水耕栽培がスポンジでできる?!やり方から注意点までレクチャー

水耕栽培が100円ショップのスポンジでできる!こんなに手軽にできて安上がりなのが、スポンジ水耕栽培です。

キッチンにあるものでできて、キッチンの隅っこでも栽培できて、安心、安全な無農薬野菜をすぐに食べられて、スポンジ水耕栽培にはこんな魅力がたくさんあります。

とはいっても、発芽しない、根腐れしないなどの失敗を防ぐためには、正しいやり方や注意点を押さえておくことも必要です。

ここでは、スポンジ水耕栽培について基本的なやり方から注意点までご紹介します。

スポンジ水耕栽培とは?

スポンジ水耕栽培に必要な道具は、キッチン用スポンジ、スポンジに切れ込みを入れるカッター、種をつまむピンセット、種を保湿するトイレットペーパー、空き容器、それに水耕栽培用液体肥料です。

液体肥料以外は家にあるものや100円ショップで買えるものばかりで、本当に安上がりですみます。

スポンジで保湿し種から発芽させる

種を発芽させるためには種をまく土台(培地)が必要です。この培地にスポンジが使えます。

タワシのような使い方ができる研磨シートが張り付いたスポンジは、研磨部分をカッターで削り取ってから使います。

吸水性や保水性、通気性がよいので発芽しやすい

スポンジを培地にすると、安価で済むうえに吸水性や保水性、通気性に優れているので発芽しやすい環境をつくることができます。

スポンジ以外にも培地として考えられるのは、バーミキュライトやハイドロボールといった素材があります。観葉植物が植わっている籠などに入れてあります。

それぞれにメリットがありますが、初心者にはスポンジがベストです。

スポンジ

スポンジはキッチンにあるスポンジでいいですし、水耕栽培用のスポンジも5枚セットで2000円以下で買えます。

台所用スポンジでOK

台所用スポンジでもいいですが、「激落ち」で有名なメラミン製のスポンジは、研磨用なので吸水性に劣るので避けてください。

高密度なスポンジは適さない

車の外装磨き用などの高密度のスポンジは、吸水性や通気性に欠け発芽しにくくなります。

水耕栽培用にあらかじめカットされたスポンジも売られている

水耕栽培用スポンジは通気性や保水性、吸水性も考えられているので、水耕栽培初心者には最適です。

水耕栽培キットのなかには入っています。

身近な道具で費用を抑えられるので手軽

一番、道具も安上がりに済んで発芽もしやすく取り組みやすいのがスポンジ水耕栽培です。

スポンジに種を蒔くと2日ほどで発芽して、葉物野菜やスプラウト系の野菜なら4週間ほどで食べることができます。

スポンジ水耕栽培で育てやすい植物

スポンジ水耕栽培向きの野菜とは、初心者向きの野菜になります。次のような野菜が最適です。

葉物野菜

レタス類など葉を食べる野菜です。水耕栽培レストランなどでLED付きの入れ物に入っているのが葉物野菜です。

ハーブ

ハーブは丈夫なのでスポンジ水耕栽培向きです。ハーブの中でもクレソンは、種が硬いので少し割って小さくした方が発芽しやすいです。ハーブは乾燥させて長期保存もできます。

スプラウト類

スプラウトとは「新芽」のこと。ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの新芽のことです。カイワレ系ともやし系があります。どちらもスポンジ水耕栽培向きです。

