ハウスクリーニングの仕事の内容とは

日々の生活の中で避けて通ることのできないことの一つ、掃除。「忙しいから」「難しいから」とやらなくてはいけないと思いつつも、自分で行うには限界もありますよね。そんな時に活躍してくれるのが、ハウスクリーニング。

利用する人のニーズもそれぞれで、色々な場所、種類があります。普段できない箇所の掃除を引き受け、快適な環境を提供する。人に喜ばれるやりがいのあるお仕事です。これから需要拡大が見込まれるハウスクリーニングの仕事内容を見てみましょう。

ハウスクリーニングって?

最近ハウスクリーニングの業者も増え、色々な広告を見かけるようになりましたが、実際にどんなことをしてくれるのでしょうか。

ハウスクリーニングとは掃除業者全体の呼称

ハウスクリーニングとは、素人がなかなか掃除しにくいとことや、手の届きにくいところも含めて家の中を丸ごときれいにしてくれる素晴らしいサービスです。

汚れをきれいにするスペシャリストの事

同じように掃除をしてくれるサービスに、家事代行がありますが、これは各家庭に派遣されたスタッフが、一般家庭にある掃除機や家庭用の洗剤、掃除用具で掃除を行うものです。ハウスクリーニングは、専門の技術を持ったプロのスタッフが、フローリング磨きから、エアコン、水回り、レンジフードまでも特殊な洗浄液や器具を使って、徹底的にきれいにしてくれます。

ハウスクリーニングの仕事内容

ハウスクリーニングと言っても種類は様々です。大きく分けると、在宅ハウスクリーニングと空室ハウスクリーニングの二つになりますが、その他にも宿泊施設やマンションなどの清掃を受けている業者もあります。また、ハウスクリーニングの中で部分的な掃除も行いますのでご紹介していきます。

在宅ハウスクリーニング

入居者がいる部屋を掃除するサービス。家具や家電製品などのものが置かれた状態で、依頼者の希望に応じた部分的なクリーニングを行います。例えば、換気扇や浴室、窓のサッシなど、普段掃除しにくい箇所の清掃が中心です。成果を認めてもらうと、リピーター利用はもちろん、近隣や友人知人などへ紹介してくれる場合もあります。

空室ハウスクリーニング

賃貸物件の原状回復の一つで、新たな入居者が入る前に行う清掃です。前の入居者が退去に手からしばらく空き家や空き室になっていた部屋の掃除も行います。空室クリーニングの場合、キッチンや浴室、トイレなど部分的な掃除だけでなく、リビングルームやエアコンなどの清掃も行います。当然、部屋丸ごと(壁面、天井、ベランダも含む)の清掃が行われます。

エアコンクリーニング

エアコンを取り付けたまま分解して、ほこりや汚れを除去します。専用の洗浄液で内部まで磨き上げ、仕上げに防菌や防カビなどの塗布を行うこともあります。

フローリング

専用の洗剤で磨き、素材のツヤをよみがえらせます。ワックスを使用して磨く通常のフローリングだけではなく、クッションフロアなど床材に適した清掃が可能なのも、プロのハウスクリーニング会社ならではです。

浴室

浴室内は排水溝や天井、タイルの種類など、水垢やカビ、石鹸のカスなどがたまりやすい箇所です。しばらく放置してしまうと汚れが悪化し、家庭用の洗剤では落としきれなくなってしまいます。掃除しにくい浴室下部の高圧洗浄や、浴室暖房乾燥機もクリーニングなども、ハウスクリーニングによっては可能です。

レンジフード・換気扇

普段外すことのないパーツを分解し、外枠だけではなく内部のねじにまでこびりついた油汚れや煙汚れなどを除去します。専用の洗剤やブラシなどを使用するので、汚れを落とすだけでなく使用時の悪臭も軽減できます。

壁紙

「クロスクリーニング」と呼ばれていて、ほこりを落とした後、壁についたたばこややにの黄ばみなどの汚れを、専用の洗剤を使って洗浄します。落としきれない場合や洗浄できない素材の壁紙は、クロスごと張り替える場合もあります。

