掃除がはかどる洗剤の使い分け方法

掃除に欠かせない洗剤。洗剤と汚れにも相性があるのをご存知ですか?洗剤の種類はたくさんあり、その中でも液性も分かれています。上手く掃除をするには汚れの性質、そして、洗剤の種種や性質を知っておくことが大きなポイントとなります。

普段何気なく使っている洗剤ですが、どんな種類があって、どんな汚れに効果があるのかをご紹介していきます。

代表的な洗剤の種類

まずは洗剤の種類です。一般的な洗剤とナチュラル洗剤に分かれており、その中でもいくつか種類があります。用途に合った洗剤を使いましょう

一般的な洗剤

一般的な洗剤として、合成洗剤・洗浄剤・漂白剤・研磨剤などがあります。日常で一番よく使うのが合成洗剤です。

酸性、弱酸性、中性、アルカリ性、弱アルカリ性の5種類に分かれていて同じ用途でも液性が違う場合があるので、選ぶ時は注意が必要です。洗浄剤は洗剤と同じですが、合成洗剤より強力なため水回りの頑固な汚れや水垢、ヌメリを強力に落とす洗剤で、成分が強いので希釈を間違えると危険です。

漂白剤もよく使う洗剤ですが大きく2種類に分かれます。殺菌・漂白力の強い塩素系と、漂白力の弱い酸素系です。カビ取り剤やキッチンハイターなどが塩素系で、使用するときには換気やマスク、ゴム手袋が必要です。

酸素系は洗濯用漂白剤などに使います。研磨剤に界面活性剤を混ぜたものがクレンザーです。弱アルカリ性でシンクやキッチン台のステンレスなどの金属部分を磨き上げるときに使用します。

ナチュラル素材の洗剤(重層・クエン酸・セスキ炭酸ソーダ)

人や環境に優しいのがナチュラル洗剤。良く落ちるけど、隙間や溝などに汚れが残りがち…。性質や種類を覚えれば組み合わせて使うことも出来、効果抜群なんです。

重層はアルカリ性なので、酸性の汚れに強い洗剤です。油汚れや、排水溝のヌメリ、皮脂汚れなどを落としてくれます。生ごみの嫌なにおいも重層スプレーすると、消臭効果も期待できます。クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れに強い洗剤です。水垢や便器の黄ばみ、石鹸カスなどを溶かしてくれます。尿石汚れやアンモニア臭を、抗菌・消臭してくれます。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性ですが、重層と違いpH値が高いので洗浄力も強く、頑固な油汚れや皮脂汚れに効果があります。

中性・酸性・アルカリ性が得意とする汚れ

洗剤には得意とする汚れと洗浄力があります。酸性洗剤はトイレ用洗剤に多く使用され尿石や頑固な黄ばみ、水垢などのアルカリ性の汚れに効果があります。

塩素系と混ぜてしまうと有害なガスが出るので危険です。弱アルカリ性洗剤はお風呂洗剤に使用されており、湯垢、脂肪分、石鹸カスを落とす効果があります。

中性洗剤は食器洗い洗剤が多く、軽い汚れに効果があります。頑固な汚れには不向きですが、素材を痛めることがないので、プラスチックやゴム類、塗装類、ガラスや石材、金属類など、ほとんどの素材に安心して使用できます。

良く泡立つのも特徴です。弱アルカリ性洗剤は家具や住宅用洗剤に用いられています。環境に良い重層も弱アルカリ性です。中性洗剤より洗浄力はあるので、ドアや床などの手あか程度の汚れや、軽い油汚れに効果があります。素材によっては薄めて使用しないといけないこともあるのでよく確認します。

アルカリ性洗剤はレンジフードやガスコンロなどの頑固な油汚れを落とす強力洗剤です。カビ取り剤や漂白剤、排水溝に流してヌメリなどを溶かして流す洗浄剤もアルカリ性です。

