水耕栽培にピッタリな野菜って?種類別初心者向けから上級者向けまで

最近、注目の水耕栽培。土を耕して畑にして野菜を作ることしか知らなかった人にとっては画期的な栽培方法です。

水だけで野菜を育てる水耕栽培って、とっても魅力的!土作りの手間もなく病原菌の心配もなく、食べたい時に安心で安全な野菜を食べることができます。

水耕栽培で気になるのが、水耕栽培にピッタリな野菜の種類のことです。失敗しないで育てて、安心して食べられる野菜を知りたいですよね。

そこで、水耕栽培できる野菜の種類について、初心者向けから上級者向けまでたっぷりご紹介します。

水耕栽培の魅力

水耕栽培の魅力は何でしょうか。もちろん、種から育てて水と液体肥料だけでぐんぐん成長していく野菜を見守って、成長したらすぐに食べられることですよね。

じっくり魅力を探ってみました。

手間がかからない

まず、手間がかからないことがあげられます。雑草を抜いて、土を耕して畑にするだけでも大変なことです。

水だけで野菜を栽培する水耕栽培は、種を液体肥料入りの水(養水)に入れるだけです。

土づくりが不要

畑では土づくりが大切です。本格的にやろうとすると、作る野菜の種類に応じて窒素:リン:マグネシウムの割合が1:2:2なんてことも考えないといけません。

土づくりが必要ない、手間のかからない水耕栽培では、気にしなくていけないことは「水」の管理のみです。

虫が付きにくい

畑での大きな問題が害虫対策です。鳥による被害も考えないといけません。室内で水だけで育てる水耕栽培は、めったに虫がつきませんので安心して育てることができます。

室内で手軽に始められる

畑の管理のためには、暑い時も寒い時も外にでないといけません。水耕栽培は室内で野菜を栽培する方法。思い立った時に始められる良さがあります。

空き容器を利用するなど道具を揃える必要がない

室内で栽培するので、特別な道具は必要ではありません。ペットボトルやスポンジ、お茶パックなどを使って、そこに種を入れるだけで始められます。

より手軽に楽に栽培したい場合には、水耕栽培キットや水耕栽培機を利用してもいいですね。

グリーンで癒やされる

キッチンにグリーンがあるだけで雰囲気が変わります。グリーンのもつ穏やかさは癒やし効果抜群で、インテリアとしても最適です。

水耕栽培に適した野菜の種類

水耕栽培とは水栽培のひとつです。水栽培といわれると、ヒヤシンスやチューリップを思い出す方も多いのではないでしょうか。

水を入れた容器に花を挿すかわりに、野菜を栽培するのが水耕栽培です。

ただし、水栽培と大きく違うとところは、液体肥料入りの水が必要なところです。水耕栽培は、種から栽培することが多いですが、苗を買ってきて栽培するとさらに早く野菜を手に入れることができます。

まず、初心者向けで水耕栽培定番の野菜をみていきましょう。

葉もの野菜(初心者向け)

葉もの野菜の定番というとレタス類ですね。リーフレタスやサニーレタスは定番中の定番です。

その他では、春菊、水菜、ルッコラ、サンチュ、アイスプラントなど「葉を食べる野菜」であれば、たいてい水耕栽培に向きます。

スプラウト類

スプラウトというのは「新芽」のことです。ブロッコリースプラウトや豆苗が有名ですね。

スプラウトにはカイワレ系ともやし系があります。水を替えてあげてキッチンに置いておくだけで成長してくれる初心者向けの野菜です。

ハーブ類

料理に使えるバジル、パセリ、ミント、ルッコラなどのハーブ類は、生命力が強く失敗も少ないので初心者向きです。

ただし、パクチーは種をそのまま使っても発芽率が悪いものです。種を割って長時間水につけておくなど、ちょっとした手間がかかります。

ミニトマト

トマトは水耕栽培に向く野菜です。

ただし、大きめのトマトは日当たりや誘因方法、受粉の仕方など栽培が難しく上級者向きです。

初心者向きにはミニトマトにしましょう。ミニトマトは丈が高くなるので、安定感のある容器に入れて倒れないようにします。

ベランダなら本格的な野菜栽培も可能

ベランダでやる水耕栽培は、室内の水耕栽培と比べると害虫の被害はみられます。アブラムシやハトやカラス、モンシロチョウなどの被害もありますので、防虫・防鳥ネットは必要です。

