鏡についた汚れの落とし方

みなさんの家の鏡はピカピカですか。鏡の掃除はなかなか厄介で、「この前拭いたばかりなのにもう汚れてる。」「何度拭いても水垢汚れが落ちない。」なんてこと、よくありますよね。

この記事では、鏡についた汚れの種類別の解説から落とし方まで幅広くご紹介いたします。

鏡につく汚れの種類は?

鏡につく汚れには、たくさんの種類があります。そのため、汚れの種類ごとに掃除の仕方を変えなければ、なかなかキレイにはなりません。

まずは、どのような汚れがあるのかご説明いたします。

手などの汗や皮脂による脂汚れ

石鹸を使って手を清潔にしていたとしても、ひとの手にはたくさんの皮脂が付着しています。手のひらや指先には毛が生えないため、皮膚を守るために分泌されるものなので仕方ないことです。

鏡を触ると指紋が付きますよね。ペタペタと触れるたびに鏡には皮脂がつき、これが鏡が汚れる原因となっているのです。

ホコリや化粧品などの汚れ

空気中にはたくさんのほこりが舞っています。どれだけキレイな家でも、布団や衣類から出る綿ぼこりや外気中の砂埃など、人の生活する空間には必ずほこりは舞っています。

また、女性であればファンデーションやアイシャドウなどを少し使うだけでも、光の反射でものすごい量の粉が舞うのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。このようなホコリや化粧品の粉も鏡に付着することも鏡の汚れの原因となっています。

飛び散った石鹸のカス

石鹸のカスというのは、石鹸に含まれている油脂分が、水に触れると水に含まれている金属成分とくっつくことで作られます。つまり、石鹸を使って手を洗ったり洗顔をしたりしたときに飛び跳ねた水やミストが鏡に付着することが鏡の汚れの原因になっているということです。

水あか

水道水には消毒のために微量の「カルキ」と呼ばれる次亜塩素酸カルシウムや、次亜塩素酸ナトリウムが入れられています。また、ミネラル分も含まれています。

これらの成分が含まれた水やミストが鏡に付着することで水あかを形成し、鏡を汚す原因となっています。

鏡の汚れの原因はたくさんあることがわかりますね。

では、鏡のある場所ごとに汚れ落としの方法をご紹介いたします。

ドレッサーの化粧品汚れの落とし方

まずはドレッサーからご紹介いたします。

ドレッサーの鏡は、化粧をするたびに化粧品の粉が付いてしまってすぐ汚れてしまいがちですよね。ですが、以下にご紹介する方法で汚れを落とせばきれいな鏡をキープしやすくなります。

手垢はくしゃくしゃに丸めた新聞紙で拭く

この方法は、「新聞紙」があるご家庭ならすぐに実践できます。

  • 新聞紙をくしゃくしゃに丸める。
  • 水で少し濡らして鏡を拭く。
  • 乾いた新聞をくしゃくしゃにして乾拭きする。

水道が近くにない場所にドレッサーがある方は、使わなくなったスプレー容器に水を入れてそばに置いておけば、いつでも掃除ができます。拭いた新聞紙はそのまま捨てることができるので片付けも楽ですよ。

皮脂汚れには重曹+キッチンペーパー

よくシンクのお掃除などに使われる「重曹」は安心安全なお掃除道具の定番アイテムになりつつありますね。この「重曹」は鏡の汚れ落としにも使えます。

なぜ効果があるのかというと、ドレッサーにつく皮脂汚れや化粧品などの汚れは主に「酸性の汚れ」といわれています。「酸性の汚れ」には「アルカリ性の洗剤」を使ことで汚れがよく落ちます。「重曹」は「弱アルカリ性」なので安全だけどしっかり汚れは落ちるのです。

  • 重曹を水に溶かす
  • キッチンペーパーなどにつけて拭く。
  • キッチンペーパーなどで乾拭きする。

こちらの方法も簡単ですね。

注意点としては、あまり強くこすり過ぎないようにすることです。「重曹」には研磨効果があります。だから汚れが落ちやすいという面もあるのですが、せっかく皮脂汚れが取れても傷がついてしまってはがっかりしてしまいますね。ぜひ優しく拭くように心がけてみてください。