トイレ

便器や水栓タンク、蛇口、換気扇など黒ずみや黄ばみを落とすためのクリーニングです。近年は普通の便座だけでなく、掃除しにくい温水洗浄便座の清掃に対応している会社がほとんどです。

退去後のアパート・マンション全体の掃除

ワンルームから3LDKまで、時々一軒家やアパートの外回りの清掃を行います。月に1.2回アパートの定期思想の依頼が来ることもあります。基本的には汚れは関係なく、部屋の数で値段が決まってきます。

商業店舗などの清掃

法人向けサービスで、オフィスや事務所、医院、販売店舗、飲食店など様々な商業スペースをプロの手でクリーニングするサービスです。いずれもこのスペースが営業時間外に行われるサービスです。毎週何曜日に、といった申し込みがほとんどなので、定期収入としてカウントできるメリットがあります。

ハウスクリーニングの需要

近年ハウスクリーニングの需要が高まっています。その背景には、高齢化や少子化、女性の社会進出やアレルギー対策など、高齢者世帯、若者世帯問わず様々な理由があります。

高齢者世帯での需要

手や足が不自由になり、掃除がしたくても思うようにできず困っている方や、介護してくれるご家族がいても、介護や通院、他の家事で掃除まで手が回らない場合に利用される方が多くいます。高い場所の掃除や生活に必要な水回りなどの清掃を依頼する方が多く、年末にはサッシや窓ガラスなどの依頼も増えてきます。

若者世帯での需要

仕事で忙しい一人暮らしの方や、共働きの方だけでなく、専業主婦の家庭での需要も増えています。仕事をされている家庭では、家の掃除まで手が回らず、時間の確保のために利用されています。その時間が仕事や趣味、家族のために有意義に使われているそうです。

また、専業主婦の方が利用すると、手抜きと思われがちですが、主婦の方も掃除のプロではありませんので、年末の掃除や、エアコン、換気扇などプロの力が必要な時もあります。赤ちゃんやアレルギーの子がいると尚更です。

ハウスクリーニングの働き方

専門知識を必要とするハウスクリーニングの仕事。几帳面で工夫が出来、根気強い方に向いているお仕事です。資格は不要ですが、ハウスクリーニング技能検定を受けておくと、就職などに有利かもしれません。仕事の内容が分かったところで、どう働いていくのか。簡単に分けると三つ方法があります。会社に就職、独立、起業。それぞれのメリットデメリットはどうなっているのでしょうか。

ハウスクリーニング会社に就職

求人を見つけてエントリーします。無事合格すると、あとは社員と一緒に物件を回って仕事を覚えながら収入を得ます。掃除が好きで安定して仕事を続けていきたい人に向いています。安定性はあるものの、わざわざ脱サラまでして行うことではありません。卒業後の就職先の一つや、無職の状態から、または転職を考えているときに選ぶパターンが多いでしょう。

個人で独立する

ある程度の技術を身に付けたら、個人で独立することも出来ます。技術取得や設備投資などにかかる費用のリスクはありますが、自分のやり方で行うことが出来ます。高齢化と女性の社会進出が進む今後の日本では、需要拡大が見込まれます。

フランチャイズで起業する

メリットとしては、一からハウスクリーニングのやり方を学べ、開業後もサポートが受けられることです。そしてなにより、有名なフランチャイズ店の看板を掲げられます。しかし、開業資金が高くなるのが難点です。開業資金の算出を見ると、開業前に221万5,000円、さらに軌道に乗るまでの生活費などで最低100万円は用意しておく必要があります。

ハウスクリーニングの仕事内容のまとめ

ハウスクリーニングの仕事内容について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。資格がなくても行えることですが、ご家庭では用意できない洗剤や器具を使いこなす掃除のプロです。依頼することが手抜きと思わずに、できないところは業者に頼むのも一つの方法だと思います。