強アルカリになるので頑固な汚れに効果を発揮しますが、酸性洗剤同様、使い方を誤ると素材を変色、劣化させてしまうので注意が必要です。アルカリ性や酸性が、強い汚れを落とす力が強いことが分かりますね。基本的には汚れの性質と反対の性質の洗剤を選ぶのが通常です。

掃除場所に合った洗剤の使い分け

場所によっても相性の良い洗剤があるので、効果が期待できる使い分けをしましょう。

シンクやシャワー水栓の水垢はクエン酸(酸性)

水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸できれいにしましょう。クエン酸小さじ2分の1を10mlの水で溶かし、スプレーに入れます。気になる汚れにスプレーでかけて、スポンジでこすって下さい。蛇口の細かいところは歯磨きを使うと落ちやすいです。

しつこい汚れには、スプレーをした後に、ラップで染み込ませてからこすると、落ちやすくなります。

電子レンジや油汚れは重層やセスキ炭酸ソーダ(アルカリ性)

酸性の油汚れにはアルカリ性の洗剤を使います。コップ1杯ほどの水に対して大さじ1杯の重層かセスキ炭酸ソーダを混ぜて、レンジで3~5分ラップをせず加熱します。扉を閉めたまま20分ほど放置すると、水蒸気と重層が汚れをふやかしてくれます。

古布やキッチンペーパーで先ほど作った重層水のつけて軽く絞ってからレンジの内側を拭き、最後に乾拭きをします。

食器、ひどくなる前の汚れには台所用洗剤(中性洗剤)

中性洗剤は洗浄力が弱い分、肌や素材を痛めることなく軽い汚れだけを落とせます。その為、使い勝手がよく、素手で触れられる食器用洗剤や、お風呂用の洗剤に用いられていることが多いです。

塩素系漂白剤と混ざると危険な酸性洗剤とは異なり、安心して使うことが出来ますが、時々、中性以外の食器用洗剤などもあるので表示はしっかりと確認してくださいね。

洗剤の注意点とポイント

洗浄力が強いと、頑固な汚れを気鋭にしてくれる頼もしさはありますが、その分濃度が高いので、使用する際は使い方の表示を見て安全に使うようにしてください。

酸性と塩素系は混ぜてはいけない

塩素系洗浄液は、酸性タイプの製品や食酢、アルコールに混ぜると有害な塩素ガスが出て危険です。塩素系と酸性タイプの洗剤の容器には「混ぜるな危険」の表記がされているので、絶対に混ぜたり、一緒に使わないでください。また、同じ場所に並べて置いておくと、地震などで倒れた時に危険です。

別の場所に保管するか、混ざらない工夫をすると安全です。

洗剤を扱うときは換気をしておくこと

特に塩素系の洗剤を使う時には、窓を開けたり換気扇を回すなどして換気を行いましょう。また、マスク、ゴーグル、ゴム手袋をして、素手で現役を触ることのないように使用します。使用中に気分が悪くなったら無理をせず、その場から離れて休んでくださいね。

気付いた時に掃除が出来るように、洗剤は使いやすく保管しておく

いつも使う洗剤類は分かりやすく使いやすく置いているかと思いますが、たまにしか使わないものだと乱雑にしまいがちですよね。いざ使いたいときに見つけられなかったり、取りにくくなると、掃除の士気も落ちてきてしまいます。

そうならないように、洗剤は使いやすく保管しておきましょう。上にも書いた通り、塩素系と酸性洗剤が混ざるととても危険です。乱雑においておくと倒れてこぼれる恐れもあるので、しっかりとしまっておくといいですね。

掃除がはかどる洗剤の使い分け方法のまとめ

それぞれの洗剤の特性や使い分け方法は理解できましたか?洗浄力や得意な場所、汚れも洗剤によって異なります。また、ナチュラル洗剤は人や環境にも優しいうえに、組み合わせて使うことが出来るなんて、ステキですね!

お掃除の知識が広がると無駄もなくなり、汚れを落とすことが楽しくなります。使い方を誤ると危険なこともありますので、これからも正しい使い方で快適にお掃除をしましょうね。