お風呂場などの水あか汚れの落とし方

お風呂場の掃除は、しぶとい水あか汚れがあちらこちらに発生てしまいやすいため、なかなか気が進まない掃除場所ですよね。

今までいろいろ試したけれど、効果がなかったという方にも試してもらいたい方法がございます。

力も時間も少ししかかけずにキレイにできるので是非お試しください。

水あか部分にクエン酸を吹きかけてラップする

水あかは「アルカリ性の汚れ」といわれています。皮脂汚れとは逆の理論で、アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を使うと汚れがよく落ちます。

クエン酸は、食べ物に含まれている酸味の元です。クエン酸自体は、無色無臭の物質です。柑橘類の皮がよく掃除に用いられるのは、皮にはクエン酸など掃除に有用な成分が含まれているからです。

では、クエン酸を使った鏡の水あか汚れの掃除方法をご紹介いたします。

  • クエン酸を水に溶かし、霧吹きができるスプレーボトルに入れる。
  • 水あか汚れにむかって①をスプレーする。
  • キッチンペーパーをその上から貼り付ける。
  • キッチンペーパーが湿っていない部分があれば、さらにスプレーする。
  • キッチンペーパーの上からラップでおさえ、1時間から1時間半放置する。
  • 軽くスポンジで汚れをこすり、シャワーなどで流す。

放置する間は他の家事をすることもできるので、何か家事をする前後にこの掃除を取り入れると効率的に掃除できます。

注意点としては、クエン酸のスプレーは基本的には掃除の直前に作るようにしてください。水に溶かした状態での長期保存はできません。

酸性のトイレ用洗剤を使う

クエン酸も酸性なのですが、それよりもさらに強い酸性の洗剤を身近なところで手にすることができるのが「トイレ用の洗剤」です。トイレ用の商品すべてが酸性というわけではないので、購入時に商品の裏面の表示を見て「酸性」かどうか確認してみてください。

  • 酸性のトイレ用洗剤を汚れ部分に塗布する。
  • ラップを上からかぶせる。
  • 30分から1時間放置する。
  • ラップをはがして水で流す。

酸性が強いほど危険度は増しますので、作業時には保護具(保護手袋やメガネなど)を着用することをおすすめします。

鏡を掃除する時の注意点

鏡の掃除方法についてご紹介してきましたが、どの掃除方法においても共通の注意点がありますのでご説明いたします。

クレンザーなどの研磨効果があるものは鏡が傷つくおそれがある

鏡は商品によって材質は異なりますが、どれも傷がついてしまうとキレイに映らなくなってしまいます。ですので、なるべく拭いたりこすったりする作業時には、力を入れずに優しく掃除をするようにしてください。

洗剤類が鏡の裏や隙間に入ると腐敗するおそれがある

鏡は一枚の板のように見えますが、実際は板ガラスなどの透明な板に塗装が施してあったり、別の板が張り付けてあったりして一枚の鏡ができています。(最新の鏡事情については把握しきれていませんが、基本的に2つ以上のパーツからできています。)

洗剤や水を使って掃除をするときには、鏡のフチから裏へ入り込まないよう注意しながら掃除をしてください。腐敗の原因となるおそれがあります。

鏡についた汚れの落とし方 まとめ

「酸性の汚れ」にはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うとよく汚れが落ちます。また、今回ご紹介した「酸性の汚れ」の代表例は「皮脂汚れ」、「アルカリ性の汚れ」の代表例は「水あか」です。

汚れの原因を場所や生活習慣から推測して適した洗剤を選ぶことで効率的な掃除に繋がります。

今回ご紹介した「重曹」や「クエン酸」などの洗剤はドラッグストアなど身近なお店で手に入れることができますので、ぜひ身の回り掃除に活用してみてください。