家庭の頑固な汚れをピカピカに!おすすめアイテムと場所別の対処法

毎日掃除していても良く使うところには、頑固な汚れがこびりついてしまいがちです。落とせなくて困っている家庭の汚れはありませんか?

ガスレンジの油汚れやシンクの水アカなど、時間の経過とともに落ちにくくなる頑固な汚れを、キレイにするためのおすすめアイテムや場所ごとの対処法を紹介していきます。

もう落としきることはできないと諦めていた人も参考にしてください。

頑固な汚れを落とすためのアイテム

メディアでたびたび取り上げられているお掃除便利グッズや自然派洗剤たち。重曹やクエン酸、セスキ炭酸ソーダなど、簡単に手に入る上に安価な自然派洗剤は気軽にお試しできますね。しかし、それぞれの自然派洗剤が、どんな汚れにどう使うと効果があるのかメディアで耳にして知っているようで、いざ使うとなると分からない人も多いと思います。

自然派洗剤

①セスキ炭酸ソーダ

油や皮脂汚れに強いセスキ炭酸ソーダ。重曹と同じくアルカリ性で、その性質も似ています。というのもこのセスキ炭酸ソーダの成分は、重曹に炭酸ナトリウムが混ざったものだからです。強力なアルカリ性の炭酸ナトリウムと家庭でよく使われている重曹を混ぜ合わせることで使いやすい洗剤になっています。

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、あらかじめ作っておいて霧吹きに入れておけばすぐに使うことができます。皮脂や手垢、血液などのタンパク質汚れや油汚れ、洗濯前の首周りや靴下の下処理に向いています。ただし、こびりついたようなひどい油汚れや泥汚れ、水アカとは相性が悪くなります。

②重曹

研磨作用でお掃除に使う重曹ですが、ふくらかし粉としてお料理に使うイメージがあるかもしれません。しかし、重曹には「食用」と「工業用」があるので、工業用を食用に使わないように気をつけてください。アルカリ度の関係で、洗浄力はセスキ炭酸ソーダの方が強いのですが、重曹は結晶の粒が大きいので研磨力は重曹の方が勝っています。

その結晶の大きさが原因で水に溶けにくくスプレーには向きませんが、ごく少量の水でペースト状にして鍋の焦げ付きや茶渋の洗浄に使うと効果的です。その他消臭にも向いていますが、水アカや泥汚れには向いていません。

③クエン酸

こちらも「食用」と「お掃除用」があるので用途に合ったものを用意してください。重曹とセスキ炭酸ソーダがアルカリ性だったのに対して、クエン酸は酸性なので得意なお掃除がかわってきます。お酢とも同じ役割を果たせますが、臭いが残らないのでおすすめです。

ただし、お酢と違ってクエン酸を使った後は白く残りやすいです。これは、軽い水拭きで解消できます。クエン酸も水に溶けやすいのでスプレーに向いています。

得意なお掃除は水アカや石鹸かすで、水回りのお掃除に活躍してくれます。クエン酸と相性の悪い汚れは油汚れや皮脂、手垢でこちらは重曹やセスキ炭酸ソーダを使って掃除しましょう。

ガスレンジやコンロなどの油汚れの落とし方

主な汚れは油汚れやこげつき

ガスレンジやコンロについてしまう汚れのもとは、主に「食品汚れ」「油汚れ」「こげつき」の3種類です。食品の吹きこぼしやこぼした調味料、お肉を焼いたときなどに飛び散る油汚れはついてすぐならば簡単な水拭きでも落とすことができます。時間が経ってコンロを使うたびに熱が加わると、炭化してこびりついてきます。

このようにしてこびりついた頑固な汚れを落とすにはちょっとしたコツが必要になってきます。

セスキ炭酸ソーダで油を落とす

お料理をするたびに油撥ねで汚れてしまうコンロの天板やコンロ回りの壁。あっという間にべとべとになってしまったこれらの汚れも、セスキ炭酸ソーダを使えばごしごしこすらなくても付け置きするだけでキレイになってしまいます。

まずはセスキ炭酸ソーダの水溶スプレーを作ります。300mlのスプレーボトルであれば、小さじ一杯程度のセスキ炭酸ソーダを水に溶かします。すごく水に溶けやすいので、水の入ったボトルにセスキ炭酸ソーダを入れて少し振ればすぐに溶けてしまいます。

