お風呂場の水垢を掃除する方法

キレイに使っているつもりでも、気づくとすぐ現れる水垢の掃除に苦労されているという方は多いのではないでしょうか。水垢はスポンジやブラシでこすっても中々落ちてくれないため厄介ですよね。今回はお風呂場の水垢をなるべく手軽な方法で掃除する方法についてご説明いたします。

浴槽についた水垢の掃除方法

しぶとい汚れでも、それぞれ汚れの性質を考慮し、適した掃除方法でアプローチをしていけば、すんなり汚れが落ちることも多いです。水垢は、「アルカリ性の汚れ」のひとつに分類されます。アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を用いることで汚れが落ちやすくなります。

市販されている酸性の洗剤はたくさんありますが、この記事では「クエン酸」を使用した掃除方法をご紹介いたします。「クエン酸」は食品などにも含まれている酸味の成分です。「クエン酸」自体は、無色無臭の物質で、ご家庭の様々な場所の掃除に用いることができます。では、「クエン酸」を使ったお風呂場の掃除方法をご紹介いたします。

クエン酸水を浴槽に吹きかけて放置

「クエン酸水」は、空のスプレーボトルに「クエン酸」と水200mlを入れて混ぜるだけです。スプレーボトルは他の液体を入れて使っていたボトルでも構いませんが、一度中をキレイに洗ってから使うようにしましょう。水を入れるため、ボトルを完全に乾かす必要は特にありません。

浴槽の掃除方法

  • 作った「クエン酸水」を浴槽に吹きかけます。

このとき、できれば乾いた浴槽にスプレーします。

  • スポンジでこすり洗いをします。
  • 水で流します。

以上が浴槽の掃除方法になります。この程度の作業であれば、スプレーを作る時間も含めて5分~10分程度でできますので、ちょっと時間が空いたときに行えるのではないでしょうか。水垢掃除の理想の頻度は1週間に1回程度です。このくらいの頻度で掃除ができると、水垢が蓄積されにくいためおすすめです。

お湯をはった浴槽にクエン酸をいれる

先にご紹介した方法では、「スプレーを作るのが面倒」という方もいらっしゃると思います。

ここからはスプレー作りも不要な、お風呂の残り湯を活用した掃除方法をご紹介いたします。

  • 残り湯にクエン酸を1カップ程度入れます。

(水位が低い場合は汚れが気になるところまでお湯を追加しておいてください。)

  • 1~2時間放置後、栓を抜いて湯を抜きながらスポンジでこすり洗いを行います。
  • 浴槽全体を水で流します。

皮脂汚れと結合してしまった石鹸の汚れなどを予め落としておくために、前日の入浴時などに、通常のお風呂掃除用の洗剤などで軽く掃除をしておくことができると効果的です。

「クエン酸+重曹」の泡の力で落とす

重曹はよく酸性の汚れを落とすときに使われますが、クエン酸と併用することで浴槽の掃除にも使えます。「クエン酸」と「重曹」を同時に使うと、中和反応が起こります。そのため、2つを同時に使うときは、酸性やアルカリ性という性質を利用した方法というわけではありません。2つが合わさることで起こる発泡を利用した掃除方法となります。

では具体的な掃除の手順をご紹介いたします。

  • 浴槽に「クエン酸水」をスプレーします。

「クエン酸水」は、水200mlに「クエン酸」を小さじ1程度混ぜたものです。

  • 重曹を振りかけます。(このときに発泡反応が起きます。)
  • 手袋を付け、スポンジでこすります。
  • 水で洗い流します。

クエン酸を先にスプレーしておくことが重要です。落としやすくなった汚れに、重曹と反応し発生した泡が奥まで入り込むことで効果的に掃除ができます。

鏡についた水垢の掃除方法

汚れのついていない鏡であれば、入浴中にくもってもシャワーをかければ、しばらくはキレイな状態が保たれます。これはくもりの原因が、蒸気やミストが鏡に付着しているだけだからです。なので、蒸気やミストを取り除くとキレイになります。

一方で、水垢や石鹸カス汚れなどが付着した鏡の場合は、シャワーをかけてもくもりが取れません。ここからは、浴槽と同様に、クエン酸を利用した鏡の掃除方法をご紹介いたします。

