壁紙についた汚れの落とし方

壁紙につく汚れは落書き汚れをはじめ、皮脂汚れやカビによる汚れなど様々です。日頃意識的に壁の掃除をする方は少ないのではないでしょうか。そのため、壁紙についた汚れが目立ってきたときにどのような方法で汚れを除けばよいのかが思い浮かびにくい場所ですよね。

汚れの原因ごとに、適した落とし方が異なるため、汚れの種類別に分けて「壁紙についた汚れの落とし方」をご紹介いたします。

基本的な壁紙の掃除方法

壁のくすみなど、汚れの原因がわからないものは段階的に掃除をしていきます。ご紹介する基本的な壁紙の掃除方法を順番に試してみてください。

原因が特定されている汚れの落とし方については、次章以降でいくつかご紹介いたします。

この記事では住居用としてよく使われている壁紙(ビニールクロス)を対象とした掃除方法をご紹介いたします。また、壁紙はこすり過ぎによる傷みが生じやすいので、力加減にはご注意ください。

お湯で落とせるものは落とす

スポンジやブラシなど汚れの範囲に応じて使いやすいものを準備します。準備したグッズにお湯を含ませ優しくこすります。この方法は比較的壁紙に優しい方法なので、この方法で落とせる汚れは先に落としておきましょう。汚れが落ちたら、乾いた雑巾などで水気をふき取ります。

頑固な汚れには汚れにあった洗剤を使う

お湯とスポンジを使っても落ちない汚れについては、食器用中性洗剤を使用してみましょう。濡らして固く絞った雑巾に、中性洗剤を数滴垂らし、雑巾になじませたもので壁を拭きます。

水拭きをし、水分が残らないようにからぶきをする。

中性洗剤を使った方法で汚れが取れた場合でも、取れなかった場合でも、仕上げに水拭きを行ってください。洗剤が壁に残ることで、壁紙を傷めてしまうおそれがあります。

落書き汚れの落とし方

お子さんがいらっしゃるご家庭では、落書きによる壁の汚れは発生しがちなお悩みではないでしょうか。賃貸のアパートなどでは、汚れが残っていると引っ越すときにクリーニング代が請求されることもあるため、できることならキレイに消しておきたいものです。この記事では、ボールペンやクレヨンによる落書きの掃除方法についてご説明いたします。

どのような汚れであっても、日が経つにつれて落ちにくくなってしまいます。なので、落書き汚れは見つけたらなるべく早く対処することが、キレイに汚れを落とすことに直結します。

油性ペン、油性ボールペン

油性ペンによる汚れは、除光液があると便利です。コットンや、ウエスなどに除光液を付けて優しくこするようにして汚れを取っていきましょう。メラミンスポンジがあれば、お湯や除光液を付けてこすることで汚れを落とせる場合もあります。また、同じスポンジやウエスを使うよりも、汚れたら新しいものに取り換え、除光液をそのつど付けながらこすることで汚れを広げずにキレイに取りやすくなります。

ゲルインクのボールペン

油性のボールペンのように除光液を使っても落ちにくいです。ウエスに中性洗剤を数滴たらして、こすりましょう。何度か繰り返すとだんだんと色が薄くなってくると思います。きれいになったら、水拭き→から拭きの順で中性洗剤が残らないようにふき取り完了です。

クレヨンや鉛筆

まずは消しゴムや歯ブラシなどを使って物理的に落とせるだけ落とします。それでも汚れが残った場合は、クレンジングオイルとウエスを使って落とします。ウエスにクレンジングオイルを数滴たらしてこするだけです。汚れの面積が多い場合は、時々ウエスを交換できると効率的できれいに仕上がります。

最後に、水拭き→から拭きの順で中性洗剤が残らないようにふき取ったら完了です。

タバコのヤニや皮脂などの汚れ

タバコのヤニや皮脂よごれは、広範囲に及ぶことも多く掃除をするのも億劫になりますよね。ですが、これらの性質を理解した上で適切な掃除を行えば、簡単に落とすことができます。