作ったスプレーを直接コンロに噴霧していきます。軽い油汚れならすぐに拭き取っていけますが、時間が経ってしまった汚れには付け置きしていきます。スプレーし終わった上からキッチンペーパーを湿布のように貼り付けていき、さらにその上からスプレーして1時間ほど置きます。その後、キッチンペーパーを剥がして拭きあげると、見違えるようにピカピカになります。

こげつき汚れには重曹を使う

煮込み料理や火の通りやすいものの炒め物などでうっかり付けてしまった鍋のこげ。まあ、少しくらいなら仕方が無いと思っていても、長く使ってくると気になるものです。気になる頃にはすっかり頑固な汚れとなって落としにくくなっています。

最近の鍋には焦げ付かないような加工がしてありますが、それでもこげはついてしまいます。加工された鍋は金属たわしで擦ってしまうと、せっかくの加工がとれてしまいます。

そんな時に頼りになるのが重曹です。

こげを取りたい鍋に半分ほど水を入れて分量分の重曹を入れて沸騰させていきます。中火くらいの火加減で5分ほど沸騰させていきます。火を止めたら放置します。

長く置けば置くほど焦げが落ちやすくなります。2時間ほど放置して中の水を捨てると、多少の光沢がみられますがこげは残っていると思います。残りのこげはスポンジにペースト状にした重曹を付けて磨いていけばピカピカになります。

重曹は水に入れて加熱すると、水・二酸化炭素・炭酸ソーダに分解します。そのときに発生した二酸化炭素が泡になって汚れをうかし、強いアルカリ性に変化した炭酸ソーダが油汚れを落としていきます。クレンザーやたわしで擦るより効率が良く、力がいらないのでぜひ試してみてください。

ただし、アルミ製の鍋はアルカリ性に弱く黒ずんでしまうので、アルミ鍋のこげをとるのには向いていません。

シンクなどの水アカの落とし方

水アカの成分

ちゃんと掃除しているのにできてしまう、風呂場の鏡やシンクにできる水アカ。これは水道水に含まれているカルシウムなどのミネラル成分が固まったものです。水自体は蒸発してなくなってしまいますが、そこに含まれていた成分が水滴状に跡になって残っている。

これが水アカの正体です。水道を使った後にしっかり水を切っておけば防げますが、1日に何度も使う場所なのでそうも言っていられません。どうしたらキレイに落とせるでしょうか?

水アカをキレイにするには

水アカは汚れと言うよりは、ミネラルやカルシウムの成分が石化して堆積したもので、かさかさと乾燥していて洗剤もなじみにくいです。そんな水アカを落とす方法は、物理的に削るか酸で溶かすかの2つです。

物理的に削る

研磨作用のあるスポンジや、顆粒入りの洗剤で擦りおとしていきます。長く放置して硬くなった頑固な水アカにはプラスチックカードの側面も有効です。ただし、水アカがついている掃除箇所の素材によっては傷つく恐れがあるので、合った道具を選びましょう。

クエン酸でふやかす

水アカになるカルシウムやミネラルはアルカリ性です。この成分は酸性のもので中和できます。ここで役に立つのがクエン酸です。

食用のお酢でも代用できますが、かなり臭いが残るのでクエン酸をおすすめします。クエン酸で水アカをふやかすコツはなるべく密着させることです。水200mlにクエン酸小さじ1杯の割合で溶剤を作って、水アカにスプレーしていきます。

その上からキッチンペーパーやラップをかけて2時間ほど放置します。そうしてふやけた水アカをスポンジなどで擦り落とし、水分を拭き取ればピカピカになります。それでも残ってしまう頑固な水アカには、放置時間を延ばしたり、何回も繰り返したりしてください。

家庭の頑固な汚れをピカピカに!おすすめアイテムと場所別の対処法 まとめ

家庭の頑固な汚れを落とすのにおすすめのアイテムと対処法を説明してきました。参考になりましたか?もう一度、おさらいしていきましょう!

頑固な汚れを落とすためのアイテム

重曹

セスキ炭酸ソーダ

クエン酸

頑固な汚れ別の対処法

ガスコンロ回りの油汚れ

鍋の焦げ付き

水あかの落とし方

について紹介しました。

どれも簡単に試せるので、頑固な汚れは仕方がないと思わずに実践して、おうちをピカピカにしてくださいね。