って奥が高く手前にかけて低くなるように配置します。

これにより、庭に奥行を作りだすことが出来ます。自然な印象を与えることができます。

イングリッシュガーデンにおすすめのアイテム

それでは実際にイングリッシュガーデンにおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

知っておくだけで、ご自身の庭のイメージが現実に近づきます。

オールドローズ、イングリッシュローズ

バラはイングリッシュガーデンの代名詞ともいえる花です。アーチ型にバラをはわせて小道を作っている庭を見かけます。1つあるだけでとても華やかになりますので、シンボルのような役割を果たしてくれます。

バラと言ってもいろいろな種類があります。選ぶ際は1つの花が大きなものも素敵ですが、小ぶりのものを選ぶと野に咲くイメージが広がります。

ラベンダー

人気のハーブを植えるのはいかがですか?ヨーロッパで古くから栽培されており、お風呂や衣服の匂いづけとして親しまれてきました。ですから、イングリッシュガーデンでも違和感なく、栽培することが出来ます。香り高いので、見るだけでなく香りも楽しめるガーデンになります。

テーブルやチェアー

イングリッシュガーデンに置かれるものの代表として、テーブルやチェアーがあります。

自然素材を利用すると言っても、真新しいものでは少し残念な気がします。出来ればアンティーク調のものがいいでしょう。

アンティーク調など用意が難しければ、自分でやすりで削るなど少し手を加えるだけで簡単に使用感を出すことができます。

今人気のイングリッシュガーデンってなに?作り方とポイントまとめ

イングリッシュガーデンは最近人気のガーデニング方法です。作り方とポイントを知れば、意外と簡単に出来そうと思っていただけたでしょうか。

ポイントは「自然」です。自然を切り取ったような雰囲気を大切にしたガーデニングを楽しみましょう。