ヤニ汚れや皮脂汚れは「酸性の汚れ」

汚れは主に「酸性」と「アルカリ性」のものに分けることができます。タバコのヤニ汚れや、手垢などの皮脂汚れは「酸性の汚れ」に分類されます。「酸性の汚れ」には「アルカリ性の洗剤」を使うことで落としやすくなることが期待できます。

壁についたヤニ汚れや皮脂汚れは中々落としにくいので、身近なアルカリ性の洗剤の中でもpHの高い「セスキ炭酸ソーダ」を使った掃除方法をご紹介いたします。(pHが高いほど強アルカリ性となります。)

手垢や皮脂汚れには「セスキ炭酸ソーダ」

セスキ炭酸ソーダは炭酸ナトリウムと重曹から作られた洗剤です。重曹よりも強いアルカリ性なので、使用するときには手荒れを防ぐためにゴム手袋等を装着するようにしてください。まず、空のスプレーボトルに水300ml、セスキ炭酸ソーダを小さじ1程度入れて混ぜます。

高濃度なほど汚れは落としやすくなります。最初にこの濃度でスプレーをしてみて、汚れが落ちない場合は少しずつ濃度を高めてみてください。ただし、高濃度にするほど壁紙が傷みやすくなりますので、濃度をあげる際には目立たない箇所で試してみるなど、様子を見ながら濃度をあげてください。

では、セスキ炭酸ソーダ入りスプレーを使用した壁紙の掃除方法をご紹介いたします。

まず、作ったスプレーを、壁の汚れに向かって吹きかけます。吹きかけた部分を、ウエスでくるくると汚れの気になる部分をこすり、ふき取ります。この「スプレーをしては拭く作業」を何度か繰り返します。

汚れが落ちたら水拭き→乾拭きをして完了です。

壁についたカビ汚れ

湿度の高い梅雨や、加湿器の出番が増える秋から春先までのあいだ、換気を心がけていてもいつのまにか壁にカビが生えてしまうこともありますよね。ここからは、壁にカビが生えてしまったときの掃除方法をご説明いたします。

酢水や重曹水をスプレーする

ご家庭の壁紙に変色などのおそれがあったとしてもとにかくカビを除去したい!という場合は、お風呂用のカビとり洗剤として市販されている塩素系漂白剤等を使用すると良いでしょう。

歯ブラシなどに洗剤を付け、汚れの気になる部分にこすります。その後ウエスでふき取り、水拭き→乾拭きをします。

上記の方法はとても簡単ですが、壁紙にかかる負担が大きいです。塩素系漂白剤ほど強いものは使いたくないけれど、カビを除去したいという方はこちらの方法を試してみてください。

①空のスプレーボトルに水100mlと酢50mlを入れ、壁のカビ汚れにスプレーします。

この時に使用する酢は、醸造酢等の、着色や味がつけられていない酢を使うようにしてください。

②空のスプレーボトルに水200mlに重曹小さじ1を入れ、壁のカビ汚れに酢水の上からスプレーします。

③ウエスでこすり、ふき取ります。(このウエスはカビが付くので捨ててよいものを使ってください。)

カビ予防にはエタノール

エタノールはカビタンパク質を分解してくれる効果があります。カビ汚れの掃除がすんだら、仕上げに消毒用のエタノールをひとふきしておくと良いでしょう。エタノールは揮発性があるため、ひとふきするだけであれば、ふき取る必要はありません。

壁紙についた汚れの落とし方まとめ

壁の汚れにはたくさんの種類があります。お湯や中性洗剤などを使ってみても落ちない場合は、汚れの性質別に掃除方法を変えてみましょう。また、洗剤をいろいろと使う前に、メラミンスポンジや消しゴムなど、物理的に汚れを落としてみると意外とすんなり落ちる場合もあるようです。

今回ご紹介した掃除方法を参考に、ご家庭の壁汚れをスッキリ一掃してみてください。