これでスッキリ!クローゼットの収納アイディアとおしゃれに見えるコツ

毎日使うクローゼットをスッキリと見やすく整理すれば、毎日の洋服選びもスムーズになり、イライラすることも減りそう。賃貸のお部屋でもできるクローゼットの基本的な収納方法から、狭いスペースを広く使うコツ、センスよくおしゃれに変えるアイディアまで、すぐに取り入れたくなる収納術をご紹介いたします。

クローゼットの基本的な考え方。3つの空間と収納方法

一般的なクローゼットは、3つの空間に分けられます。各段を用途に合わせて上手く利用することで、収納量を増やし使い勝手のよい状態にすることができます。

上段の使い方

扉を開いて一番高い位置にある棚、「上段」には、使用頻度が低く、比較的軽いものを収納しましょう。すぐに手が届かない位置なので、取り出ししやすいよう取手付きのボックスやカゴを利用するのもよいアイディア。また長期間の保管も考え、ホコリがかぶらないよう蓋つきの収納用品を選んでおくと安心です。

中段の使い方

クローゼットの中でも最も広いスペースであることが多い「中断」には、使用頻度が高い洋服などを収納するのがポイントです。吊り下げ用パイプが設置されているクローゼットの場合は、ハンガーを使って洋服が見やすくなるように整理してかけていきます。日常的によく着る服、頻度の高い服を中段に置くことで、着替えもスムーズになりお出かけ前の時間の有効利用につながります。作り付けのパイプがない仕様でもツッパリ棒や置き型のハンガーラックをクローゼットの中に設置して洋服をかけられるようにする、引き出しやラックを配置してたたんだ洋服を見やすく整理しておく、という使い方もよいアイディア。特に中段はスペースが広いので、プラスの収納アイテムを上手に使って活用したい空間です。

下段の使い方

一番下の位置、「下段」には中段のものより使用頻度の低いものを中心に収納します。クローゼットの構造によっては下段の仕切りがないものもありますが、床から中段までの空間と考えて使い方をみていきましょう。

クローゼットの床から吊り下げている洋服の下まで、この空間にある程度の広さがあれば、カラーボックスや引き出しを数段重ねて使うのが便利です。あまりスペースのない場合は大きめのカゴやコンテナなどざっくりと物がいれられる収納もおすすめです。

ただし気を付けたいのは、クローゼットの扉が折戸になっている場合。扉の導線ラインや扉のレースが収納にかからないように事前確認をしておきましょう。

クローゼットの収納を増やすアイディア

クローゼット自体はあるものの、あまり容量がなくサイズが小さくて・・・というお悩みもあるかもしれません。そんな狭いスペースでもちょっとしたアイディアや市販の収納用品を上手に使うことで収納量を増やす工夫をすることができます。

奥行きを活かす!前後の収納

幅は狭くても奥行きが十分にあるクローゼットの場合、奥の壁にカラーボックスを並べて収納棚の数を増やすのもよい方法です。ニットなどたたんで収納する洋服をボックスに並べることで、洋服の整理もしやすくなります。ポイントは棚に服を詰め込み過ぎないように気を付けることで、ボックスの半分程度の高さまでを基準として余裕をもって洋服を並べるようにすると、シワや伸びも防ぐことができます。

また上部の奥行きにも余裕があれば、奥にもう一本ハンガーパイプを付けると収納力がアップします。奥のパイプにはシーズンオフの洋服やフォーマルウェアなど頻度の低い服をかけておけば使い勝手もよいでしょう。

見落としがちな扉の裏のスペースも有効利用

クローゼットの扉の裏にも注目してみましょう。扉を閉めたときに中の洋服と扉の間に空間があるようなら、そのスペースも立派な収納エリアになります。

扉にタオルハンガーやS字フックを取り付け、帽子や小物をかけておく、ワイヤーネットをフックで取り付けてネクタイやスカーフをかけておいてもよく、使いたいときにサッと取り出せて便利です。ホームセンターなどには様々な材質に対応するタイプのフックも出ているので、扉の材質に適応するものを探してみましょう。

左右の壁面も利用!スキマ活用アイディア

クローゼットの左右の壁、狭いスキマ空間もアイディア次第で収納スペースに変えることができます。クローゼットの奥の壁と手前の壁面に細めのツッパリ棒を通し、ここにS字フックやワイヤー付きクリップなどをつけて左右の壁面を活用します。帽子やスカーフ、エコバッグなど軽いものを吊るしておく、ウォールポケットを下げてアクセサリリーなど小さなものを収納する、という使い方もできます。

吊り下げタイプのボックスは便利!