クエン酸水を使う

  • クエン酸水を鏡にスプレーします。

「クエン酸水」は、水200mlに「クエン酸」を小さじ1程度混ぜたものです。

  • 鏡をスポンジで優しくこすり洗いをします。
  • 水で流します。

基本的に浴槽と同じ洗い方です。鏡についた水垢はアルカリ性であることが多いので、軽い水垢であれば簡単に落とすことができます。

この方法で落とすことができない場合には、次に紹介する方法もおすすめです。

クエン酸水を使ってパックする

  • クエン酸水を鏡にスプレーします。
  • その上にラップを張りつけます。
  • 1時間後、ラップをはがし、水で流します。

上記の方法でもだめなら、

  • 「クエン酸水」を含ませたスポンジに、「クエン酸の粉末」をのせて優しく鏡をこすります。
  • 水で流します。

これでも取れない場合は、電気工具を使わなければ落とせないものも多いので、プロに依頼することをおすすめします。

蛇口やシャワーにつく白い水垢の掃除方法

浴槽や鏡だけでなく、蛇口やシャワーにも水垢は付きますよね。お風呂用の中性洗剤でこすっても取れないものも多いのではないでしょうか。ここからは、蛇口やシャワーに付く水垢汚れの性質や、適した洗剤についてご紹介いたします。

蛇口やシャワーにつく汚れには酸性の洗剤が有効

蛇口やシャワーに付いてしまう水垢汚れも、鏡につく汚れと同じで「アルカリ性の汚れ」です。「アルカリ性の汚れ」にはクエン酸などの「酸性」の洗剤が有効です。クエン酸のほかに、身近なものに「お酢」もあります。

食用でご家庭にある方も多いのではないでしょうか。普段は食用として使う「お酢」も酸性という性質を利用することで洗剤として使うこともできます。では、蛇口やシャワーの具体的な掃除方法をご紹介いたします。

「クエン酸」を使った蛇口まわりの掃除方法

  • 「クエン酸水」を蛇口やシャワーにスプレーします。
  • 「クエン酸」を密着させるためにできればラップを張り付け、30分ほど放置します。
  • ラップをした場合ははがし、スポンジで軽くこすり水で流します。

もし、「重曹」も持っていれば、スポンジでこするときに「重曹」を付けてこすれば、「重曹」の研磨効果も利用できて、より効率的に汚れを落とすことができます。

「お酢」を使った蛇口まわりの掃除方法

掃除に使う「お酢」には、醸造酢やホワイトビネガーを使用するようにしてください。すし酢や果実酢などのほかの「お酢」は、掃除後に色や匂いが残ってしまうおそれがあるので、掃除に使うことは避けましょう。では、お酢を使った掃除方法をご紹介します。

  • 空のスプレーボトル に「お酢」と水を1対1で入れたスプレーを作ります。
  • 水垢の気になる部分に吹きかけます。
  • 30分後、スポンジで軽くこすり水で流します。

それでも水垢が落ちない場合は、

  • 水垢の気になる部分に「お酢スプレー」をかけます。
  • その上にキッチンペーパーを張りつけ、さらに「お酢スプレー」をかけます。
  • 上からラップをします。
  • 30分後、スポンジで軽くこすり水で流します。

いずれも掃除中はお酢の匂いが浴室に充満してしまうので、匂いが苦手という方はクエン酸を使うことをおすすめします。

お風呂を掃除する時の注意点とポイント

クエン酸やお酢を使った掃除をするときには、いくつか注意しておきたいことがありますのでご紹介いたします。

塩素系漂白剤とは絶対に一緒に使ってはいけない

「塩素系漂白剤」と「クエン酸」や「お酢」を併用することは絶対に避けてください。これらが混ざってしまうと「有毒な塩素ガス」が発生してしまい危険です。

素材によっては傷みの原因に

大理石やタイルの目地、アルミ製の製品に、クエン酸やお酢を使った掃除をすると、素材を傷めてしまう恐れがあるので避けましょう。材質がよくわからない場合には、目立たないところで一度クエン酸などを試してみて、大丈夫なことを確認した上で使用するようにしてください。

掃除後はきちんと洗い流そう

基本的に、クエン酸やお酢を使った掃除時間は1~2時間が限度です。それ以上放置すると、素材を傷めてしまう可能性が高まります。クエン酸に限らず、水回りの掃除の仕上げにはしっかりと水で流す習慣を付けておくと良いでしょう。

お風呂場の水垢を掃除する方法まとめ

「クエン酸」や「お酢」は手軽で身近なところで手に入れやすく、「アルカリ性の汚れ」には基本的に効果があります。お風呂場の汚れとして多い「水垢」は「アルカリ性の汚れ」なので、「クエン酸」や「お酢」を使うことで落としやすくなります。

塩素系漂白剤とは併用しないことや、材質によっては不向きなものがあることなどいくつかの注意点さえおさえておけば、とても便利な掃除道具といえそうです。今回ご紹介した掃除方法を参考に、お風呂場の水垢をぜひ掃除してみてくださいね。