キッチンのシンク周りの掃除の仕方

毎日使うキッチンは、油や水、食べカスなど、汚れの原因になるものが多いですよね。そして落ちにくい!!汚れたキッチンで料理するのは不衛生だし、ストレスにもなりますよね。

そんな方必見!シンク周りの掃除の仕方をご紹介します。ぜひ試してみてください。

シンク周りの汚れの正体

シンク周りには様々な汚れがあります。掃除するときに大切なのは、どんな汚れなのかを知る事。汚れの原因を知ることで掃除の方法が変わってきます。

水垢

掃除しているはずなのに、いつの間にかシンク内に付いて、取れなくなった白くザラザラした汚れ。これが水垢です。水に含まれるミネラルと、食品に含まれるカルシウム成分が結合して固まったものです。放置すると水垢が積み重なって石のように固い汚れへ変化するのが特徴です。

油汚れをそのままにしておいたために酸化して固まってしまい、ベトベト、ギトギトになってしまいます。

食べ物のカス

食べ残しや生ごみが腐敗することによって細菌や酵母が繁殖し、ヌメリとなります。水気が残ってジメッとしている場所を好み、排水溝や洗剤の裏側に発生しやすいです。

茶色いシミ

汚れた水がこびりついたか、その汚れの色素が残ったもの。雑菌が繁殖して不衛生になるので見つけ次第対処しておきたい汚れの一つ。

石鹸カス

食器用の洗剤と水のミネラル分が混ざり合い、蓄積した白い汚れ。水垢とあまり区別はつきませんが、石鹸は酸性で水垢自体はアルカリ寄りの性質を持っているため、水垢と石鹸カスは全くの別物です。石鹸カスは蓄積するタイプの汚れなので、水垢やその他の汚れと混ざるとこびりつきがひどくなり、放っておくと更に落ちにくくなってしまいます。

シンクの掃除の仕方

汚れの原因が分かったら掃除開始です。汚れにはアルカリ性や酸性の汚れがあるので、性質に適した洗剤を使って掃除をしていきましょう。

軽い水垢はお酢で落とせる

水垢汚れは削る掃除をすることで落とすことが出来ます。しかし、傷がつかないように、スポンジやへらなどの柔らかい物から始めましょう。それでも落ちない場合は、さらに硬い物へ変更していきます。

しかし、いつまでも固いもので削っていくと、汚れではなく本体を傷つけてしまうだけになるので、次のステップへ移りましょう。アルカリ性の水垢を落とすのに適しているのは、酸性の酢や、クエン酸です。酢と水を1:2で配合した酢水や、水100mlに対してクエン酸小さじ2分の1で作ったクエン酸水を、汚れているところにスプレーして、1~2時間放置します。そしてスポンジで軽くこすれば簡単に落ちていくはずです。

油汚れが多いときは重層使う

お掃除の救世主、重層は油汚れにも効果があります。油は酸性なので、アルカリ性の重層を使用すると中和して柔らかくすることが出来ます。軽度の汚れの時には、水100mlに対して小さじ1杯の重層で重層水を作りスプレーをします。

5~10分放置してスポンジで軽くこすります。重層は残ってしまうと白くなるので念入りに拭き取って下さい。重度の汚れの場合には、重層ペーストを使います。重層に少しずつ水を入れていって、ペースト状になるまで混ぜていきます。目安としては重層3に対して水1の割合です。そのあとは軽度の場合と同じになります。

頑固な水垢にはクエン酸のパックをする

スプレーした後にスポンジでこすっても取れない頑固な水垢は、酢水かクエン酸水を含ませたペーパータオルで汚れの上からパックをして、さらに2~3時間放置します。パック後にスポンジで掃除すれば、たいていの水垢は落とせるはずです。

石鹸カスには重層やセスキ炭酸ソーダを使う

水垢を酸性の洗剤で掃除しても、まだ白い汚れがついている…という場合は、石鹸カス汚れが残っているかもしれません。酸性の石鹸カス汚れに、酸性の洗剤を使用しても効果がありませんので、今度はアルカリ性の重層を使いましょう。シンクを軽く水洗いした後、粉のままの重層をまんべんなく振りかけます。