収納上手な方がよく利用しているボックスが、吊り下げタイプのボックスです。シャツホルダー、吊り下げ棚という名称でもよく販売されているものですが、ハンガーラックに上部をセットして数段のオープンボックスが並んで吊り下げられている形の収納アイテムです。ハンガーラックの端に寄せれば使いづらい左右の空間を活用でき、真ん中あたりにぶら下げて、空間を分けるという使い方もでき便利です。布製のものや白を基調としたものなら、見た目にもおしゃれな雰囲気になりますし、整理しにくい小物がスッキリとまとまるので活用したいアイテムですね。

メインの洋服の収納を工夫。クローゼット全体をすっきりさせる収納アイディア

クローゼットの大部分を占める洋服のエリアの状態は、クローゼット全体の印象を左右します。ここでは洋服の扱い方、収納方法のちょっとした工夫で、クローゼット全体を見た目にもすっきりした印象に変える方法をみていきましょう。

洋服のたたみ方を工夫する

クローゼットの中にある棚に洋服を重ねて置く場合、棚の幅に合わせて揃えてたたむようにしてみます。全部の服のサイズが揃っていることは思っている以上に見た目に影響があり、整頓されたキレイな印象になります。

引き出しの中にしまう場合は、引き出しの高さに揃えるようにたたみ、立てて収納していくと見た目にもきれいな上に服を選びやすいので便利です。うまく立てることができないときは、コピー用紙や厚紙を洋服にはさみこんでたたむことで、型崩れもしにくく立てやすい状態をキープできます。

下着やストッキングなど小さな衣類は、くるくる丸めて立てて引き出しに入れる、またはバスケットなどにまとめて詰めて、ごちゃごちゃ感が見えないように収納しておくとスッキリした印象になります。

洋服の吊るし方を工夫する

ハンガーラックに吊るしておきたい洋服、コートやスカート、ジャケット、パンツなどは、かけたときの長さが揃うように並べるとキレイに見えます。ロング丈になるものは右、ミディアム丈は真ん中、ショート丈は左、という風に階段状に並べることで、クローゼットを開けたときにも全体がスッキリとしたシルエットになりますし、吊るした洋服の下には空間が生まれます。さらにその空間に合わせて引き出しやカゴなどを設置すればクローゼットの下段も活用できる収納スペースをつくることができます。

引き出しの中にも見えない工夫をする

外からは見えない引き出しの中もきちんと整理しておくことで、洋服が選びやすくなり空間にも無駄がなくなります。たたんだ時のサイズを揃えておくと見た目もスッキリしますが、さらに引き出しに仕切り板を入れておくと、洋服を取り出した時の転倒を防ぎ、次に収納するときの空間を維持することができます。

厚紙などで仕切りを手作りするのもよいですが、引き出し専用の幅を自由に変えられる便利な仕切り版も販売されているので、利用してみましょう。

もっとおしゃれに!さらに見栄えのいいクローゼットにする方法

ショップのような陳列を意識する

見栄えのいいクローゼットにするためにショップのディスプレイから学んでみましょう。洋服は基本的に幅を揃えてたたみ、襟の位置が奥になるよう向きを揃えて重ねだけでも全体に統一感ができます。またTシャツ、ポロシャツなど洋服の種類もできるだけ揃えるようにして置く位置を決めておきましょう。

小物にもこだわり。ハンガーを統一する

洋服をかけるハンガーもバラバラのものは避け、色や形を同じもので揃えてみます。何本かセットになったものを購入するなどして全部のハンガーを統一することで、見た目にもスッキリ感が生まれゴチャゴチャ感も少なくなります。洋服がすべりにくいハンガーやパンツやスカートを数本揃えてかけられるタイプのものなど、便利なものも出ているので、使い勝手も考えて選んでみましょう。

収納ボックスのカラーとサイズを統一する

クローゼットの中に設置する収納ボックスの色がバラバラだと、見た目にもゴチャゴチャした印象が大きくなります。できれば同じカラー、同じタイプのものを揃えて統一感を出しましょう。またシリーズで揃えると高さや幅も組み合わせがしやすく無駄なスペースも減らせます。どうしても色が揃わない場合は、DIYにチャレンジして楽しむのもひとつの方法。リメイクをして塗り直しをする、側面や内側にシートを張るなど自分の好みに合わせたオリジナルの収納を作ってしまうのも楽しいと思います。

クローゼットの収納アイディアまとめ

クローセットの収納アイディア、ポイントを紹介してきました。まずは全体の空間を把握して、使い勝手のイメージを膨らませること、そして頻度を考慮して物の置き場所を決めていきます。またアイテムをうまく活用して統一感を出すことで全体がスッキリし見た目にもきれなクローゼットを作ることができます。ポイントを押さえて使い勝手のよいおしゃれなクローゼットを目指しましょう。