トマトの発芽

トマトは高さも大きくなって実も大きいので、それ自体はスポンジ水耕栽培向きではありません。

ですが、スポンジ水耕栽培で発芽させて、ある程度大きくなったら鉢植えに植え替えるようにすると成長期間を短縮できます。

三つ葉

スーパーで売っている三つ葉は、根っこにスポンジがついたままのものもありますね。三つ葉はほとんどスポンジ水耕栽培で栽培されています。

スポンジ水耕栽培のやり方

いよいよ水耕栽培のやり方です。

読むだけではわかりにくくて面倒に感じることもあるかもしれませんが、実際にやってみると難しくありません。

スポンジ培地の作り方

スポンジ水耕栽培は手軽といっても、基本のやり方を押さえておかないと発芽しにくくなったり、根腐れを起こしたりすることもあります。

どんな野菜を育てるにしても、失敗しない配慮は最低限、必要ですね。

2.5cm~3cmぐらいにカットしたスポンジの表面に十字の切り込みを入れる

十字の切り込みを入れる時にカッターを使います。表面だけに切り込みを入れます。

適度な深さのトレイにスポンジを並べる

あまり深いと陽当たりが悪くなりますし、通気性も悪くなります。スポンジの3分の1くらいがトレイからでるぐらいの深さが一番、いいでしょう。

水を浸し、スポンジを押さえてしっかり吸水させる

液体肥料を入れた水(養水)に浸して、最初にしっかりスポンジに吸水させます。

種植え

苗を使うのもいいですが、おすすめは種から育てることです。種の成長を観察しながら育てることで安着がわいて、よりよく成長させることが楽しみになってきます。

ピンセットなどでスポンジの切れ込みの中央に種を置く

切れ込みが深いと、発芽に時間がかかってしまいます。その点からも表面にだけ切れ込みを入れるようにします。

水溶性のトイレットペーパーを種の上にかぶせると保湿できる

上にかぶせるのはトイレットペーパーがベストです。保湿といっても、発芽しやすいようにダブルよりもシングルの方が、厚地よりも薄いものの方が向きます。

発芽後

種植え後、葉物野菜などは2日ほどで発芽します。

陽当たりの良い場所へ移動

3~4時間日が当たって、温度が20℃程度のところが向きます。

本葉が見えてきたら大きな容器に植え替える

のびのび育てるために、本葉が見える頃に大きめの空き容器に植え替えます。

肥料のやり方

液体肥料を水に溶かしたものを肥料にします。液体肥料には化成肥料と有機肥料があって、自然のものを使ってゆっくり成長していくのが有機肥料で、成長が早いのが化成肥料です。

有機肥料の液体肥料は、水耕栽培では一番大切な水が汚れるということで敬遠されています。水耕栽培用の液体肥料はほとんど化成肥料です。

化学成分が気になる方は、有機肥料の液体肥料を試してみてもいいでしょう。

水耕栽培用の液肥を規定通りに薄めて与える

濃度が濃いと根づまりを起こすこともあります。使用量は守りましょう。

容器の下に入れて吸わせる(上からかけない)

種に吸わせることで成長できます。上からかけると成長を阻害することもあります。

スポンジ水耕栽培の注意点

とても手軽なスポンジ水耕栽培ですが、根腐れや発芽しないことがないように注意点は守りましょう。

水切れ、肥料切れしないように気をつける

水耕栽培での水やりとは、液体肥料を水に溶かした養液を追加することです。栽培している容器に養液がなくなったら追加します。

陽当たり・風通し・換気

成長のためには陽当たりや通気性、換気が必要です。

・陽当たりは植物の生育に必須

陽当たりは1日3~4時間程度必要です。温度は20℃が成長にはベストです。

陽当たりや風通しが悪いとカビや細菌発生につながる

カビや細菌が発生すると根腐れを起こしてしまいます。

根腐れを確実に防ぎたい場合には、LEDライトを使って日照時間をコントロールしたり、エアポンプで空気を循環させることも考えられます。

水耕栽培がスポンジでできる?!やり方から注意点までレクチャーのまとめ

すぐにでも始めたくなるスポンジ水耕栽培ですが、やればやるほど、どんどんいろいろな野菜を作りたくなってくるのも特徴です。

注意点を押さえて基本に従って栽培していけば、失敗することもなく美味しく安全な野菜を安心して食べられるのも特徴です。

栽培する容器をペットボトルやお茶パックやガラス瓶に変えていくだけで、インテリアになりますし、自宅のキッチンが植物工場になる可能性もあります。

スポンジ水耕栽培は、水耕栽培の出発点として最適なやり方です。