温度の管理もあります。夏場の暑さや冬場の寒さ対策に、ダンボールや発砲スチロールでカバーすることも必要でしょう。

夏の暑さで、水やりが多くなることもあります。液肥もその分、必要になります。つる性の野菜はベランダが狭くなるので育てにくいこともあります。

液体肥料を注ぐだけで育つ手軽さ、持ち運びの楽さなどは室内の水耕栽培と同じです。

根菜類からイチゴやパイナップルまで栽培できます。

根菜類

ハツカダイコン、カブ、ニンジンなど

根菜類とは根や茎を食べる野菜のことです。根を液体肥料の水(養液)につける水耕栽培では、根菜類の場合、根の生長に合わせて水位を変えていくことも必要で、経験がないと難しいと感じてしまうことがあるかもしれません。

一般的に、根菜類は水耕栽培には向かない野菜といわれています。

ですが、根菜類のなかでもハツカダイコン(ラディッシュ)やカブ、ニンジンなどまっすぐ下へ伸びていくような野菜はおすすめです。挑戦してみてください。

夏野菜

トマト、キュウリ、ゴーヤ、ナス、カボチャなど

夏野菜は日当たりの良いベランダの水耕栽培にも向きます。

ただし、キュウリやゴーヤといったつる性のものは、ベランダの幅を狭くしてしまう可能性もあります。ネットや柵を用意してつるが成長しやすいよう環境に気をつけます。

トマトやなす、かぼちゃなど実が大きいものは上級者向けといえます。

最初は専用キットから始めるのもいいですね。

豆類

スナップえんどう、枝豆など

豆類は収穫のタイミングが難しい、といわれています。スナップエンドウは実が充実していてサヤが緑色をしている時で、枝豆はサヤを指で押して豆が飛び出してくる時です。

枝豆は収穫期が3日という短い期間なので水耕栽培向きといわれています。

イチゴやパイナップル

イチゴは水を好むので水耕栽培向きです。

ただ、美味しいイチゴを作るとなると難易度が高くなります。専用キットを利用するのもいいでしょう。

パイナップルは、実についている葉を水を入れた容器に入れておくと根がでてきて、それを土に植え替えるとパイナップルの株になります。長期間かかりますが、育ちが良ければ実がなります。

再生栽培(リボベジ)できる野菜

最近、注目のリボベジという栽培方法があります。「リボーンベジタブル」の略で、捨ててしまいがちなネギの根の部分やニンジンの葉の部分、豆苗の根っこなどを水につけて再生させて食べる野菜のことをいいます。とにかく育て方が簡単です。キッチンの隅っこでも育てられます。

水を入れた容器に根っこや切り口をつけて日当たりのいいところに置くだけです。毎日、水替えをすることと、根だけを水に浸すことだけが注意点です。

リボベジは食費の節約にもなりますね。次のような野菜がリボベジ可能です。

ネギ

根っこを含む部分を水につけます。再生力は凄いです。脇芽を残して収穫すると2回目の収穫ができます。

豆苗 カイワレ大根

根だけを水につかるように調整します。

しょうが

丸1日水につけた後、鉢植えやプランターの土に戻します。半年から1年で収穫できます。

アボガド

よく洗った種に爪楊枝を挿す、独特のリボベジがアボガドです。姿が独特なので、ある程度、大きくなるまで観賞用にできます。高さが高くなって倒れそうになったら鉢に植え替えます。

にんじん(葉だけ収穫)

ニンジンの葉の部分を水につけます。ニンジンはかなり成長が早いです。

小松菜

根から3cmぐらいを水につけます。日当たりのよい場所に置いて水替えをします。

水耕栽培にピッタリな野菜って?種類別初心者向けから上級者向けまでのまとめ

水耕栽培をすることで、野菜への親密度が増します。成長を直に見守ったり、リボベジで野菜の生命力にふれたり、子育てに近い感覚で野菜に接するようになります。

他にも水耕栽培のいいところはたくさんありますが、慣れてくると自分のオリジナルのやり方をいろいろ考えるようになることも、そのひとつでしょう。

オリジナルの水耕栽培機づくりに挑戦したり、新しい水耕栽培の方法を見つけたり、どんどん楽しくなってきます。まだまだ、これから水耕栽培できる野菜は増えていく可能性も感じます。

水耕栽培、始めてみませんか。