そして30分~1時間ほど放置して、スポンジでこすり、水で流しましょう。もし、重層で落ちきれない汚れがある場合には、セスキ炭酸ソーダの出番です。重層と同じアルカリ性ですが、重層よりもアルカリ濃度が高いため、頑固な汚れに利くことがあります。水500mlに対して小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜて汚れの酷いところにスプレーします。10分放置してスポンジで軽くこすれば落ちるはずです。

排水溝の掃除の仕方

ヌメヌメで触るのも避けたい排水溝。しかし、ここの掃除をさぼってしまうと悪臭の原因になったり、詰まってしまう場合もあります。効率のいい掃除方法を知り清潔にしましょう。

カビや雑菌が繁殖しやすい場所

シンクの排水溝は、常にゴミや水が流れますが、拭き取りや掃除を毎回するのが大変です。その為、水気や食べかす、油汚れなどが残り、ジメジメ・ギトギトし、カビや雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。直接シンクに生ごみを捨てず、新聞紙などを広げて調理し、そのままくるんでごみ箱に捨てることで、少しは抑えられるかもしれませんね。

ぬめりは食べかすや食材の残りかすなどがついている証拠

ヌメリの原因は、調理中に出る野菜のクズや食べ終わった後の料理の残りかすを放置していること。排水溝の中に溜まった生ごみをエサにして、菌が発生し、増殖することでヌメヌメした汚れが出来ます。

排水溝のカバーの裏まで全部掃除する

排水溝のカバー、実は表よりも裏の方が汚れていて、ヌルヌルなの、知っていますか?掃除の時に手袋をして行うと思いますが、そうすると手触りが感じにくくなる落とし穴があります。素手で触るとヌルヌルしていてすぐわかりますが、見落としてしまいがちなカバーの裏、しっかりと洗いましょう。

食器用洗剤と捨てる前の歯ブラシを使って磨く

カバーを洗ったら、ゴミ受け、排水溝の中。手が届かなかったり、ゴミ受けの網目状のところには、歯ブラシが最適です。軽い汚れなら、食器用洗剤で簡単に落ちますので、新品ではなく使い古した歯ブラシを使って細かい言ところもきれいにしましょう。ゴミ受けの網目がゴミやぬめりで塞がってしまうと、流れが悪くなる原因にもなりますので、しっかりと。

重層+酢でしっかり汚れを落とせる

月に何度かは、重層とお酢で排水溝をピッカピカにしましょう。排水溝のカバーやゴミ受けまでの掃除は同じです。そのあと、ゴミ受けがない状態で排水溝の中に重層を下が見えなくなるくらい振りかけます。その上からお酢をかけます。

お酢をかけた時に、しゅわしゅわし続けるくらいで止めましょう。お酢をかけたら5~30分放置します。最後にお湯をかけて完了です。重層が残ると白く汚れるので、しっかり流してくださいね。お酢のにおいが気になる方は、クエン酸でも大丈夫です。

頑固な汚れを作らない日々のポイント

ピッカピカにしたシンクをなるべく保っていきたいですよね。でも毎日使うので難しい…。なので、毎日少しずつ掃除をする習慣をつけて、きれいに使いましょう。

台所用洗剤できれいに洗って流す

食事のあとの洗い物を済ませた後には、毎回掃除をするようにしましょう。掃除と言っても簡単な掃除で大丈夫。食器用とは別のシンク専用のスポンジを用意して、食器用洗剤で軽くシンクと排水溝を磨き、水で洗います。洗ったあとは布巾で水分を拭きましょう。

水分を残しておくと、水垢や石鹸カス汚れが蓄積していくので、しっかり拭き取ります。シンク掃除の時だけでなく、ちょっとシンクを使った時にも水分を拭く習慣をつけておくといいですね。

こまめな掃除が結果的に掃除を楽にする

掃除は溜めておくと、汚れもどんどん蓄積し落ちにくい汚れに進化してしまいます。忙しい日常の中で大変かと思いますが、料理した後、煮込んでいる最中、片付けの後、コーヒーのお湯を沸かしている間…ちょっとした時間にちょっこと掃除が出来ると、毎日の掃除が少しずつ楽になっていくと思います。

キッチンのシンク周りの掃除の仕方のまとめ

今回はシンク周りの仕方をご紹介しました。毎日使う場所だからこそきれいにしたい。でも掃除は大変だし、なかなか落ちなくて悩みますよね。汚れの正体や、相性のいい洗剤、掃除方法を知ることで少しでも掃除が楽になって、きれいなキッチンで過ごせるようになればと思います。